FC2ブログ

農村を活性化させる為には?

「世界一スタイリッシュなファーマー!」 スーツ姿で農業する日本人男性

リンクより引用


パリッとスーツを着用しながら"農業"をする日本人男性に、海外からも注目が集まっている。


山形県東置賜郡川西町で農業を営む「スーツ農家齋藤君」(リンク)こと齋藤聖人さんは、スーツを着て農作業を行うファーマー。トラクターを運転するときも、田んぼのぬかるみで作業するときも、常にシャツ、ネクタイ、スーツという服装で行うという。


彼は、江戸中期から続く200年以上の歴史を持つ農家の16代目。10代の頃は退屈に思えて都会で過ごしたが、数年後に結婚したのがきっかけとなり、実家の<家福来ファーム>で就農することを決心したそうだ。その際に、「農業のイメージを変えたい」という思いから、スーツで農業をするというスタイルを始めることに。


このアイデアは、ある日兄弟で飲んでいるときに彼の兄が「スーツを着て農業をする」という冗談を言ったことがきっかけだったとか。彼は日本の農業のイメージを変える良いアイデアだと思い、自ら実践することに。「キツイ、汚い、儲からない、地味」という日本の農業のマイナスイメージをなくし、自分も楽しみ、大勢の人が農業に興味を持つことで農業が盛り上がってほしい、そして「『なんか農業って面白そうだな、なんかやってみたいな』と思ってもらいたい」と願っているそうだ。


もちろん最初はスーツ農業は周囲から理解されず、逆に「農業をなめているのか?」と思われたらしい。祖父はスーツで作業することを危険だと考え、父親も初めこそ混乱したものの、何も言わなかったという。

しかし現在では、国内外から取材を受けるほど注目される存在に。そのユニークな農業スタイルを楽しみながら応援してくれる人も増え、斎藤さんは今後もスーツ農業を頑張っていく予定だ。

オランダの<Zoomin TV>の取材映像では、海外の「世界一スタイリッシュ」「ベストドレッサー」なファーマー(農業従事者)と紹介されており、海外のネットユーザーからは「あなたのスタイルをリスペクトする!」「農業は尊敬できる職業だ」などと応援コメントも寄せられている。



匿名希望

にほんブログ村 企業ブログ 農業へ
スポンサーサイト



AIが干ばつや悪徳高利貸から農家を救う

 インドでは毎年、数千人の農民が飢饉で命を失っているといいます。インド現地の農家は銀行、金融業者などからお金を借りて一年間の農業を営むのだが、飢饉になると返済が滞るため経済的な窮地に追い込まれる。異常気象などにより深刻な干ばつが数年続くと、事態はさらに悪化。農家の足元を見る高利貸しが増加し、追い込まれた人々が自殺するという悪循環が、社会的問題としてまん延している中、AI(人工知能)により、改善していく動きがあるようです。

以下、リンクより転載

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
『インドの「優しい人工知能」が干ばつや悪徳高利貸から農家を救う』

 ディープラーニング(Deep Learning)の急速な進化とともに、インドでは人工知能(AI)が農家の救世主となりつつある。

 インドのAIスタートアップ・ファームガイド(farm guide)は、そのような実情を把握。問題を解決するため、ディープラーニングを基盤にしたソリューションを開発した。

 ファームガイドが提供するソリューションは、農耕地を撮影した衛星写真を画像解析技術で分類し、農家が保有しているセクターで生産可能な作物を予想。情報を提供する。米スタンフォード大の研究者らによれば、米国農務省(USDA)が手作業で行う調査(physical surveys)より、衛星データを活用したマシンラーニングソリューションの方が、作物の収穫量をより正確に分析することができるという。

 ファームガイドが提供するのはそれだけではない。彼らは農家が低金利でお金を借りられる優れたローン、飢饉に被害をカバーしてくれる保険モデルなども作った。それらは、農場規模に応じた供給量、天候、害虫などマクロ変数を採用したマシンラーニング技術があればこそ可能となったと言われている。

 現在、世界各地では人工知能を公共の利益や、人道的な目的で開発しなければならないという声が日毎に高まっている。「人工知能が人間の仕事を奪う」といったようなネガティブな議論が根強いなか、AIの力を人々のために使うべきという意見も徐々に増えているようだ。



匿名希望

にほんブログ村 企業ブログ 農業へ

なぜ?京都府唯一の村に観光客殺到

本来、地域活性化と観光地化は相反するもの。
しかし今や活性化に観光地化は欠かせないツール。
単発で終わらず、持続可能な将来を見据えたプランニングが必要だろう。


引用元 リンク
********************************

京都府南部の南山城村。少し東に行くと三重県伊賀市、南に行くと奈良市という山あいの村なんですが、先月から休日ごとに村民の2倍以上の観光客が訪れ、渋滞まで起きてます。なぜそんなに賑わっているのか?

京都府内でただひとつの村、南山城村。人口わずか2800人。特産品はお茶、というのどかな山あいの村には、このところ休日になると、大勢の観光客が押し寄せています。

「南山城村に新しくできた道の駅。ゴールデンウィークに入ったこともあり、中はたくさんの観光客であふれかえっています」(松本陸記者リポート)

先月15日に開業したばかりの「道の駅お茶の京都みなみやましろ村」。30日も朝早くから行列ができ、オープン時間の午前9時から大賑わいとなりました。名前の通り、イチオシはお茶。ジャムやようかんといった関連商品も豊富です。

「うまっ!すっごい濃い」(抹茶ソフトを食べる男性客)

この季節ならではの地元で採れた春野菜にも人だかり。

Q.結構、野菜を買われるんですか?
「旬のものだからね」(男性客)

村が100%出資する株式会社が運営していて、地域活性化の切り札として期待を集めています。

「(農産物を)作る、一次産業の方はしっかり行政がサポートしてるんですけども、販路を作ったりとか、こういう売り場を作ることで雇用も確保できるでしょうし」(南山城 森本健次社長)

Q.土日の利用客は?
「約8000人」

8000人といえば、村の人口の2倍以上。さぞかし村長も喜んでいるのかと思いきや…。

「来られた多くの方に迷惑をかけてます」(南山城村 手仲圓容村長)

実は、駐車場が100台分しかなく、押し寄せる観光客の数に追いついていないのです。「道の駅」では、臨時の駐車場を設けるなどして対策を取っていますが、入りきれない車で目の前の国道では休日のたびに渋滞が起き、村には苦情が相次いでいるといいます。

「大型のトラックの運転手さんから、『早く行かないといけないのに、この渋滞は何事や』と、そういう抗議をいただきました」(手仲圓容村長)

混雑とは無縁の村で起こった思わぬ大渋滞。対策に頭をひねる道の駅を横目に村民は冷静でした。

「いまだけだと思いますけど、私は」(女性住民)
「(道の駅に)期待してるのは期待してんねんけどなあ。しばらくしたらもう…(客足が)不安になるの違うかな」(男性住民)

せっかくの賑わいを一過性で終わらせないために…。道の駅では今後、農家をめぐるツアーなどを開催して、「駅が目的地」となる仕掛けをうっていくということです。

********************************



青木菜茄

にほんブログ村 企業ブログ 農業へ