FC2ブログ

農村を活性化させる為には?

土というのは物理的な働きもあるし生物的なものも化学的な働きもあるから、そこに化学の尺度だけで計っても辻褄が合うわけがない。


「自然農法で営む農業は「商売」になるまでにはまだ残念ながら至っていない。だから僕たちは実際の商売として持続できる方法を追求したい。」という鹿嶋パラダイス代表唐澤さん。

実験室のような閉ざされた限定空間の中でなんてわかるはずもない。思った通りの結果になんて絶対ならない。土というのは物理的な働きもあるし生物的なものも化学的な働きもあるから、そこに化学の尺度だけで計っても辻褄が合うわけがないんです。
と、科学の枠に嵌った思考を一蹴。

その追求は、おいしい野菜を追求したら自然栽培になった。と自然体です。


「おいしい野菜を追求したら、自然栽培になった。~鹿嶋パラダイス代表 唐澤秀さん」
リンク
より引用。

●なぜ自然栽培なのか?
自然栽培とは農薬を使わず、肥料も使わない野菜の栽培方法。動物性の堆肥は使用しない。自分の畑で出た植物残渣を3年ほど寝かした植物性堆肥は育苗時に使用することもある。野菜には「窒素」「リン酸」「カリウム」という三つの栄養素が必要だと言われ、慣行農法では多くの場合、化学的に生成した「化学肥料」を畑に撒いて野菜を育てる。有機農法では化学肥料の代わりに牛や鶏などの家畜の糞尿、私たちの残飯や生ゴミを熟成発酵させたものや、外国から仕入れた油粕、魚粉などを配合したものを「有機肥料」として使う。肥料は入れたほうが収量も多くなり、栽培期間短くなるので効率は良くなる。しかし、これらの農法の問題点は、畑に投入した肥料が全て野菜に吸収されるわけではないということだ。

そして、世界の環境汚染の原因は工場から出るCO2だけではない。「緑の革命」後、化学肥料によって作物の増産が可能になったが、そのような近代的な農業による水質汚染も開発途上国及び先進国などで大きな問題になっている。

作物に吸収されない過剰な肥料は土壌に浸透して地下水に溶け込み、川に合流して海や湖に流れ込んで富栄養化の原因にもなる。霞ヶ浦では水質汚濁が問題になっているが、その原因のひとつが農業で使われる肥料によるものだ。他にも、夏のレタスの80%を生産する長野県のある村では、40年前から地下水が飲めなくなったという。原因はレタス畑の過剰な肥料。畑に投入された窒素肥料は化学変化を繰り返し、硝酸態窒素という物質に変化する。これが野菜の中に残留したり、地下水に溶けこむことで人の健康被害を引き起こす可能性もある。

では自然栽培の場合、野菜に必要な肥料をどこから調達するのか?
鹿嶋パラダイスの畑では、野菜を収穫したあとに残った根や茎や葉などの残渣を戻したり、根粒菌を増やす大豆やいい菌を増やしてくれると言われている麦を作ったりして、野菜に必要な養分を畑自体でつくり出せるような環境を作っている。

つまり、畑の外部から肥料や農薬を取り込んで作物を育てるやり方ではなく、畑の中で完結するような生物の循環を創り出すということだ。余分な肥料を与えたり、過剰な肥料が原因で発生する病気や虫を農薬で抑え付けることもしない。その結果、環境を汚染することも少ないし、輸入原料である肥料や堆肥、種子が無くなっても土と自ら採取する種さえあれば生産が可能なのである。

「そもそも畑の中は単純な足し算引き算でなりたってない。肥料を入れたからといって、全部作物に吸収されるわけじゃなくて、大気に放出されたり、雨に流されたりして亡失し、残りが畑に残る。前職で2000枚の畑の土壌分析をしてこの養分が多い、少ないで処方箋を書いていたけど、その通り処方した後にまた分析してみても、その処方箋通りに結果はいかないわけです。例えば、マグネシウムが足りないから肥料としてマグネシウムを入れる、でも畑を調べてみるとマグネシウムが相変わらず足りなかったり。
土というのは物理的な働きもあるし生物的なものも化学的な働きもあるから、そこに化学の尺度だけで計っても辻褄が合うわけがないんです。」(唐澤さん)

「畑には1gあたり3億の微生物がいるといわれていて、それらが有機的に繋がっている。そのつながりの数は無限ですよ。だから、それを解明するなんて無理なんです。

1℃違うと働きも違うし、雨でも晴れでも違う。何を植えるかでも違うし、その作物がいつどのような養分をどれだけ必要とするかなんてわからない。

実験室のような閉ざされた限定空間の中でなんてわかるはずもない。思った通りの結果になんて絶対ならない。実際に肥料や堆肥がなくても育つし、病気にもならない。何の肥料をどれくらい畑にあげて、何の薬をどのタイミングでかけてとか考えなくて良くなって、とても精神的に楽になりました。」(唐澤さん)

唐澤さんが自然栽培をやろうと思ったのは、環境問題や農法へのこだわりではなく、もっとシンプルなこと。「自然栽培の野菜がめちゃくちゃおいしかった」というのが一番の理由だった。
「もし、自然栽培の野菜やお米がおいしくなかったら、僕はいくら環境にいいと言われても、絶対やらなかった。自然栽培にはまず『おいしい』があって、僕にとって環境は後付です(笑)」

~中略~

何でもそうなんですが、食べたものの味に近づいていくんです。だから未熟な堆肥を大量に入れて作られたニンニクは臭くて食べられないんですよ。自然栽培で作ったニンニクなんて臭いがまったく残らない。ものすごく香りがいいんですが、食べたら全部消えちゃう。ニンニクっていっぱい栄養素が詰まっているから 土壌から収奪した栄養素を足してあげないといけない、という考えが今の農学。だから他の野菜の10倍くらいの堆肥を入れる。その10倍くらいの堆肥の中には、完熟してない生乾きみたいなものも入ってきてしまう。まあ、完熟だろうが未熟だろうが入れ過ぎなんですが、そうすると、世間でよく言われる翌日まで匂いが残るニンニクができるんです。




田村正道

にほんブログ村 企業ブログ 農業へ
スポンサーサイト



自然栽培は

無肥料で農作物をつくる「自然栽培」にチャレンジする農家が増えています。
現在の生産・流通・販売には合わない「自然栽培」の特徴を記載した記事を紹介します。

まとめると

       <現在の一般的な農法>  <自然栽培>
種は?     FI           固定種
       (種は1種1代限り)   (多種で何代も経て変わる)
       (メーカーが製造)    (農家が採取)
肥料は?    化学肥料または牛糞等   無肥料
連作障害は?  肥料を補填しないと発生  生じない
作物の生育は? 均質で扱いやすい     不均質で扱いにくい

こうしてみると、現在の一般的な農法が、(生物原理を越えて)植物を従順で管理しやすいよう飼いならして来たことに驚きです。


「幸せ未来」
リンク
より引用

●自然栽培とは?(有機の上を行く?)

皆さん自然栽培をご存知ですか?
現在農業としても主力は慣行栽培といって
栽培前の除草剤
栽培中の農薬
肥料は化学肥料
種はF1(一代交配)が
普通です

それに対して 有名なのが有機栽培です。
有機栽培は上記の除草剤、農薬、化学肥料を使いませんが種は通常 F1 であり、肥料は有機肥料ですが多くは動物性の鶏糞や牛糞を大量に使って栽培しています

動物性の肥料を大量に使うのは早く立派に育てるためですが、この肥料を使うと土の土壌菌のバランスが崩れ虫も発生しやすく栽培の手間が非常に大変になります
また動物の糞を利用した肥料は飼料に遺伝子組み換え飼料を使われており
また有機は油かすを使いますが近年の輸入物ではやはり遺伝子組み換え油かすになっています

有機ではそれまでの規定はありません

また肥料過多のため、植物中の窒素肥料分が抜けきれないうちに市場に出回る事があります
このような農産物は硝酸イオン濃度が高くなり糖尿病や成人病の原因の一つと言われています。つまり有機を食べていれば絶対安心という訳でもないのです

そこでもっとも安全な農法が自然栽培です
自然栽培の法的な規定はないと思いますが
通常自然栽培は、肥料はぼかしやEM菌(乳酸菌)のみが使われます
ぼかし肥料とは通常は稲わらや、米ぬかを乳酸発酵させてつくられます

通常は油かすや鶏糞などの肥料は混ぜません。
つまり肥料とは言えない程度の物を使うだけです

またもちろん農薬などの薬品は一切使いません
基本は無肥料、無農薬です

さらにこれは絶対ではありませんが、多くは種はF1を出来るだけ避け、伝統種、固定種を使う事が理想であり、それにより栽培上も病気等を防ぐ事が出来ます
つまり固定種とは自分の所で種が出来た種を来年以降に蒔けば、同じ品種の物が育つという事です
生命体としても機能がしっかりあるのです
もちろん遺伝子組み換え作物の栽培を自然栽培で行う事はありえません

このように自然栽培は絶対安心、安全な栽培方法です
また自然栽培では本来は雑草とある程度共存させて育てます

雑草はそこに育つには訳があり、バランスの良いその時の土壌菌や土質にあわせて成長するので土を良い環境に育てる事が出来るのです

自然栽培の最も大きな問題点は商業ベースには乗せられないという事です
土質があわなければうまく成長しませんし生長スピードも遅く商売としては厳しいのです

また固定種では各々の個性が生じるので、成長スピードもまちまちです
大きさもみんな異なります
ですからお店に並べると都合が悪いのです
ですからお店に並ぶ事はほとんどありません
しかし自然栽培はその安全性は絶対であり、そのうえとにかく美味しいのです

癖がなく、エグミがなく、無理して育てていないので、伸び伸びとそだった野菜は本来のかおりと味があるのです
もちろん肥料臭さもありません。

ぜひともご家庭ではこの固定種のよる自然栽培をお試しいただければと思います




田村正道

にほんブログ村 企業ブログ 農業へ

直売所から生産者と飲食店をつなぐWEBプラットフォーム

農産物直売所を運営していると、一般の消費者だけでなく、飲食店関係の方もよく買い付けに来られます。

その際にお話を聞くと、、「新鮮な食材を仕入れたいが毎回買いに行くのに手間がかかる」「食材ごとに契約農家を探すのも大変」「電話やFAXで宅配を依頼するが、現物を見ていないので思っていたものと規格やイメージが違う」など、もう少し何か良い方法はないかと思われている方が多いのです。

また、飲食店だけでなく直売所側も、いわゆる"八百屋さん"という展開では、ある程度までは伸びても、そこからの展開が難しいといった悩みを抱えています。

さらに生産者としても、飲食店で食材を扱ってもらうことは、良いPRにもなるし、高い評価にもつながります。面倒な仕分け作業もなく全量買取だから安心かつ余計な手間が一切ありません。

これまで飲食店が抱えてきたという問題と、生産者が「飲食店などのエンドユーザーと取引したいが個別に契約すると手間ばかりが増えてしまう」といった問題を同時に解決する方法はないだろうかと両者をつなぐ直売所の立場で考えています。

そこで、新たな事業展開として直売所から生産者と飲食店をつなぐWEBプラットフォーム構築が、いろいろな所で始まっているようです。

新規事業と言えども、これまで直売所がやってきた事と内容はほとんど変わりません。農家から出品してもらった農産物を、鮮度の良い物、希望の規格に合うものなどを選んで飲食店へ配達します。

では何が変わったのかと言いますと、「スケールがしやすいビジネスモデルになった」という事です。

もう少し具体的に説明しますと、これまでの営業スタイルでは、「○○市で野菜の卸しをやっています。あなたのお店でうちの野菜を使ってもらえませんか?」という形です。

それがwebサービスとして展開する事で、利用者からすれば更にサービスの概要が分かりやすく、しかもスマホやPCで現物を確認しながら注文できるという気軽さから、導入のコンバージョン率は飛躍的にUPします。

買手側に「良いものを安く」提供するのはその他大勢と同じ戦い方です。
しかしwebサービスとして展開するだけで、一気に他との差をつける事ができます。

ただ、スケールアップさせる上で気をつけるべき点もあります。
それは導入店舗数が増加した場合でも耐えうる様なビジネスモデルを最初から組み上げておくという事です。

どういう事かと言いますと、例えば現状100店舗の契約店舗があったとして、注文の方法が電話のところもあればFAXのところもあり、メールでくる事もある、といった様に、注文フローが統一されていないとしたらどうでしょうか?

その状況で契約店舗数が1000店舗に増えても対応できるでしょうか?
「答えはNOでしょう」

webサービスとして展開する事で、注文や問い合わせのフローを統一させる事が大きな利点としてあります。

このような飲食店向けの新規サービスの展開で、農産物の取り扱いが一段と増えるように思います。





香具礼

にほんブログ村 企業ブログ 農業へ