FC2ブログ

農村を活性化させる為には?

海外の不耕起栽培事情・・・日本とは真逆!

私自身有機栽培、不耕起栽培、無肥料無農薬栽培を思考試行していますが、
何と言っても、雑草の防除がやはり大変で、さらに害虫の駆除にも手を焼いています。
でも、自分の時間、お金の節約の観点から、これらの栽培法の魅力はやはり捨てがたいものです。そこで、外国の粗放的な栽培でどのように不耕起栽培が行われているかを調べることにより、自分の栽培にも応用しよう、というのが今回の趣旨です。
Kちゃん商会 農産部日報(リンク )を抜粋します。
--------------------------------------------------------------------
最初に、不耕起栽培の現状ですが、日本では普及率は微々たるもののようです。
これに対して、最も普及が進んでいるのが米国、次いでブラジル、アルゼンチン、カナダ、オーストラリアの順に不耕起栽培の耕地(?)面積が多くなっています。
なぜか、歴史の浅い地域が多く、面白いですね。

これに対して、アジアやヨーロッパ、アフリカではあまり普及していません。
ヨーロッパの中ではフランス、アジアの中ではインドでの普及率が高いようです。
これらの中で、最も普及している北米について、詳しく見てみます。

もともと、北米でも昔は広大な農地を大型トラクターでさかんに耕起していました。
しかし、そのうちに農地の土壌浸食が問題となってきました。
耕すことにより、土壌の有機物が分解されて土が痩せていくとともに、表土が露出して風で飛ばされたり、雨で流亡してしまうためです。

そして、1930年代に激しい砂嵐が米国中西部を襲い、その土地が深刻なダメージを受けました。
これを機に、土壌の保全に対する取り組みが始まり、政府の補助金などによる保全の支援も行われるようになりました。
その後1960〜80年頃に、耕耘回数を従来よりも減らした保全耕起や、全く耕耘しない不耕起栽培のための各種の技術開発がなされていき、これらの栽培方法が広まって行く元となりました。

現在では、米国の農地の約半分が、こういった保全耕起の農地となっていると言われています。
余談ながら、お隣のカナダの電力会社では、米国の不耕起栽培の農家から二酸化炭素排出権を購入したりしています。
これらの事からわかるように、普及した背景には、不耕起栽培を支える技術革新と、政策による補助が必要です。

逆に普及していない地域では、これらの補助政策がなかったり、ハード面、ソフト面、両面での整備が不十分です。

具体的に言えば、ハード面では、遺伝子組換え作物の種子、除草剤、不耕起栽培用の農業機械が普及のキーとなります。
また、ソフト面では上記ハード面に対する心理的抵抗や、不耕起栽培の技術修得の困難性等が挙げられます。

米国は、耕耘し過ぎによる土壌の消耗が大問題となり、これが原因で普及していきました。
ヨーロッパでは、普及はさほど進んでいませんが、その中ではフランスで、全農地の1/3程度が不耕起栽培の農地になっているとされています。

ここで、疑問が湧いてきます。
フランスで普及するのは、何か原因があるのでしょうか?
米国とフランスで、共通点があるのでしょうか?

実は、米国とフランスには、世界規模の製薬会社があります。
アメリカではモンサント、ヂュポン、ダウ・ケミカル等々、
フランスではアベンティス(今はドイツのバイエルに買収)。

この他ではスイスのシンジェンタ社が大きいです。
そして、これらの会社は、いずれも遺伝子組換え作物の種子を販売している会社です。
特に大きなシェアを持つのが、アメリカのモンサント社です。

ここは、除草剤のラウンドアップで有名な会社です。
そして、遺伝子組換え作物をかなり強引な方法で推進している会社でもあります。
ということで、遺伝子組換え技術と不耕起栽培は大きな関わりを持っています。

不耕起栽培の一番の弱点は、雑草です。
この雑草退治に除草剤を使用します。
通常は、生えてくる雑草の種類は多岐にわたるので、非選択性(=接触した全ての植物を枯らす)除草剤を使います。

しかし、そうすると肝心の作物まで枯れてしまいます。
そこで、遺伝子組み換えにより、その除草剤を効かなくする遺伝子を組み込んだ作物の種子を使うという訳です。

メーカー側にとっては、種と農薬をセットで販売できるので、とてもおいしい話です。
生産者側にとっても、農薬と種代よりも耕耘と除草コストの削減(、それに政府からの補助金)の方がメリットが大きい、ということのようです。

ただし、この方法にも弱点があります。
同じ除草剤をずっと使っていくと、そのうちに雑草がその除草剤に対して耐性を持ち始める、すなわち効かなくなる、ということです。

これを防ぐために、メーカーは別の種類の農薬を次々と開発する必要があるそうです。
(ということは、生産者側も新しい種や農薬を次々と買替えることになります。)
また、同一作物による特定の雑草の繁茂を防ぐために、輪作をすることも推奨されます。
しかし、輪作をすると、前作の作物自体が雑草化した場合、除草剤が効かないという問題もあるようです。

こうして見ていくと、日本の不耕起栽培は、自然農法や有機栽培の延長線上にあるようにおもわれますが、海外のものは、むしろ農薬を多投する、有機栽培とは対極的な方法のようですね。





向芳孝

にほんブログ村 企業ブログ 農業へ
スポンサーサイト



土壌中の微生物を見える化し、日本の農の質を立て直す

「化学肥料や農薬を3割減らし、収穫量を2割増やす」

化学肥料と農薬に頼ってきた日本の農業に、待ったをかけるプロジェクトが動き出した――。

立命館大学は8月28日、都内で「農地の有機物バランスを整え、農作物の量と質を向上させる独自技術」と「同技術をベースにした研究開発・実証実験プロジェクト」の記者発表会を実施。

同大生命科学部生物工学科の久保幹教授が登壇し、日本の農業の現状、化学肥料に頼った農作物の危険性、独自技術「土壌肥沃度指標 SOFIX」の概要、実証実験の途中経過などを報告した。

久保教授は冒頭、日本の農業が化学肥料に頼る現実について言及。「日本は、1ヘクタールあたりに使用する肥料の量が世界一。即効性がある化学肥料に頼ることで、この50年間で、土のなかの微生物が激減した」と久保教授。

「化学農法で農地や体内の微生物が減ったのに対し、植物のなかの硝酸塩や残留農薬が激増した。たとえば有機農法によるレタスに対し、化学農法によるものは硝酸イオンが2倍に。栄養成分も減少する。肥料には、窒素、リン酸、カリウムが入るので、ミネラルやマグネシウムなどは有機農法の半分に減ってしまう。硝酸塩の多い農産物を食べると、ブルーベビー症候群やガン、アルツハイマー病などの発症率が高まるともいわれている」(久保教授)


久保教授らは、「19世紀以前は経験にもとづいた有機農業、20世紀は化学に依存した農業」とし、現代の「21世紀は科学にもとづいた物質循環型農業」ととらえ、化学・物理・生物の3要素のうちの生物にいる微生物に着目。土壌微生物量や、窒素循環、リン循環などを“見える化”した、土壌肥沃度指標 SOFIX(Soil Fertile Index)技術を開発した。

「SOFIX技術は、土のなかの微生物量や、微生物による窒素循環、リン循環を数値評価し、これまで難しいとされていた生物的分析を行えるようになり、有機肥料をつかった土づくりに、科学的な“処方箋”を出せるようになった」(久保教授)

◆土壌の微生物や成分を診断書で見える化

久保教授らは、土のなかの微生物量、アンモニア酸化活性、亜硝酸酸化活性の3要素を測り、土の現状を評価。さらに、水溶性カリウムやバクテリア数などの19項目による土壌診断で土を総合評価し、「あなたが所有する土の現状はこうですよ」というSOFIX診断書を提示する。

農業生産者は、「いま持つ土壌に、何が足りないか」がわかり、冒頭に掲げた「化学肥料や農薬を3割減らし、収穫量を2割増やす」という目標に近づけていく。

今回の記者発表では、SOFIXによる収入倍増モデルのイメージも示された。これまでの化学肥料に頼っていた農法に対し、SOFIX診断による有機農法に変えることで、収穫25%増、付加価値25%増、労務費・肥料農薬費の合算額35%減が期待できると伝えていた。

土のなかの微生物や成分を“見える化”し、「土壌環境をよくし、低コストで、良質なものをたくさん穫る」というスタイルに向き始めた日本の農業。農水省などは現在、静岡県浜松市や山形県村山市、滋賀県草津市・守山市・米原市、千葉県富津市などで実証実験を行い、将来的にはマニュアル化・地域連携マニュアル化をめざして実績を積んでいくという。





す太郎

にほんブログ村 企業ブログ 農業へ

11歳の少年による的確な指摘、「僕たちの食料システムが何かおかしいよ」

 11歳の少年でさえ気づく食料システムの異常さ。彼がすごいのはそのシステムごと変えようと行動し始めていることですね。いわゆる地産地消という古くて当たり前のシステムに普遍的な安全・安心があるようです。
 
リンクより引用。
___________________________________________________________________

リンク

彼が11歳にして食糧システムに興味を持ったきっかけは、彼が想像していた食糧システムと、ドキュメンタリー番組や旅行先で見た現実とが全く違うものであったからです。

彼の想像では、牛や豚などの家畜はきれいな牧場で芝生を食べながら幸せに暮らしているというものでした。

しかし、上で述べたようにドキュメンタリー番組や旅行先で、産業化された食糧生産の仕組みを目の当たりにしたといいます。

例えば、遺伝子組み換え。 この言葉を聞いたことがない人はほとんどいないと思いますが、実際にどのようなものかを分かっている人は実際どのくらいいるのでしょうか?

彼は小学生ながらに、分かり易い例で説明してくれます。

例えば、魚からDNAを取り出してトマトに埋め込むこともそのうちの一つです。 その種子は植えられたあとどんどん成長していき、人間の体にがんやそのほかの問題を引き起こすことが発見されています。

さらに彼はもう一つの例として、遺伝子組換のとうもろこしを食べたねずみの肝臓と腎臓から毒素が検出されたことと、それが腎臓の炎症、病変や肥大を引き起こすことを例に挙げました。

彼は、こういった自然の理論に反していることが実験室の中で行われていることに恐怖を感じ、違和感を持ったのです。

そのほか、化学肥料、殺虫剤、除草剤といった化学物質を食べ物に使う事や、食べ物に放射線を当てて日持ちをよくするといったことも、食物に起こるべきではないことだといいます。

なぜならこれもまた、自然に反する行動だからです。

そしてさらに、彼はこういった遺伝子組み換え薬品が使われている食品ほど、カラフルなパッケージやかわいいおもちゃが付いていて、子どもや親が好むように作られていることに気付いたと言います。

このように子どもや親が好むため、テレビでの広告や学校でもそういった食品を見ることが多かったそうです。

そこで彼はどうすればこういった状況を変えられるのか、どうすれば彼が想像していた自然のままの食糧システムを作ることができるのか、ということを考えました。

彼が知っている農家の中で「変わり者の農家」と言われている人がいました。その農家は薬品や、遺伝子組み換え種子を一切使っていないために「変わり者」と呼ばれていたそうです。

そこで彼も、以前まで抱いていたフットボール選手の夢ではなく、「変わり者の農家」のおじさんのように有機農家になるという将来を選択しました。

そして、消費者は地元の生産者が作った農作物を買うなどしてこういった食糧システムの流れを止めることができます。 しかし、よくこう言う人がいます。

「地元でできる食品は高いのではないか?」と。

しかし彼はこう言います。

「高くても地元の野菜を買って農業従事者にお金を払うか、病院にお金を払うかだ」と。

筆者も、11歳ながらのストレートな考えに思わず「なるほどな」と感心してしまいました。

そして、こういった考えを広めることもまた、大事だといいます。 彼は6才のいとこをはじめ、周りの人にこのような考えを広め、周りの人の変化をしっかり見ることができたと言います。

食べ物はわたしたちの体をつくるものであり、その体は生きていく上で必要不可欠なものですよね。 そんな体をつくる食べ物や、食べ物ができる過程をしっかり見つめ直していくことはとても大事だと思います。

そして筆者も一個人としてこういった見解を広めることが大事だと思うので、たくさんの人にこの記事を読んで、彼のTEDトークを聞いていただけると嬉しいです。

-------------------------------------------------------------------
11歳でも気付いています。。

前回の、”モンサント社野栗補佐アート(除草剤)が海の生き物を殺しています。”
と同様、もう気付いている。 
そして、自分から行動して下さい。
___________________________________________________________________
(引用おわり)



達磨防人

にほんブログ村 企業ブログ 農業へ

野菜本来の力を引き出す永田農法

永田農法は、それぞれの野菜や果物の原産地に近い環境をつくり限界まで水やりを控えて野菜を育てます。
別名「スパルタ農法」ともいわれています。

ほぼ日刊イトイ新聞より以下引用です
リンク
今から50年以上前、熊本県の天草でミカン農園を継いだ若き日の永田照喜治さんは、平地で育ったミカンよりも岩山で育ったミカンのほうが甘くておいしいことに気づきました。
 
農業に関しては素人同然だった永田青年でしたが、このことをヒントに、先祖代々受け継いできた田畑を売り払い、 周囲の人に驚かれながら岩山を購入して、そこにミカンを植えました。

岩山のミカン栽培で、試行錯誤をくり返すうちに永田青年は、 九州大学の福島栄二教授と出会いました。当時、砂栽培を研究していた福島教授は天草の岩山でミカンを栽培する永田青年に興味をもち、 当時、開発されたばかりの「窒素」「リン酸」「カリウム」という野菜が必要とする三要素からなる液体肥料の存在を永田先生に知らせました。

「岩山栽培と液体肥料」という組み合わせで始まった栽培方法。
改善を重ねていくうちにさらに甘いミカンがそれまでの3倍のスピードで
成長することになったのです。

こうして生まれた栽培方法を他の野菜にも応用して完成したのが永田農法です。

岩山でいろんな果物や野菜の栽培をつづけるうち、たまたまめくった週刊誌のグラビア特集を見て、 永田さんは、とても驚きました。
そこには、原産地のアンデスで、 岩だらけの乾いた土地で育つトマトの写真が載っていたのです。
岩山での栽培は、知らず知らずのうちに原産地の環境をつくりあげて育てることに つながっていました。
このことから、永田農法は、 「ルーツ農法」とも呼ばれることになったのです。
 
永田農法のタマネギは、まるでナシやリンゴを思わせる食感と香りで、 子どもたちが生のままでも、 抵抗なくかぶりつけるほどの甘さです。
エグミや苦みが少ないのも永田農法でつくられた野菜の特徴です。
そのおいしさの秘密は、 野菜の糖度にあります。

糖度とは、 野菜に含まれる糖分が全体の重さの何パーセントかを示す値です。
一般のトマトの糖度が4~5パーセントであるのに対し、 永田農法のトマトは、時期や産地によって違いはありますが、 平均でも6~12パーセントという高い数値を はじき出します。
タマネギであれば、 一般のタマネギの糖度が6~7パーセントであるのに対し、永田農法のタマネギは10パーセントを超えることも珍しくありません。
この「糖度の高さ」が永田農法で育った野菜のうまみの秘密です。

永田農法で育った野菜は糖度が高いだけでなく、ビタミン、ミネラルも豊富に含みます。
(たとえば、一般のトマトの100グラム中のビタミンCの含有量は約20mg、
 永田農法のトマトは約687.5mgです。
 ブロッコリーでは、通常では約160mgであるのに対し、永田農法では約1296.9mgと、高い数値になります。国立栄養研究所・加賀チーム調べ)
うまみだけでなく、 毎日の食生活を考える上でも永田農法は、興味深い栽培法として注目を集めています。

永田農法の野菜はうまみが強いので、 「甘いトマトを薄く切ってバジルを添える」 「タマネギのスライスにかつお節をあえてお醤油をひとさし」
など、 野菜をメインにしたメニューを考えることが とても簡単になりそうです。
 
永田農法の野菜は、なぜおいしいのでしょうか。
おもにトマトを例にとって、永田農法のおいしさの秘密をお伝えします。

水やりをギリギリまで控えて永田農法で育てたトマトは、空気中の水分を吸収しようと、茎の表面に、産毛を生やします。香りも高く、トマト畑に近づいただけで、香ばしさを感じるほどなんです。
昔のトマト畑はこんな匂いがしたなぁ、と懐かしく感じる方も、いらっしゃるかもしれません。

永田農法でトマトを育てると、その形さえ、変わることがあります。
はちきれそうなほどゴツゴツとした皮を見ると、 一般的なトマトとの違いがはっきりとわかります。また、断面のようすも違います。
水と肥料を抑えてつくられた永田野菜は、 肉がびっしり詰まっていて、
内部に空洞がありません。

さらに、永田農法で育てたトマトを水槽に入れてみると一般的なトマトが水面に浮かんでいくのに対し、 永田農法で育てたトマトは、底に沈んでしまいます。

引用終わり





志水満 

にほんブログ村 企業ブログ 農業へ

地面がなくても野菜が育つ! とある日本企業が開発した「魔法のフィルム」がハンパない

土いらずで植物が育つ、魔法のフィルム

huffingtonpostより以下引用です
リンク

早稲田大学 客員教授 兼 メビオール株式会社 代表取締役社長 森有一 博士

【動画もぜひご覧ください!】
リンク
森有一:森です。面白い農業の技術を開発しましたので、ご紹介いたします。実はですね。土の代わりに、
こういうフィルム、これはサランラップじゃないですよ。
(会場笑)
私たちが特別に開発したフィルムなんです。このフィルムの上でですね、いろんなものが育ちます。例えばこんな感じ。
これ、実はこのフィルムの上で......
くっついてるんですね、透明なフィルムの上に。
(会場から感嘆の声)
ちょっとじゃあ、裏を見てみましょう。
こういう風にですね、フィルムの表面に根がはってます。フィルムの中に食い込んでるんじゃないんですね。
(会場から拍手と歓声)
OK? フィルムを活かしたまま、運べます。それからですね。
これはですね、実は例のフィルムでバッグを作りまして、その中に液体肥料が入ってます。その上に、パラパラっとレタスの種をまいて、育てたものです。これは去年(2010年)、宇宙飛行士の野口(聡一)さんが、宇宙船の中でこの実験をやりまして、ハーブを生やすことに成功しました。無重力空間ですから、こんな風に持ってる必要ないんですね。浮いてるんです。

非常に、心が和んだとおっしゃってました。
(会場笑)
今回の3.11で、大津波で被災したそういう土っていうのは、非常に汚れてるんですね。その土の代わりに、こういう技術が使えないだろうかと期待されてます。我々も頑張っております。じゃ、どうやってこのフィルムにレタスを生やすか。ちょっとご説明したいと思います。

まずですね、この机の上を地面としてください。グラウンド。そしてこのグラウンドの上、ようは土の上にですね、なんにも通さない黒いフィルムをひきます。

これはものすごく丈夫で、破れません。さらにここにホースを置きます。

これ、小さな穴が空いてるんですね。で、液体肥料が少しづつこの穴から出ます。それをですね。このフェルトで、ずっと広げるんです。

まんべんなく。で、上に、

このフィルムをのっけて、ここにレタスでもトマトでも種を置きますとですね。

こういう風(画像左)になるという。非常にシンプルな技術です。実はこのテクノロジーの最も大事なポイントは、このフィルムにあります。実はこのフィルムの素材はですね、ハイドロゲルという、おむつに使われているゲルです。ものすごく水と栄養素を吸い込みます。

このフィルム、下は濡れてます。水と栄養素を吸い込んでますからね。ただしですね、こっち側(上面)はからからなんです。反対側には水を出さないんです。そうすると植物はですね、表面はからからですから、生きることができない。そうすると、根をこのフィルムにくっつけて、フィルムの中の水と栄養分を必死になって吸うんです。まあ人間と一緒で、一生懸命勉強すると利口になりますよね。
(会場笑)
そうすると、ものすごくおいしくなるんです。栄養価が非常に高くなります。実はこの上で作ったトマトを初めて食べたらですね、ものすごく甘いんです。これはまったく想定外でした。植物のほうが利口でした。

それからもう一つの特徴はですね、このフィルム、透明で穴が無いように見えますよね。でも実はナノサイズの穴がものすごくたくさん空いてます。このサイズのコントロールが非常に難しいんですね。

ただ、我々はそれに成功しまして、水とか栄養分は吸い込むようにしました。しかし菌とかウィルスはでかいから入れません。ですから、こっち(上面)が病気にならないんですね。つまり、農薬がいらない。

皆さんが今一番、野菜を選ぶさいに気にするのは、栄養価が高いかどうか。あるいは、安全か安心か。ですから、このフィルムがあることによって、皆さんが一番望んでいる性質が満たされます。
引用終わり





志水満

にほんブログ村 企業ブログ 農業へ