FC2ブログ

農村を活性化させる為には?

市場社会構造の組み替えがはじまった。

私は、お金を指標として、豊かさ追求を活力源とする「市場社会の構造」を組み替えると言うことではないかと思います。

さかのぼりますが、一体なぜ農業が誇りの持てない産業になったのか?
食べ物を司る事ですから重要でないわけはありません。ところが、私達は農業に期待したり感謝するのではなく「お金」に期待し、感謝しているのではないでしょうか?

これを反対に農家から見れば、一般的に農作物はとても安い。美味しく栄養のあるお米が、殆ど実質価値のない商品よりも安いことはよくあります。(恥かしい話しですが米があれほど安いとはこれまで知りませんでした)従って収入がとても少ない。
2桁も違う。共認されている指標(お金)が低いのですから「これではやってられない!」と思うのは当たり前だったとおもいます。

市場社会では、「実質価値」より「市場価値(商品価値)」によって勝敗(→評価)が決まりますから、いいものであっても飽和した時点で評価がさがります。(=安くなります)反対にいつまでも少ないダイヤモンドなどは高い。
また市場価値(商品価値)は「欲しくなる」ことで値段があがりますが、だからといって実質価値が高いとは限りません。

日本ではいま欲しいものを探すことが難しいほど飽和しています。全てのものの評価が下がって底無しのデフレです。だからこそ、「市場原理ぬき」で実質価値が問われるように転換できる可能性がある。
実質価値とは、これまでも会議室で話されたように、栄養価だけでなく信用や感謝といった心の充足を伴う農あるいは食といったものであろうと思います。

「感謝」は最高のご馳走だし、みんなで食べればうまい!(共食)や、「自作した作物は旨い」というのもありましたね。
農・食の「実質価値」は「生かされている感謝の充足」というところでしょうか?

ネットでの新しい農の紹介や、スーパーでさえ商品に農家の紹介を付けたりしていることからみても、農の誇りは、市場社会の原理と順序を入れ替えて、「農業」への期待や感謝がすっきりつたわる事を「主」とし、お金のやり取りが「従(手続きのようなもの)」になるような関係から新しく立ちあがりはじめているように感じます。



田村正道


にほんブログ村 企業ブログ 農業へ
スポンサーサイト



社会構造の中での期待応望

>都市生活者からの期待を出していくことと並行して、そのような農業者の方たちが抱いている展望とか、或いは都市生活者に対する期待なども取り上げていけたらよいのではないかと思います。

 同感です。加えて、
 現状では、農業者、都市生活者の双方で思い込みやわかって欲しいという一方的な気持ちがあって、すれ違っている部分が多いのは確かだと思います。それを出し合って行くのと同時に、社会構造的視点で、農にかけられる期待とそれに応えた結果とその評価の議論が必要でしょう。それが、社会的に共認されてこそ、農民が誇りを持つことができます。単なる自分発の誇り(プライド)や志と社会的期待に基付くものとでは、活力に段違いの差が生じることになると思います。

長谷暢二


にほんブログ村 企業ブログ 農業へ

農への意識

>高度成長期のように、国自体が大きく変貌する時代に毎年同じ作業を繰り返すことは当時の農家の人にとっては色褪せて見えてしまったのかもしれません。

農村が共同体として機能していた時代は若者にとっても役割があり、期待があり、毎年同じ作業の繰り返しの中でも、生き生きと誇りを持って生活できたのだと思います。
誇りが持てなくなったのは農村が都市部の補完機関になってしまった時からではないでしょうか。
都市部の大量消費を賄うための農作物の供給源となり、または工業生産のための安価な労働力として囲い込まれ、農閑期には日雇いの土木作業員として狩り出される。
農家に育った者にとって、けっして魅力あるものには映らないのは確かです。
消費という面からすると、都市は確かに様々な刺激があり、それを体験したことのない者にとっては魅力がありましたが、その幻想も崩れつつあります。
最近は「エコライフ」などという言葉もあり、都市から農村への回帰も、アウトドア嗜好のレジャーではなく広がっているようです。豊かさにたいする価値軸が変化してきているのは確かで希望がもてます。

 


大地の子

にほんブログ村 企業ブログ 農業へ

農業への想い

その否定視を持って、否定すべき対象を抑制するものを考えていくのか?のひとつとして、前の投稿(17474)の「農民が、農に誇りをもつ」ことなのだと理解しました。

私の実家の近くでも、農家が沢山ありますが、どこもみんな後継ぎがいない状態です。
若者が「農離れ」した理由はいろいろあると思いますが、農を誇りに思っていなかったことも、近所に住むものとして、あったような気がしています。

特に、農家が減り、サラリーマン家庭が増えた(一般化した)ことで、農家の子どもたちは少数派になり、「古い」とか「ださい」とかいうイメージが子どもの中に出来てしまっていたように思います。

さて、今、そういう現状がある地域があったとして、どうやって意識変革を進めるか。
大人の思いは子どもの意識に反映されます。
農家の大人、農家ではない家庭の大人、どちらも「農」に感謝しなくてはなりません。
そしてそれを子どもたちに示していかなければ。

平賀さんもご紹介くださったように、今、農業に関わったことがない人々や、やる気に満ちた若者たちによる、就農が増えてきています。農業に憧れ、誇りに思いながら、職業として農業をする彼らに、期待しています。

私は、都市に住むものとして、新しい道(我慢するのではなくて、「否定すべきものを抑制するもの」)を見つけていこうと思っています。

田中道世

にほんブログ村 企業ブログ 農業へ

農に誇りをもてない農家が多い(と思う?)中では、本源潮流下の農志向も活かせない!

ところで、
「本源潮流に沿ったもの」「豊かさを抑制するもの」、何があるでしょう?
独断ですが、環境問題よりは農業課題の方が本源潮流に沿った議論がやりやすいと思います。
そこで、以前挙がっていた「農村留学」はどうでしょうか?

実は農村留学の議論のとき、常に違和感を感じていました。
農民は、農に誇りを持てず、農村共同体も崩壊が進行中。
また農村文化を都市文化より劣るものとして農村側が意識しているのが現状?
現状のまま、農村留学をしても多分良い結果はでないでしょう。

本源潮流の下での農業志向や昔志向。
思うに、農村側って、このことを最も分かっていない人達。
だから、「村興しで何かしよう」といっても、ずれたことばっかり。
→原っぱをわざわざグランドや公園に変えたり、水路の草や石を除いてコンクリート化、妙に小奇麗な(街にあるような)施設を作ったり…

そこで
都市側の人間が、農のどこに惹かれるか?
もし1年間農村留学するとしたら、何がしたいか?
農村のこんな所は魅力がない。ここは変えたほうがいい。

もっと気楽に、
2泊3日で、農村体験するとしたらどんなことがしたい、あればいい?
こんなものが欲しい。こんなものを作りたい。

何か面白いことが出てきたら、農家の方が集まる所に紹介しましょう。
農家に「なんだ、そんなに農って注目されてるんだー」って教えてあげる。
そうすれば、農家自身が農に対する意識の変革が出来ていくのでは?
そんな誇りを持った農家の下だったら、農村留学も良いものになるでしょうし、農村と都市を結びつけるものも出てくるかも?

農民が、農に誇りをもつ。
農に関する問題の大きな処方箋はそこから始まる気がします。

佐々木健二

にほんブログ村 企業ブログ 農業へ

農の価値の再生への展望

>…企業は、食糧確保を国に依存することなく、企業(生産共同体)内に農業を組み込む事が重要なんじゃないか?と思います。農業生産者もその方が安定するしね。(具体案は棚上げしても、企業群と農家群との専属契約は出来そうだ)そうすれば、自給自足の新しい生産共同体への発展の可能性が近づく様に思うのです。

松本さんの提案によって、ひとつの展望が見えたように思いました。
企業(或いは都会生活者の組織体)と農業生産体が目に見える形で緊密に連携することによって、農の価値を確認しあうことができるにようになると思います。
農とは、安全で、栄養価のある、おいしい食糧を、安定的に提供してくれるかけがえの無い存在だったことが再確認できると思います。また、長谷さんや佐藤さんが言われているように、自然環境を保全してくれる存在でもあるわけですし、子どもから大人までを含めて、協働することの充足や意義を実体験をもって再認識させてくれる教育的な効用もあります。さらに、都会生活者にとって癒しを与えてくれるリゾート的な意義(「参農」或いは「援農」は同時に自然の中での余暇活動にもなる)もあると思います。
とりわけ、自然と向き合いながら、人の繋がりの中で生活していくことによって培われる人間的な感性や自然観、規範意識など、都会生活の中で失なわれてきているものを呼び起こす契機を与えてくれる価値はかけがえの無いものだと思います。


山田渉


にほんブログ村 企業ブログ 農業へ

都市と農村

私の父の実家のある在所では、食;米、野菜;農業中心の在所なのでOK

魚  ;毎朝売りに来ていました。(滋賀県なので川魚ばっかりですが)
肉  ;隣の在所に肉屋さんがある。少し前までは、卵、鶏肉は各家でまかなっていました。
加工品;豆腐屋(豆腐を作って売っている)、牛乳屋(私の小さいときは、乳牛がいた)
嗜好品;酒屋、タバコや(駄菓子や、文房具なんかも売っている)
調味料;塩(タバコやで)、醤油(酒屋で)、味噌(各家で作っていました。)
水  ;井戸(今は上水道に変わってしまいました)
住  ;在所内に2軒大工さんがいて、全て面倒をみていました。
燃料 ;灯油(酒屋さん)、練炭とか豆炭(酒屋さん)、薪(酒屋さん)、ガス(LPG;酒屋さん)
電気製品;隣の在所に電気屋さんがある。
衣  ;隣の在所に服やさんと肉屋さんがある。

改めてみてみると、日常の生活をする分には、在所の中でほとんど事足りていることに気がつきます。母方の実家もよく似たものです。実は、すごく便利。
全てがそうとは言いませんが、よく言われる、田舎は不便で都会は便利というのは、何か違うなーと思いませんか?
また、お互い顔見知りの中で、当たり前のように信任関係の中で生活が成り立っている。都会に住んでいると気がつきませんが、結構身近にあるような気がします。

石橋創 

にほんブログ村 企業ブログ 農業へ

生産共同体に賛成

> 企業は、食糧確保を国に依存することなく、企業(生産共同体)内に農業を組み込む事が重要なんじゃないか?と思います。農業生産者もその方が安定するしね。(具体案は棚上げしても、企業群と農家群との専属契約は出来そうだ) < (松本さん)

この提案は、おもしろいですね!
大賛成です。考えてみると、大企業と云われるところは、何万という社員がいて、家族を含めるとかなりの大所帯ですからね。現在では、(例えば機械メーカーであれば機械の)生産だけに徹し、外に「売る」ことのみを活動の中心としています。しかし、それが、自分たちで作って食べるための農業を内部にとり入れたら、急に人間味の増した企業(共同生産体)に見えてきます。

やはり企業群と農家群の専属契約が取っ掛かりとしては、一番近いのでしょうね。現行の企業内で、農業を始めるということは、そう簡単には行なわれなそうですから。

そこから、「企業群」と「農家群」の2者をどう統合するかが課題だと思います。両者ともひとつの共同体に属する仲間であり、みんながそういう意識にならなければいけない。
以前、農業小学校的な提案がありましたが、(15106、15455、15792、他)同じように、会社に勤める人が、社会人になってからでも、中長期で(自社の農園において)農業体験をしてみてはどうでしょうか。社員がだんだんと農業への出向体験をし、消費者・生産者という分断された意識を無くしてゆく。自分たちが育てたものを食する。

こんな動きが出来てきたら、日本の農は「国に任せず生産共同体で守る。」(松本さん)ということも 可能になってくるのでしょう。


田中道世


にほんブログ村 企業ブログ 農業へ

田園まさに荒れんとす・・・この国の片隅での一事例から思う事。

私の高齢の知人は父親の死去に伴い鹿児島県に田畑を相続したのですが、長年の離農の結果荒れ果てた土地は、さながら荒野になり又農地に戻そうにも知人とその妻の2人では労力が絶対的に不足で不可能、おまけに付近も過疎化が進み老人と猫しかいない(犬は散歩させないといけないので老人は飼わないとのこと)、よって町役場に申し出て宅地化して住居を建てて住もうとしたら上下水道の整備を厳しく求められその整備だけで600万円の支出を強いられ蓄えも底をついたとの事・・・、あとは公的及び企業年金で生活を賄い死を待つのみと葉書をくれました。地場の農作物も農家の方の自己消費分のみで金銭で分けて貰うことも出来ず隣町のスーパーへ買い物へ行く生活、わざわざ不便で孤独な環境を求めたとの忸怩たる思いが伝わって来ました。   
 都市生活者が夢見た帰農生活もこうしたケースでは幻想に終わり又その知人夫婦が死去すれば残るものは、廃墟と化した家屋のみとなるのでしょう。でも多分わが国の大部分の農業集落で起こっている日常茶飯事の場面ではないでしょうか?行政も個人任せで体系化した休耕地に対する施策も持たず成り行き任せ、結果農耕地はどんどん減少する、その繰り返しに終始するばかりでしょう。 
 我々は、どうすれば良いのでしょうか、例えば世界的な食料の安全性(狂牛病などを契機に)が再び問われはじめ又地球環境の激変(温暖化など)それに伴う異常気象下での凶作問題がセーフガードなどの政治的問題を引き起こす、声高に発言する人は増加しても自ら「いざ田園に帰らん」と言う人は少なく帰っても知人の二の舞では、誰しも躊躇するのが当然です。                 
 私も今本当にどの様にすれば「農」の意義・価値がこの社会の中で高められるか再考されるべき時が来ていると思います。例えば多くの失業者を政府の補助政策などで農業への従事を推進し明日の農業の蘇生に取り組み始める、その中からまた新しい農業の考え方・やり方(2次産業・3次産業で培った経験からの画期的な発想よりの)が誕生し食料問題の解決に貢献する、これは、空想に過ぎないでしょうか。人口の一極集中や農村部の過疎化対策には少しはなるでしょう。そして農業集落を経験することにより現代人が消失しかかっている人々の絆を復活させてくれるのではないかとも思います。失敗を恐れず今こそなんでもよいから始めてみましょう。その試行錯誤からこの問題について自分なりの追求を深めて行きたいと思っています。

田中令三


にほんブログ村 企業ブログ 農業へ

販路

>私の住んでいるところでは、農家の方がトラックに野菜を積んできて、直接販売 している光景をよく見ます。
 「狭い販路」といえば無人の野菜売りというのもありますね。農家の方が畑で取れた野菜を簡素な屋根のついた小屋に並べておき、利用者は好きな野菜を選び傍らの料金箱にお金を入れていくというシステムです。都市部では最近はまず見られないでしょうけど、地方へ行けば今でも顕在だと聞きますが。
 対面形式ではありませんが、そこには生産者と消費者(と分断して考えることに少し抵抗もありますが)の間に充分な信任関係が垣間見られる、理想的な流通形態の一つではないかと思います。現代の世知辛い世の中では難しいかもしれませんが…。
 

匿名希望


にほんブログ村 企業ブログ 農業へ

消費者は「参加者」になろう!

環境問題から考えても、農業の可能性から考えても「消費者」の立場というのは何らかの見直しが必要だと思います。たとえば歴史的に市場社会の前は、そんな立場の人はいなかった(いても極少数)事実からしても、市場社会とかなり近い問題性を感じます。

野村さんの、
>消費者と生産者が協働して販路を大きくすることがひとつの方法だと思いますが、その原点は売る、買うという行為のなかでどれだけ楽しいおしゃべりができるかではないでしょうか
をヒントにすれば、この路線の延長上には消費者・生産者の垣根を越えた一体感のある人間関係の世界が読み取れます。生産者が商品の宣伝、消費者は要求ばかりでなく、上手くいったこと失敗した事が相互に語られるような感じです。そういう「共に考える」状態はもはや生産者、消費者と呼ばれるものではない気がします。賛同者ではちょっと弱い?「参加者」とでも呼ぶべきでしょうか?

消費者→「参加者」と考えると、また違った可能性が見えます。集まることをまず主眼にするという訳です。作付けや販路を共に考える。買ってくれる人を紹介する。宣伝は参加者がやる。収穫は共に感謝する。仮に農作物が上手く収穫できない事があっても共に受けいれる。
苦楽を共にする仲間づくりとも考えられます。

ネット販売にしても、販路を増やすには?良いものを安く買うには?という需給関係を見ると市場社会の関係しか対象になりませんが、まず「参加者を集める」と考えれば、集まる企画を立てるのが最も統合的な仕事と言えるでしょう。(これは農業ネットワークビジネス?)


田村正道 


にほんブログ村 企業ブログ 農業へ

農業を基軸にしたネット繋がりで社会を変える。

「販路と社会統合」を読ませて戴いて、農産物と販路について考えてみました。
農業生産者の意識からすれば、良いモノを作れば必ず売れるとの思いと、やはり販路競争での拡大との板挟み状態にあると思います。

最近の新聞でもローソンが有機栽培農作物を「安全」で「健康に良い」との触れ込みで生産・加工コストの安い中国から調達しようとしています。この良く似た例は、ユニクロもそうで安い良いもの(最近は中国技術者の教育を徹底して高品質に成ってきた)を武器に衣料の世界制覇をしょうとしています。結局、農業生産物が市場原理の中に組み込まれてしまえば、国内でいくら丹精を込めて作ったモノでも輸入品には敗北してしまう事になるでしょう。しかしこの現象は、市場経済が安定している条件下で云える事で、おそらく私権フレームが衰弱しつつ世界同時不況が来た時、容易に崩れると思います。

現在、農産物を価格競争で勝負する事は、既に農業生産者の敗北は明らかと思います。で、今社会の最先端の潮流は、親和収束・仲間収束で有って又変わらない様に思います。この意識を梃に打開する事が出来るのでは無いかと思います。多くの皆さんも云われている様に、地域の人々と交流し仲間関係を築き作った農作物を真っ当に評価された中で、商品取引をして行く事が確実な流通では無いか思います。

昔から「身土不二」と云われます。4里四方内で収穫できるモノを食すれば、健康で幸せに成れると。この価値意識は、皆で共有したいものです。しかし都会の中で直ぐ農作物を作れない訳で、過渡的にはインターネット等を使って信頼関係を基盤にした通信売買で、人を感じて安全に食する関係がその活路の様に思います。よって、農業・環境系○サイトの方達との強い繋がりを作らなければ成らないと思っています。

この市場経済で肥大化した社会の悪弊から脱出する為には、地域での密着した人間関係そして相互理解された生産物の流通が生活の有るべき姿では無いかとも思います。
それを母体に、地域自治(農業を組み込んだ生産地域集団)を作りその自治体をネットワークで繋げて行く事で、現社会体制の生産・消費関係を超えた社会に変わって行くのでは無いかと思うのですが。


 


松本幸二

にほんブログ村 企業ブログ 農業へ

販路と社会統合

>現在の段階では、インターネットを上手く利用し、広い範囲(地理的)で、だんだんといろんなネットワーク(販路?)を築いていく必要があると思いますが

インターネットの利用として、たくさんの選択肢の中からより安いものを選べることや、珍品、逸品の類のものが購入できる可能性が広がることなどが大きなメリットとしてあげられますね。もちろんこの流れに乗ったオンラインショッピングなどが今の主流ですけど、これはしかし私的消費欲を刺激することで拡大していってるのは明らかで、市場社会の延長線上にしかありません。

さてこの間提起されている消費者という考えを見直そうとする立場からすれば、消費者と生産者が協働して販路を大きくすることがひとつの方法だと思いますが、その原点は売る、買うという行為のなかでどれだけ楽しいおしゃべりができるかではないでしょうか。

というのもあるHPの掲示板では身近な農作物の話題から、地域通貨、有機農業など多岐にわたる書き込みがされていて、親戚のおじさん、おばさんが話しているような親近感を覚えながら新しい社会のあり方を模索する様子にすごいと思ったからです。
(このあたりは個人の小さなHPのほうが読んでて元気になりますね)

地域社会のような小規模の集団がなくなってしまっている現在、こんな身近な話題と一体になって社会を考える機会は少ないですよね。

>地元の人同士で売買できるような地域経済を取り戻していくこと

これは詰まるところ地域社会、単位集団の形成だと思います。生産物の提供、分配を契機にイベントや交流、体験学習などの開催や、もちろん掲示板を使ったいろんな意見交換などが可能になる。そんなふうに販路(売る、買う)がより広い対象性を獲得しながら成長していく。これは社会統合を考える上で案外重要かもしれません。


野村徹

にほんブログ村 企業ブログ 農業へ

産地外で、ものを作る過程で生じた農家の協働

農法やそれ以外で農家が協働した例、実はうちの親父もその一つなんです。

実家の周辺は「すだち」の産地で近所はライバル(敵)だらけだったのですが、「すだち」自体が斜陽化するようになると、そんな活気さえなくなりました。
また、他に金になるものとして稲作がありましたが、減反の雰囲気の中、家計の中心として選ぶには程遠いものと親父は感じたようです。
都市から遠いため、輸送の点から重いものでなく軽くて比較的高価なものをつくる必要があり、選んだものが「パセリ」でした。

パセリはその地域では栽培されておらず、販路を作る際、量が絶対的に足りないし、安定的に納入できることも一農家では絶対無理です。
そこで親父は近隣にパセリ作りをしないかと持ちかけました。
それに10件ほどの農家が応えてくれました。

その農家群で旅行も行きましたし、食事会もしました。
「農家にもボーナスが欲しい」ということで、ボーナス制度も作りました。
「先祖伝来の田でつくったら上手く育った」という農法も、瞬く間に共有され、袋詰なども応援に行ったり。
いや、応援という言葉は不適切。グループ全体で納品量を受け、それを分配するという状態でした。

単独で大阪の商社と話をつけ販路を確保したこともすごいですが、農家の「自分だけ利益追求」をシステム上から出来なくしたこと、またそれが一人の独善でもなく、皆がそれはそうだと納得したシステムを作ったこと、今考えるとすごいと親父を感心しています。


翻ってもしこれが農協に納品するという形(課題はいかにして労力を減らすかと高い値段の時に出荷するか位)だったらこうはならなかった想います。
自分達が作り、出荷するという気概、「自分達が作った販路なんだ」という想い、そういったものが成功の原因だと想います。

投稿文を書いていて、つくづく農協の存在が邪魔に感じました。また、農業の産地化が引き起こす、周辺農家のライバル化(敵化)などの弊害を再認識。
消費者側の問題の方が深刻だと想いますが、生産者側の問題としては上の2点は重要だと感じます。

佐々木健二


にほんブログ村 企業ブログ 農業へ