FC2ブログ

農村を活性化させる為には?

赤字の酪農家を救うため立ち上がった業界の異端児「よつ葉」の挑戦

今や旧来のメーカーと取引先というような関係だけではいいものは作れない。お互いが追求する「運命共同体」が可能性。それは、日本人の精神性と合致しているようにも思えます。引用させて頂きます。
リンク
(途中から引用)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
■絶品クロワッサンを生む、極上ミルク&バターの秘密
(途中から引用)
よつ葉乳業のふるさとは北海道十勝地方。十勝は加工前の牛乳、生乳の生産量日本一を誇る。牧場だらけの音更町の真ん中に、よつ葉乳業最大の十勝工場がある。年間60万トンの生乳をここで加工。十勝で生産される生乳のおよそ半分がここに集まってくるのだ。
(途中略)

日本のバターの8割以上が北海道で作られているが、その中でよつ葉乳業は、雪印や明治などの大手を抑えトップシェアを誇っている。他にも品質にこだわったヨーグルトやチーズなどの乳製品を製造。業界4位のポジションを築いている。

■酪農家とともに生きる~絶品を生み出す乳業革命
(途中略)
これだけ厳しく管理して作るのが、放牧生産者限定の「ノンホモ牛乳」だ。普通の牛乳と比べると、色が少し緑っぽい。外で食べている青草が生乳に影響しているのだと言う。

よつ葉乳業はこの生乳を、通常より高く買い取っている。まさに「生産者あっての会社」を実践しているのだ。

生産者と共に築いた品質で、売り上げは1000億円を突破。過去最高益も叩き出した。

「頼りになるパートナーで共同体のような感じ。もっといい牛乳を、安全安心なものを作っていきたいなと思います」(石黒さん)

■酪農の理想郷をつくりたい~感動のよつ葉誕生秘話
(途中から引用)
1960年代、北海道の酪農は危機的状況にあった。当時、酪農家は大手の乳業メーカーと直接、契約を結んでいた。立場は弱く、生乳をメーカーの都合のいい価格で買い叩かれていた。その結果、北海道の生乳価格は日本で一番安くなり、酪農家の8割が赤字という事態に陥った。

当時から酪農を続けている鈴木洋一さんは「買い取り価格も低くて、負債の支払いも多く、どうやっても利益が出ない。酪農家はみんなそうだった。やってられない状況で、生活ができなかった」と言う。

このままでは北海道の酪農は滅びると、一人の男が立ち上がる。それがよつ葉乳業の創業者、太田寛一。士幌農協の若き組合長でもあり、「北の闘魂」と呼ばれた熱血漢だ。

太田は突破口となるヒントを求め、酪農の先進国であるヨーロッパを視察した。そこで見たのは、酪農家が工場を建て、自分でチーズを作る姿だった。生産者自ら加工販売する6次産業化が進み、市場の8割を占めていたのだ。

太田は自分たちで加工工場を作る「農村ユートピア計画」を打ち出し、行動に出る。

大手乳業メーカーに気づかれないように極秘で八つの農協のトップを招集し、「乳業メーカーが栄えて酪農が衰退するのはおかしい。生産者が加工販売しなければ未来はない」と訴え、農協の出資で酪農家のための会社を設立する話をまとめた。その際には乳製品工場を実現させるという誓約書まで作成、八つの農協のトップが判を押した。何があってもやり抜くことを誓った、いわば血判書だ。

酪農振興会の会長だった今村博人さんは「既存のメーカーからの反発がすごく強かった。なんとか潰そうと酪農振興会の役員を抱きこんで、作らせないように動いたんです」と、振り返る。

太田の計画が表に出ると大手乳業メーカーは猛反発。なんとか阻止しようと動きだした。大手乳業メーカーにとってよつ葉乳業は、できてはいけない会社だったのだ。

「今までは自分たちの都合で乳価を決められていたのが、違う発想の会社ができると、自分たちの権益を侵されるということです」(有田)

乳製品工場の建設を進めようとすると、様々な横やりが入り、あからさまな妨害工作も始まる。間もなく着工という段階に辿りついた時には、契約した建設会社が工場の建設を断ってきたことも。大手乳業メーカーと取引していた建設会社だった。

それでも太田は諦めない。大手乳業メーカーとはしがらみのない建設会社を探し出し、工事を依頼。海外視察から1年あまりの1967年、酪農家のための工場を完成させた。

よつ葉乳業は、酪農家のためにも「売れる牛乳にしなければ」と、大手との差別化を図り、当時はまだなかった搾りたてに近い味で勝負した。

「生乳の味を活かした加工をする。そのためには脂肪分もそのままで手を加えない。ミルクを生産する側としては当然の思いですが、いいものを美味しく飲んで下さい、と」(有田)

当時、牛乳は宅配が主流だったが、よつ葉乳業は店頭販売も開始。しかも瓶が当たり前の時代に、返却の必要のない紙パックを採用し、大ヒットした。

酪農家の利益を確保するよつ葉乳業が登場して10年。乳価は2倍以上に跳ね上がった。そして北海道の酪農家も生活していけるようになったのだ。

50年前は酪農をやめようかとさえ思っていた鈴木さん。当時5頭しかいなかった牛は現在350頭に増え、毎日、生乳をよつ葉乳業に卸している。

「よつ葉乳業ができてなかったら大変だったと思います。酪農を続けてなかったかもしれない。太田さんは現状を見ないで亡くなったけど、見たら満足すると思うね」(鈴木さん)

■酪農の危機を乗り越えろ~生産者を支える驚きサポート
(途中略)
そこでよつ葉乳業は、3年前から若手酪農家の研修事業を始めた。一歩進んだ海外のやり方を見せ、意識改革を図り、新時代の酪農家を育てようとしている。
(途中略)
よつ葉の力を借りて新たなビジネスを展開させた牧場もある。鹿追町東瓜幕協和生産組合。清水勇輝さん(34)、伸哉さん(33)の兄弟がよつ葉乳業の支援を受けてやっているのは、オリジナル乳製品の加工販売だ。
(途中略)
酪農でも夢を見ることはできるはず。よつ葉乳業は若者とともに、酪農の未来を作ろうとしている。
(引用終わり)




廣渕一志

にほんブログ村 企業ブログ 農業へ
スポンサーサイト



「超限界集落」ついに1世帯1人に 高齢者相次ぎ特養へ

リンク

 仙台藩の藩境警備に由来する山中の集落で「超限界集落」化が進んでいた宮城県七ケ宿町稲子(いねご)の住人が、1世帯1人だけになった。昨年は3世帯4人が暮らしたが、高齢の3人が今年、相次いで町中心部の特別養護老人ホームに入居。残る1人も冬の間は山を下り、無人となる。

 稲子は1681年、仙台藩が足軽10人を住まわせたのが始まりで、町役場から車で30分ほどの山あいにある。明治以降も養蚕や炭焼きで生計を立て、1960年には127人がいた。仕事を求めて若い世代が山を下り、自立生活ができなくなったお年寄りも次々と離れ、集落はついに消滅寸前となった。

 町は6年前から、稲子に向かう町道の除雪費節減や吹雪の際の緊急搬送が難しいことを理由に、住人に冬期間は山を下り、施設や空いている町営住宅で過ごすよう要請してきた。さらに今夏までに、大葉富男さん(91)、敦子さん(88)夫婦と一人暮らしだった佐藤あきをさん(96)が特養に入り、住民票も移した。

 残る佐藤富世司さんは71歳。町の水道検針などの仕事を請け負い、小さな畑を耕して暮らす。「ほかの住人の心配をしなくてよくなり、かえって気が楽だ」と話していた。

 稲子には空き家が数軒残り、うち2軒は、福島市などに住む元住人がときどき泊まるなどしている。(石橋英昭)




やおよろず

にほんブログ村 企業ブログ 農業へ

農ベンチャーの新勢力(アグリゲート、アグリメディア)

"おいしい農業" 新勢力SP 今こそ農業は宝の山だ!楽しくおいしい 絶品アイデアで農業を変えろ!
リンク 
--------------------------------------------------------
八百屋が「チェーン展開」すれば、もっと農業は大儲けできる! 畑が「フィットネス」になれば、もっと農業に人が殺到する! 都市と農業をダイレクトに結びつければ、農業はもっとチャンスに溢れている!絶品のおいしさとアイデアで、農業に新風を巻き起こす侍たち!

★稼ぐことが 改革の絶対条件



アグリゲート 左今克憲社長 リンク 

■八百屋をチェーンで復活!農家と消費者を笑顔にする秘密
今、東京で人気を呼ぶのが「旬八青果店」。目黒と品川区を中心に10店舗を展開する八百屋のチェーン店だ。抜群の鮮度とこだわりの野菜や果物が圧倒的な安さで手に入ると、リピーターを掴んでいる。安さの秘密は、産地で3割は出るという規格外品の有効活用。「形は悪いが味のいい」商品を、産地情報を丁寧に説明する接客で人気商品に変えていく。社長の左今は、全国100件の農家と手を組み、都会のニーズにあった様々な野菜や果物を独自の流通で仕入れ、チェーン展開することで、スーパーに負けない価格も実現している。旬八はスーパーの台頭で姿を消していった八百屋にかわり、農家と消費者をウィンウィンの関係で結んでいるのだ。左今は学生時代、全国をバイクで旅行をする中、どこの地域の農家も高齢者である光景にショックを受け、日本の農業が続けていくためには何が必要なのか、ビジネスで解決しようと起業した。現在取り組むのは、物流が不便で全国的に競争力の弱い地域の野菜を買い付け、地域専門の店で売ること。12月には、虎ノ門に雲仙野菜専門(7割)の八百屋をオープンし早くも客を集めている。農家と共に成長できる新たなモデル作りに奔走する、未来の八百屋「旬八」の挑戦を追う。



アグリメディア 諸藤貴志社長 リンク 

■農業を“フィットネス”感覚で!元大手不動産マンの農業活性化
最近、東京近郊で農業を楽しむ様々なサービスが登場している。例えば「シェア畑」というレンタル菜園。すでに70カ所、1万5000人の利用者が農作業を楽しんでいる。人気の理由は、従来の菜園と違い、どんな素人でもプロ顔負けの収穫物を育てることができるから。農園には様々な農業道具や肥料などが準備され、農家や菜園経験者が手取り足取り教えてくれるのだ。さらに会社の懇親会などで引っ張りだこなのが、農家の畑で収穫体験した野菜をそのままバーベキューで楽しめる「ベジQ」。どちらも、農地を持て余す農家と手を組んだサービス。アグリメディアは、そんな都市の住民と農家を楽しいアイデアで結びつけるビジネスを次々と立ち上げて注目されるベンチャーだ。社長の諸藤は元住友不動産で、大規模プロジェクトで腕を振るった異色の経歴。不動産開発の目線で農作業や農地を見た時、もっと付加価値を埋める活用法があるのではと、農業ビジネスで会社を起業した。現在取り組むのは「里山シェア」という、都会の住民と農家が交流する様々なイベントを仕掛ける農園だ。今までにない視点で農業を活性化する旗手として全国を飛び回る諸藤。農業を「宝の山」に変えるその手法に密着する。 

※参考 リンク 
--------------------------------------------------------





匿名希望

にほんブログ村 企業ブログ 農業へ