FC2ブログ

農村を活性化させる為には?

カロリーベースで日本の食糧自給率は39%、先進国ではズバ抜けて低い数値のカラクリ(国民の観念支配)。

・食料自給率がカロリーベースでは、カナダが258%、オーストラリアが205%、米国が127%となり、日本は韓国の41%より低い39%と、農水省は算出した。戦後一貫として、日本は資源が乏しいから工業製品の輸出に励むしかないと学校では刷り込まれ、近年ではグローバリズム主導の金融政策の金縛りに喘ぎ、日本バブルとその破綻の災禍に見舞われた。農林水産業がおざなりにされてきたのである。
日本は食料自給率が先進国では極端に低いことを根拠に、補助金農政に組み込まれ日本農業は衰弱してきた。要は戦後一貫として、米国の過剰農産物のはけ口にされてきました。
・カロリーベースの自給率には大きなからくりがある。これを生産額ベースで算出すれば日本の自給率は70%となる。例えば、牛肉の国内消費量に対して生産額では43%だが、カロリーベースでは11%に落ちる。生産額でほぼ100%の鶏卵はカロリーベースではたったの9%となる。つまり米国の穀物メジャーに支配された家畜飼料まで遡ると、カロリーベースの自給率は極端に下がってしまう。
そしてこの算出法では、食品廃棄量(2000万トン/年)が計算の分母に加算される。食品廃棄物がゼロとするだけで、カロリーベースでも自給率は39%⇒60%に跳ね上がるらしい。米国穀物メジャー支配を脱して、飽食や食品流通を改善するだけで、このカラクリ数値は跳ね上がってしまう。
・「先進国ではずば抜けて食料自給率が低い」と日本農業の弱体さを強調するが、この誤った観念支配は農民を食い物にする農水省の補助金支配政策と対米従順外交には好都合らしい。しかし、戦前までの日本は、地政的にも恵まれた農水産業が国民総生産の8割を占めており、縄文体質からくる自然志向や農業生産者の技術力や勤勉性は世界に抜きんでたレベルだ。
・食料自給率の低落はひとえに農政の無策、外圧米国に対する無策にある。要は計算式と数値のからくりで国民の観念支配を狙ったり、対米弱腰交渉のツケを国民と国家財政に押し付けているだけではないか。
実直な政策で農漁業生産の基盤再建を目指すべきだ。例えば都市の若者を巻き込んだ就農定住化事業や就学就農定住化など、農林漁業の生産基盤をなす人材から生産基盤の再生を図る方向へ資源を集中投入していくべきだろう。安全保障や国土保全や環境政策の岩盤となるのが農業生産であろう。貧弱な農政に翻弄され、後継者育成力が壊滅した集落を再建することこそ、食料自給率の改善にも寄与する政策となる。



持国天

にほんブログ村 企業ブログ 農業へ
スポンサーサイト



瞬時にイヤシロチを作り出す“ねじねじ”(その2)

続きです。

___________________________________________________________________

「昼間に立つのは火(太陽)のエネルギーを取り込むため」
「夜に寝るのは水(月)のエネルギーを取り込むため」
人間も太陽と月を上手く取り入れる生活となっている。そう語るのが、このねじねじの開発者である三浦伸章さん。

 三浦さんは、19歳の頃から自然農を初めており、自然農家としては40年以上ものキャリアを持つ達人。

(略)

 三浦さんという方は、今でこそ自然農の先生として多くの人々の前で講座をしたり、指導をしている立場でありますが、ご自身でも伝えているように、15歳まで漢字の読み書きもできず、九九もできなかったそうです。

 いわゆる発達障害の子どもだったようで、一般的な学習にはついていけず、高校からは高野山高校に通い、勉強以外の個性を伸ばす方向へ進みました。

 こうして高校も卒業して少し働き始めた19歳の頃、自然農と出会った途端に頭の片側が爆発するようにボーンと覚醒してしまい、そこから自然農にのめり込んで探求し続けました。

 そのため、ねじねじ以前に、三浦さんの持っている自然農の叡智、自然に対する知識はとても勉強になるもの。例えば「土」1つにしても、我々が知らない“土”のことを良くご存知であります。以下は、三浦さんの土に関するお話。

土は「アルミ」と「ケイサン」でできている
これが分かれてしまったのが砂漠
日本は雨が多いので水と微生物が繋いでくれるから砂漠にならない

落ち葉が土になる?
土の粒子が落ち葉にくっついているだけで落ち葉は土にはならない

石に根サンがくっつき土になる
畑から石を取ると新しい土が生まれない
小さな石は必ず畑に残しておく

「石が畑の中にあるとニンジンなどが二股にならないか?」という質問があるが石は“意志”を持っているので「自分で動く」から大丈夫。石が溶けさえすればどんなに収穫しても土の中の養分がなくなることはない収穫すれば養分がなくなるので養分を足すという発想は間違い。

(略)

 確かに土がどこからやってくるとか、どうやってできるかなど考えたこともありませんでしたが、腐葉土などの落ち葉は炭素であり、土ではなく、土の粒子が落ち葉にくっついて土に見えるだけであると。さらに植物は、根っこから酸を出して石を溶かして、そこからミネラルを吸収して育つと。

 石が土となり、ミネラルとなり、畑にとって石は絶対不可欠な存在であり、逆に言えば石をうまく活用できれば余計な肥料などは何もいらないようです。

(略)

 なお、ねじねじでなぜ土が柔らかくなるかと言えば、ねじねじを設置した瞬間に

土が一瞬で1000分の1の粒子に変わる
細かくなって振動し始める
だから草が抜ける
メガネを超音波洗浄すると汚れが取れるのと一緒
稲わらをネジって埋めると土の中で振動が起こる

 こんな原理であると説明されていました。

 太陽と月、天と地の一体化。ゼロポイントフィールド。ゼロ磁場。

 イヤシロチ(エネルギーの高い場)を生み出す方法は、とてもシンプルなものであり、地上資源を上手に地下に設置するだけで誰にでも使いこなすことができます。

 古代人の多くは、こういった原理を理解していたようで、日本人もまた明治になる前までは、神社のしめ縄も左巻きと右巻きの両方が一緒にあり、意図的に片手落ちにさせられてしまったと。

 また、ねじねじは、十字に溝を掘ってから竹炭を撒き、そこの中心にその辺に転がっている“石ころ”を置きますが、これが何気なくとても重要なもの。

 これは“磐座(いわくら)”であり、山の上にしめ縄が巻かれた巨石などをよく見かけますが、あれは神様が宿る岩であり、つまりはエネルギーを留めるために必要な装置。

 ねじねじのミニ磐座も、同じ太陽や月、あらゆるエネルギーを留めるために必要な装置であり、これがないとエネルギーが降りてきても抜けていってしまうそうです。

 さて、こんな便利なアイテムのねじねじ。一体、1つ埋めただけでそれほど効果があるのか。まだ開発されたばかりの技術であり、日々進化していて、また一方で正確な実験データを取ったわけでもないでしょうが、今のところ一箇所埋めたら畑全部(およそ1町歩=3000坪)まで変わってしまうほど影響を及ぼすそうです。

(略)
___________________________________________________________________
(引用おわり)



達磨防人

にほんブログ村 企業ブログ 農業へ

有機栽培、半農半X、農的コミュニティ。持続可能な暮らしに取り組む「ぴたらファーム」

リンク

都内から電車とバスを乗り継いで2時間半、山梨県の山間に、日々の暮らしを大切に、無農薬・化学肥料不使用の有機栽培を行なっている農家さんがあります。

ご紹介するのは、パーマカルチャーや半農半Xの考え方を取り入れながら、約9年間、山梨県北杜市で農業を営んでいるぴたらファーム、ファーム長・田才泰斗さんのお話です。

田才さんが力を入れているのが、農をベースにした暮らしを大切にしながらも、その恵みや喜びをシェアしていく農的コミュニティーの実践です。
ぴたらファームでは、今までの日本人が大切にしてきた農への考え方を大切にしながら、様々なバックグラウンドを持った若い世代がアイディアを出しながら、新しい農業の形を創っています。

畑でとれる作物を収穫し、自分たちで調理し、家族全員みんなで食卓を囲むことも、昔は当たり前に見られた光景でしたが、今ではその機会も減ってきています。

ぴたらファームでの暮らしは、今の私たちの生活をより豊かにするヒントがたくさんつまっています。
暮らしを大切にすることこそ生きること
“暮らしを大事にする農をベースにした暮らし × 共同生活 = 農的コミュニティー” 
新しいアイディアを取り入れながら、持続的な農的コミュニティーを実践している田才泰斗さんにお話を伺いました。

日比 ぴたらファームの理念について教えてください。

田才 ぴたらファームは、2010年に山梨県北杜市で始めた自然循環型オーガニックファームです。以下の理念を大切に活動しています。
1.持続可能な循環の暮らし
2.自然のリズムに寄り添った健康な野菜を作る暮らし
3.自然の巡りに学び、楽しむ、そしてそれを他の人と共有する暮らし
4.必要なものは自分たちで作り出す暮らし
自然との調和を大事に、丁寧に暮らしています。食事はその季節に畑から採れるもので作っており、仲間たちと家族のように食卓を囲んだり、日本人が大切にしてきた暮らしがここにあります。
食に関わるものを中心に暮らしに必要なものや道具は、自給したい気持ちが強いので、なるべく田畑から採ってきたものや身近にあるものを使って自分たちで作っています。そして長く使えるようにこまめに修理したり手入れをしています。
また、古民家で使われていた小道具を利用したり、使われなくなったものをできるだけ再利用するように心掛けており、資源を無駄にしないようにしています。
残飯や畑の残菜残渣はすべて、鶏のエサにするか、コンポストを利用して田畑に戻したり、自然に還すことを大切にしています。
昔の人は、人間も自然の循環の中で生かされているということを感覚としてわかっていました。現代の都市の暮らしでは、あまりに土から離れ過ぎてしまい、土に生かされているという感覚を忘れてしまったように感じます。農体験やウーフで来られる方に、人間も自然の循環の中で生かされているという感覚を体感して頂けたらと思います。
日比 ぴたらファームの名前の由来について教えてください。
田才 ぴたらファームの「ぴたら」はマオリ語でテントウムシを意味します。
込めた想いとしては、自然界では害虫を食べてくれるなど、数あるパズルのピースの一つであり、テントウムシ一つ欠けるだけでも、美しいバランスが崩れてしまいます。
私たちもテントウムシと同じ生き物の一つという思いで、この名前を借りることにしました。

日比 どのような経緯でぴたらファームを始めたのですか。
田才 小さい頃から、多くの動物と自然に囲まれた環境で育ちました。
大学では、森林学を学び、ワンダーフォーゲル部に所属するなど、山や森と身近に接してきました。ぴたらファームを始めたのには、大学休学中・卒業後も合わせて、約3年間世界各国を旅していたことが大きく影響しています。
世界を旅する中、自分のしたいことは何かを問い続けるうちに、生きることに直結した活動をしていきたいという想いを強くしました。生きることに直結した活動とは、衣食住に関わる活動のことです。衣食住にしっかり関わることが生き甲斐につながるのではないかと思いました。昔は食だけでなく衣類は綿や蚕、食は野菜、住は木材などすべて大地から得て、手作りしていました。大地を育み、そこから得た作物から身の回りのものを手作りする活動をしていきたいと思うようになりました。
帰国後はそのために、木工(家具を作る)の技術を学び、茨城の農場でスタッフとして農業や養豚・養鶏に携わりました。このような経験が、ぴたらファームのベースとなっています。

日比 ぴたらファームの主な活動内容について教えてください。

田才 ぴたらファームで育った有機野菜を出荷し、個人宅やレストランに配送する野菜セット宅配と、農家の実際の暮らしを体験できる農体験や農のイベントがぴたらファーム運営の2大柱です。
野菜セットは、現在2ヘクタールの田んぼや畑で採れた少量多品種の野菜を詰合せて、100軒ほどの定期で購入していただいている方も含めて、毎週50件程度の個人宅と数件のレストランに配送しています。野菜セットには、週報を同封し、野菜セットの内容やおいしい食べ方、ぴたら流レシピの他にファームの様子、日々思うことなども載せています。それは、受け取る方へただ単に有機野菜を送るということではなく、農場の様子や空気感までも届けたいと思っているからです。消費者と生産者が顔の見える関係であることは、ぴたらファームが大切にしていることの一つでもあります。
農体験や農のイベントは、例えば年間プロジェクトの「大豆プロジェクト」では、3回のワークショップで大豆の種まきから初めて豆腐作りを行なったり、納豆を手作りする「味噌&藁づと納豆づくり」などどれも身近な食べ物を手作りできるイベントです。また、お米にまつわるイベントといえば田植えを手でひとつひとつ植えていく「お田植えイベント」、昔ながらの道具を使う「田車で除草体験」、毎年秋に開催している「収穫祭」など、メンバーのアイディアで色々なイベントを開催しています。
そのほかにも、幼稚園での教育ファームの指導やウーファー(※1)などの長期滞在者の受け入れ、シェアハウスの運営なども行っています。
続きは
リンク



北口真穂

にほんブログ村 企業ブログ 農業へ

有機栽培、半農半X、農的コミュニティ。持続可能な暮らしに取り組む「ぴたらファーム」

リンク

都内から電車とバスを乗り継いで2時間半、山梨県の山間に、日々の暮らしを大切に、無農薬・化学肥料不使用の有機栽培を行なっている農家さんがあります。

ご紹介するのは、パーマカルチャーや半農半Xの考え方を取り入れながら、約9年間、山梨県北杜市で農業を営んでいるぴたらファーム、ファーム長・田才泰斗さんのお話です。

田才さんが力を入れているのが、農をベースにした暮らしを大切にしながらも、その恵みや喜びをシェアしていく農的コミュニティーの実践です。

ぴたらファームでは、今までの日本人が大切にしてきた農への考え方を大切にしながら、様々なバックグラウンドを持った若い世代がアイディアを出しながら、新しい農業の形を創っています。

畑でとれる作物を収穫し、自分たちで調理し、家族全員みんなで食卓を囲むことも、昔は当たり前に見られた光景でしたが、今ではその機会も減ってきています。
ぴたらファームでの暮らしは、今の私たちの生活をより豊かにするヒントがたくさんつまっています。

新しいアイディアを取り入れながら、持続的な農的コミュニティーを実践している田才泰斗さんにお話を伺いました。

日比 ぴたらファームの理念について教えてください。

田才 ぴたらファームは、2010年に山梨県北杜市で始めた自然循環型オーガニックファームです。以下の理念を大切に活動しています。

1.持続可能な循環の暮らし
2.自然のリズムに寄り添った健康な野菜を作る暮らし
3.自然の巡りに学び、楽しむ、そしてそれを他の人と共有する暮らし
4.必要なものは自分たちで作り出す暮らし

自然との調和を大事に、丁寧に暮らしています。食事はその季節に畑から採れるもので作っており、仲間たちと家族のように食卓を囲んだり、日本人が大切にしてきた暮らしがここにあります。

食に関わるものを中心に暮らしに必要なものや道具は、自給したい気持ちが強いので、なるべく田畑から採ってきたものや身近にあるものを使って自分たちで作っています。そして長く使えるようにこまめに修理したり手入れをしています。

また、古民家で使われていた小道具を利用したり、使われなくなったものをできるだけ再利用するように心掛けており、資源を無駄にしないようにしています。
残飯や畑の残菜残渣はすべて、鶏のエサにするか、コンポストを利用して田畑に戻したり、自然に還すことを大切にしています。

昔の人は、人間も自然の循環の中で生かされているということを感覚としてわかっていました。現代の都市の暮らしでは、あまりに土から離れ過ぎてしまい、土に生かされているという感覚を忘れてしまったように感じます。農体験やウーフで来られる方に、人間も自然の循環の中で生かされているという感覚を体感して頂けたらと思います。

日比 ぴたらファームの名前の由来について教えてください。

田才 ぴたらファームの「ぴたら」はマオリ語でテントウムシを意味します。

込めた想いとしては、自然界では害虫を食べてくれるなど、数あるパズルのピースの一つであり、テントウムシ一つ欠けるだけでも、美しいバランスが崩れてしまいます。
私たちもテントウムシと同じ生き物の一つという思いで、この名前を借りることにしました。

リンク
続き


やおよろず

にほんブログ村 企業ブログ 農業へ

国有林野管理経営法改正を危惧する

リンク
より引用

意見 国有林野管理経営法改正を危惧する
~伐採後の再造林義務化の無い伐採の民間開放は、災害の多発につながる~

神奈川県消費者団体連絡会
事務局長 小林 正明

全国の森林の3割を占める国有林を最長50年間、大規模に伐採・販売する有償で独占的な「樹木採取権」を民間業者に与える国有林野管理経営法改正案が、成立しようとしています。国有林を活用して原木の供給を拡大し、住宅などへの国産材利用を促して、林業の成長産業化を目指すといいます。国内の林業者の9割は小規模・零細であり、「意欲と能力のある」業者を後押しして林業を盛り上げ地方活性化につながると説明されています。

国民として懸念する事は、業者に伐採後の再造林を義務付けていないことです。政府は契約で再造林を「申し入れる」といいますが、罰則もない状況で業者が多大な手間が掛かる再造林を行う保証はまったくありません。現在でもハゲ山が問題になっています。政府は「最終的に国の責任で森林を再生する」と強調します。本当でしょうか。
おそらく、規模からいって外資系の業者が伐採に入って利益を得ていくことが予想されます。この業者が利益だけ得て再造林をしなければ、税金で後始末をしなければなりません。税金で再造林することも、「予算がない」ということで、どんどん遅れていけば、どうなるのでしょうか。

現在の民有林は森林経営管理法において、「林業経営者は、販売収益について伐採後の植栽及び保育に要すると見込まれる額を適切に留保し、これらに要する経費に充てることにより、計画的かつ確実な伐採後の植栽及び保育を実施しなければならない。」としています。今回は、このように義務付けされてはいません。なぜ義務化しないのでしょうか。国有林はまとまった面積があり、しかも測量調査も行われ境界線などの確定もほとんど済んでいます。林道・作業道もかなり整備ができており、小規模面積で所有者や境界線がはっきりしないところが多い民有林と比べて圧倒的に作業がしやすい筈です。このおいしいところを、開放し、契約事業者に利益を与え、再造林の義務化をしないのはおかしいのではないでしょうか。まるで国有林の投げ売りのようです。

森林は「社会的共通資本」です。水源の涵養、二酸化炭素の吸収、生物の多様性確保、防災、景観維持など多面的な機能を果たしています。乱伐されハゲ山になれば簡単には元に戻せるものではありません。
今回の法「改正」は気候変動の影響で多発する豪雨災害が頻発する時代の、まっとうな政策とはとても思えません。


田村正道

にほんブログ村 企業ブログ 農業へ