FC2ブログ

農村を活性化させる為には?

ロボットAI農業

以下、農業の破壊的イノベーションを日本から~日本発「ロボットAI農業」の凄い未来
リンク より転載。
---------------------------------------------------------------
(前略)
――農業とロボット、AIは一番縁遠い世界というイメージがあります。そうではなくて、逆に農業とこうした技術は強力に結びつくと主張していますね。これはなぜなんでしょう。

窪田:まず日本の農業は他の産業と比べて圧倒的に高齢化していて、農家がこれから一気にやめていく。日本農業はこれからろくに生産できないという事態にも陥りかねない。その危機においてこそ、まさに新しいものの入り込む余地が生まれるわけで、農業サイドからそういうテクノロジーが求められるようになると考えているんです。

 国内におけるAI研究の第一人者に東京大学の松尾豊特任准教授がいますが、整然と並んでいるものよりもサクランボのような整然としていないものを収穫するようなことにおいてこそ、ディープラーニングは強みを発揮すると言っているんです。工場のラインが整然としていてどの土地に持って行っても工程が変わらないのに対して、農業の現場は場所によって環境が違うし、農家のやり方も違う。そういう中でもすべてを認識し、自動化できると。面白い世界がやって来るんだなと感じますよね。

――ロボットAI農業の普及するめど、たとえば大規模農家ならそこそこ使っているというようなレベルになるのはいつごろでしょう。

窪田:それは地域によってだいぶ違うと思う。まず一番早く普及するのは北海道であり、北海道の中でも十勝地方とか、空知地方の岩見沢市でしょう。理由の一つは、GPS基地局を自治体がきちんと整備していて、自動化できる下地がある。GPSがないと設定した経路を正確に走れないですから。もう一つの理由は、北海道のスケールが他府県と全然違うから、ロボットAIを導入した時の効果が非常に高いこと。

 次はどこだろう……。統計的にみると、2020年の担い手農家の面積は中国地方なんかがすごく大きくなると推計されている。単純に人がいなくて、担い手当たりの面積が激増すると。ああいうところで大規模に農地が出てきたら、耕作できる人なんてほとんどいないんだから、特定の担い手に対して政策が集中する可能性はある。そうなると、意外に合理的なアグリテック(農業と先端技術を融合した取り組み)が入りやすい地域になるのかもしれない。今は遅れているようなところだけれど。もちろん中山間地は別ですが。

――本書の冒頭に近未来の農業のイメージが出てきますね。除草用ルンバが草刈りをしていて、無人のトラクターが水田を走っていて、ドローンが上空から稲の生育状況を調べていると。農家はクーラーの効いた部屋から作業を遠隔で監視すればいいという未来予想図ですね。近い将来に、そういうことが実際あり得るんでしょうか。

窪田:あり得るでしょう。企業はこれをやろうとしていますから。たとえばある農業コンサルを手掛ける会社は今年から、集落のあらゆる除草をロボットに任せられるような仕組みをつくると言っている。

――そうなると農家って、これまでとやることが全然変わってくる。

窪田:全体とは言わないけれども、大層はそうなるでしょう。大層の農家にとって、経営の質は多少なりとも変わっていく。

 今年に入って北海道の根室地方の別海町に行ったんですが、搾乳ロボットを使っている酪農家がいた。糞尿処理も、餌やりもすべてロボットで、それまで家族経営で4人が酪農に携わっていたけれども、経営者1人でよくなって、労働力が4分の1ですむようになった。しかも自動化によって搾乳の回数を従来の2回から4、5回に増やせた。加えて搾乳した生乳を即座に成分分析して最適なエサを与えるようにするから、搾乳量がこれまでの2、3割増しになった。そういう意味で、生産効率の向上は4倍どころではない。

 ただ、単純に搾乳量が増えたから終わりではない。ロボットを入れたのは、次の経営を考えてのこと。畜産業界は全体的に大規模化の流れにあって、家族経営で現状の規模のままだと、より大きな経営体に合理性では負けちゃうんじゃないかと。だから頭数を増やしたいけれど、田舎だから人がいなくて人手を増やせない。それでロボットを入れた。

 これから頭数を増やしていくことを計画しているんだけれど、話はそれだけでは終わらない。生乳生産だけでいいのかと。リスク分散させるんだったら、加工でチーズをつくったりしないといけないんじゃないかと。でも時間がないと、そういう計画が考えられないわけだ。これからの大量離農、地方から人がいなくなるという大きな流れの中で、次の経営をどうするかと。それを考える余裕をつくるために、この酪農家はロボットを入れた。

 日本の農業って生産性がものすごく低い。ただここにきて、それを国際水準に、あるいはそれ以上にしようという成長産業化の流れがある。大量に農家がやめていくことで、急に大転換が来てしまっているわけで、それに対する一つの答えがロボットとかAIだということ。

 もうひとつは食の多様化、価値の多様化が起きている。もともと人間はおなかを満たすために食べていた。でも今は一日当たりの摂取カロリーが終戦直後よりも低くなっている。おなかを満たすという欲求の後に来たのが、味の追求だった。それでも満足できなくて、健康だとか、あるいは自分のライフスタイルや考え方に合わせたオーガニックにしたり、ベジタリアンにしたりと。そういう多様な価値にどう遡及していくかという課題がある。

 今までのようにこれは安心安全ですと言うだけでは全くダメ。具体的にどれだけ安全なのか、あるいはどれだけ健康に役立つかということのエビデンスをきちんと示していかないといけない時代に入っているわけです。アグリテックというのは、基本的にデータをとっていくものだから、それ自体がエビデンスになる。だから、そういう意味においてもアグリテックがこれから求められてくるんじゃないのと。

(後略)
 



村上祥典 

にほんブログ村 企業ブログ 農業へ
スポンサーサイト



林業の可能性

前回の投稿(325735)では林業がなぜ衰退したか調査した。
今回は林業の今後の可能性を調査する。


**********

林業を営む人、とくに山主や森林組合、伐採搬出などの業者と話すと、必ずと言ってよいほど、林業の現状に対する嘆きが出る。間伐が進まない、道がない、材価が下がった……そして「政府にもっと考えてもらわないと困る」「もっと補助金をつけてくれ」というところに落ち着く。
しかし、現実には作業にかかる経費の半分どころか7割8割ほどが補助金で賄われることも多く、数多くの衰退産業の中では手厚い保護が施されている方だろう。一方で需給バランスが崩れて材価が落ちたのなら地域全体で出荷調製するとか、木材市場に頼らず製材所や建築家と直取引を模索するなどの努力はほとんど行わない。
そんな状況をこの業界の素人に説明すると、たいてい驚く。そして「なぜ改革が進まないのか」という言葉が返ってくる。
そこで再び日本の林業界が陥っている自縄自縛的な問題点を説明すると、「林業は不況だと言っているけれど、実は林業家は困っていないのではないか」と言われた。
この指摘は、結構いい線を突いていると思う。そうなのだ、多くの山主や森林組合は、本当のところ困っていないのではないか、と私も思うことが多いのである。
たとえば私が、少数ではあるが各地で成功している事例……新しい施業法や販売方法を取り入れている林業家、あるいは林業界に協力しようとしている建築家やNPOの話をして、こんな手あんな手があると提案しても、一様に否定的なのだ。そして、なぜか頑固に「できない」と言い張る。それも、自分の所はこれこれの条件が合わない、何が足りない、と否定する材料を羅列する。まるで必死でできない理由を探しているかのように感じるのだ。
考えてみれば、人工林があるといっても、昔からの林業地は少なく、戦後の拡大造林で雑木林を伐ってスギやヒノキを植えたケースが多い。つまり木を植え育てて、それを伐採して販売するという育成林業の基本サイクルを一度も経験していない林業家がかなりいる。
だから本業は別にある。山林は所有するだけ。かつては林業で収入を得ていた場合も、近年は苦しくなって山を下りて町に住み勤めに出たり、商売を営むケースも増えている。林業収入を当てにすることもなくなった。別の収入源があり食べていくのに困らなければ、林業に興味がなくなるし、真剣に改革に取り組めないだろう。
また森林組合を含む素材生産(伐採搬出作業を請け負う)業者は、公共事業になれ親しんでいる。補助金に合わせて仕事をつくり、必要経費は必ずまかなえるのだから、赤字にはならない。じり貧でも、とりあえず「今は大丈夫」。問題は公共事業が減ったことであって、林業のあり方を変えねばならないと感じているわけではない。
そこに森林が危機だ、林業の構造改革が必要だ、と叫んでも声は届かないのである。改革はたいてい痛みを伴うし、試行錯誤する労力も馬鹿にならない。リスクも当然ある。とりあえず今食えているのに、あえて苦労を背負いたい人は少ないはずだ。森林組合長は名誉職になっているケースも少なくないから、任期中は無難に過ごしたいだろう。構造は変えずに、補助金を増やしてくれた方がうれしい……。
一方で木材業界も、国産材が扱いにくくなると外材に振り代えることで生き延びてきた。外材の方が流通システムが確立されているから、手間は少なくて済む。品質も量も安定している。あえて不安定な国産材を扱って悩まされる必要性を感じない。
国産材を扱う業者側も、製材品価格が下がったらその分山元価格を下げることで対応する。木を高く買ってほしい山主と利益が相反しているのだから、協力体制はなかなか組まれない。むしろ「いかに安く買いたたくか」に腐心する。
このように俯瞰すると、やっぱり「困っていない」ように思えてしまう。
かくして日本の林業界に、本気で改革に向き合おうと思う人は増えないのではないか。ときに改革に挑戦する人が出ても、むしろ足を引っ張られることが多い。警戒が先に立つようだ。政府が打ち出した製材業に改革を求めた新生産システムや、補助金制度をガラリと変えた森林・林業再生プランも、「努力」を求められるから迷惑千万。
もちろん、現場で働く人々は日給払いだったり出来高払いの場合も多く、仕事が減ったり材価が落ちると即収入に響くから大変である。また林業に専業で取り組んでいる山主もいる。彼らは真剣に「林業の衰退」に向き合っているが、残念ながら声は小さい。
ちょっと辛辣に書きすぎたか? 生長に時間のかかる樹木を対象にするだけに、慎重になる面もあるかもしれない。しかし、今のままでずっと行けるとは誰も思わないはずだ。
新しい動きは起こりつつある。林業の不振は森林環境の悪化も招く。それらを目にした川下の市民の声が高まり、川上に注文を付け始めた。自ら森林に入り作業を手伝う人々も増えている。彼らの姿は川上にも刺激になるだろう。
林業家の中にも、このままではまずいと感じる人が増えてきたようだ。今は「困っていない」でも、結果的に林業が縮小することで地域社会が崩壊しては「困る」。木材業界も、近年は外材の供給が不安定になり為替による価格変動に悩まされてきた。
今「困らない」ことに安住せず、未来が「困ったこと」になる前に改革が必要だという意識を持つことに期待する。
リンク

**********


林業にはまだ生き残る道がある。
しかし、当の林業関係者がその可能性を否定しては、元も子もない。

学生の頃に縁があった中山間地域の林業家は1人で林業を行っていた。
その方法は、木材の市場の動きを読み、高値で売れる木材を調査。そしてその材木のみ売りに出し、良い値がつかない木は取っておくのだという。
まさに「株」をやり取りしているようなスタイルの林業である。

やりようはまだいくらでもある。
不可能視を突破し、林業を再び日本の誇れる産業として盛り上げてほしい。



二島圭入

にほんブログ村 企業ブログ 農業へ

林業の現在

今日、世の中は物的に豊かになり、人々の物理的な欲求の内圧は弱体化、第二次産業である生産業の市場も縮小しつつある。それとともに必然的に衰退していくのが第二次産業を支えている第一次産業である。
しかし自然環境に手を加えている第一次産業は、衰退などでそのサイクルリズムを崩してしまうと長年かけて形成してきた人間ありきの生態系を崩壊させてしまう。リンク
(農林水産委員会 専門員  鈴木 朝雄)

サロンでは第一次産業の中でも、建築に関係の深い「林業」を取り上げる。
まずは林業の現状をおさえてみる。


・林業の全盛期
林業のピークは1980年。ちょうどバブルの全盛期である。
単純に経済が活発になっていたこともあり、第二次産業もピークを迎え、それに追従して第一次産業も盛り上がっていた。

・林業衰退の起点
林業の衰退の原因として、住宅の洋風化(ハウスメーカーによる大量生産)が挙げられる。
アメリカ追従の恩恵を多大に受けていた当時の日本は、自分たちで考えず必死にアメリカの真似をする思考停止状態だったのではないだろうか。
その後木材の貿易自由化も始まり、安い外国産の木材が大量に国内に流通し始める。
これが日本の林業にとどめを刺した。
その後は林業従事者の高齢化や第二次産業の衰退などにより、現在林業は縮小の一途をたどっている。

・林業の現在
木を人の手によって生産していた山で林業が行われなくなる(山の手入れがされなくなる)と、木は太く成長することができず、根を地面に広く張ることができない。
これは地盤の弱体化にもつながり、豪雨による土砂崩れや、木の過密→不成熟→倒壊→過疎による生態系の崩壊などの二次的な被害も起こる。



二島圭入

にほんブログ村 企業ブログ 農業へ