FC2ブログ

農村を活性化させる為には?

なぜ日本は「自殺大国」なのか?その理由

日本の自殺率が世界のトップクラスにいる。多くの国より安全安定の生活が送られるような環境が整っている日本はなぜ自殺する人が多い?
人々が感じている不安はどこから?


ーーーーーーーーーーーーーーーー引用
6月1日に発表された警察庁のまとめによりますと、昨年の自殺者は32552人で、自殺の動機は、健康(46%)、経済・生活(24%)、家庭(9%)、勤務(6%)、男女(2%)問題の順でした。今回は、自殺の現状と、その背後にある心の病気の深刻さについて、お話したいと思います。

日本は自殺大国
日本の自殺者数は今年で8年連続3万人超と報告されました。これは交通事故による死亡者数をも上回っています。

人口10万人あたりの自殺者で表される「自殺率」は驚くべきことに25.5。これはアメリカの2倍以上、世界でも、旧ソ連諸国と共にトップレベルの数字で、日本が自殺大国と言われる理由にもなっています。

高い自殺率の背景には、バブル崩壊後の日本社会が急激な変容があります。年功序列型の終身雇用の崩壊や成果主義から、勝ち組・負け組といった言葉で表されるストレスの強い社会への移行もあるのではないでしょうか。旧ソ連諸国の高自殺率も共産主義が崩壊し、競争主義の市場社会へ移行していく中で、国民が不安定な社会から非常に大きなストレスを受けている為だと思われます。

自ら命を絶たれた人は、このようなストレス社会で、何らかの困難な問題に直面されていたと思います。自殺された時点において、大部分の人は心の健康を損なって、心の病気、特に、うつ病の状態になっていると言われています。

うつ病になると生じやすい、死にたい気持ち
うつ病は最もありふれた心の病気の1つで、一生のうち、うつ病にかかる人は14人に1人とも言われています。うつ病になると、気分の落ち込みと共に以下のような症状が出現します。

・ 今まで楽しめていたことが楽しめなくなる
・ 何をするにも億劫になる
・ 疲れやすい
・ イライラしやすい
・ 集中力が低下する
・ 自責の念が強くなる
・ 食欲、睡眠に変調が生じる

人生を楽しめなくなり、自分が価値のない存在で、周りの人に迷惑をかけているといった考えで頭がいっぱいになると、死ぬことが苦しみから逃れる為の解決策に見えやすくなります。これは決して、健全な心で生みだされる考えではありません。うつ病では、脳内の神経伝達物質であるセロトニンの働きに異常が生じるので、自殺願望を生み出してしまうのです。



匿名希望

にほんブログ村 企業ブログ 農業へ
スポンサーサイト



農学部進学が、そのまま農業経営者として就農する事業の提案(私大農学部と農漁業振興を図る自治体の協業)

・1960年代の高度成長期以降、7大コンビナートに代表される湾岸部の大規模な埋め立て事業が実施されてきた。そして都市部の周辺では、自治体主導による大規模なニュータウン開発が進められてきた。市場拡大の活力が萎えてしまっても、惰性で放置されてきた開発はここに来て収束の方向に転換した。
・その中で、長崎県の湾岸部の自治体を訪ねた。
都市部に新規開設される私大農学部の第二キャンパスの誘致提案を受けての訪問だった。戦後の高度成長期の乱開発と環境破壊から逃れた地域の豊かさに、大きな気付きがありました。多様で豊かな魚種と柑橘類、年間を通して耕作が可能な良質な農地と近海部の豊かな漁業資源、しかもこれからも新規就農者を受け入れることができる新たな就農地の供給力を持つ。
魚もみかんも野菜も買うものでなく分かち合うもの、、日本人の縄文気質が未だ息づく風土と都市生活が共存する地域である。現代の最先端意識潮流を共有しながら、農業や漁業や畜産業を生業として都市生活以上の所得で生きいける地域が、現実にあることを再確認することができた。

・勿論、農学部の第二キャンパス企画も課題だが、これは文科省の設置規制に引っかかり何かと制約が付きまとう。都市部の大学農学部に就学就農コースを作り、農学部入学がそのまま農業経営者となって就農する学科コースを、就農地を抱える自治体と大学が協働で立ち上げる事業には、大きな展望があるように思う。無目的に進学するのではなく、農業経営者として具体的な地域に就農する学科コースを協働で立ち上げることを大学と就農地を有する自治体に提案していきたい。



持国天

にほんブログ村 企業ブログ 農業へ

農家の右腕という新たな働き方

先日、TV番組で「阿部梨園の知恵袋[リンク]」というサイトが紹介されていた。実践で培ったノウハウを農業界に還元していくことを目指し、その経営改善手法をオープンにしている。そのノウハウは農家に限らず、企業人にとっても示唆に富んだ内容ばかりだ。
その仕掛人である佐川氏のインタビュー記事を紹介する。

:::以下引用:::

■農家の右腕という新たな働き方 阿部梨園 佐川友彦さん(ベリーマッチとちぎリンクより)

東京大学農学部を卒業し、外資系メーカーで研究職として働いた経歴を持つ佐川友彦さんは、インターンシップを経て、2015年1月に宇都宮にある「阿部梨園」に就職。これまでに、経営や組織に関する改善を400件以上手がけ、代表である阿部英生さんの右腕として活躍している。

「畑に出ない農家の右腕」という新しい働き方を実践する佐川さんは、これからも多くの個人農家が生き延びていくために、阿部梨園で培ったノウハウを農業界に還元していくことを目指している。

◆グローバル企業から一転、ローカルな梨農家へ

宇都宮市で3代にわたり続く「阿部梨園」。そこで働く佐川友彦さん(下写真右)は、マネージャーとして経営改善から企画、PR、会計、事務、労務、システムまで、生産以外のすべての業務を担当している。

群馬県館林市出身の佐川さんは、東京大学農学部、同大学院を卒業後、外資系メーカーで研究職として、宇都宮市で2年間、茨城県つくば市で2年間働いてきた。そんな佐藤さんがグローバル企業から一転、ローカルで働くことを選んだのは、どんな理由からだろう?

「以前の仕事では、地元の方とかかわる機会がほとんどなくて。もっと自分が暮らす地域と深くかかわる仕事がしたい。また、事業全体を見渡す経験を積みたいと思い、転職を決意したんです」

:::中略:::


◆小さなことに忠実に向き合い、400を超える改善を実施

当初、阿部梨園のインターンシップで求められていたのは、イベントの企画といった新たな顧客や売上を生み出すことを目指した外部向けの取り組みだった。しかし、最初の数週間、阿部梨園の業務を体験するうちに、佐川さんは、それよりもまず取り組むべきことがあると感じたという。

「阿部梨園の梨は本当においしく、たくさんのお客様から愛されている一方で、経営や組織については多くの個人農家がそうであるように自己流で、至るところに改善点があると感じました。今後、阿部梨園が生き残っていくためには、まずは組織の内側を鍛えることが重要だと感じ、代表の阿部やとちぎユースサポーターズネットワークの岩井さんと話し合い、プログラムのテーマを『経営と組織の改善』に変えることになったんです」

そこで、事務所の掃除から始め、売上や顧客データの管理、スタッフの管理、業務の流れや販促物の見直しまで、インターンシップ期間中に70件の改善を実施。2015年1月に阿部梨園に入社してからも含めると、400件以上の改善に取り組んできた。

「改善といっても、多額の費用かけて大きな変化を起こすのではなく、『小さなことに忠実に向き合う』を大切に、できるところから少しずつ改善を重ねてきました。その結果、今ではスタッフのキャリアプランやコンプライアンスなどの分野にまで、取り組めるようになってきました」

こうした改善を実現できたのも、代表の阿部さんが信頼して任せてくれたからこそだと、佐川さんは考えている。

「これまでの経営や会計の内側をすべてオープンにしたうえで、改善点を指摘されることは、阿部にとって辛い部分もたくさんあったと思います。それでも阿部は、信頼してすべてをさらけ出してくれました。だからこそ、僕も結果を出さなければならないと、全力で改善に取り組んできました。インターンシップが終わった後、入社を決めたのは、阿部と一緒に仕事をしていきたいと思ったからなんです。その思いは、今も変わりません」

また、スタッフも労力や時間を割き、改善に積極的に取り組んでくれた。

「今ではようやく、当初のテーマだった新たな顧客や売上を生み出すためのチャレンジに、本腰を入れられる体制が整ったと感じています」

:::中略:::


◆ここで培ったノウハウを、農業界に還元していきたい

まさに“農家の右腕”として働く佐川さんだが、このような新たな働き方は、栃木でなければ実現できなかったと感じている。

「阿部やとちぎユースの岩井さんをはじめ、栃木ではさまざまな人が各地域で新しいチャレンジを続け、情報交換をしたり、コラボしたりと密に連携している。そんなみなさんのこれまでの活動があったからこそ、僕は今、“農家の右腕”という新たな仕事に取り組めているのだと思っています」

これまでは畑に出ることはなく、農家の右腕として現場を支えてきた佐川さんだが、今年からは少しずつ生産にも携わっていく予定だ。その目的は、現場チームと経営の融合。佐川さんが現場に加わることで、より連携した一枚岩のチームをつくり上げることができる。さらに、現場の実情や作業内容を把握することで、効果的な改善が可能になると考えている。

「阿部梨園だけでなく、多くの個人農家が同じような悩みを抱えています。これからは多くの個人農家が楽しく生き延びていくために、阿部梨園で培ったノウハウを農業界に還元していくことが目標です」

:::後略 引用終わり:::




石山 巌

にほんブログ村 企業ブログ 農業へ

「有機農業を次世代に」 安心安全な米作りを続ける中道農園の取り組み


リンクより引用
///////////////////////////////////////////////////////////////
滋賀県野洲市。見渡す限りの大自然の中で、米作り一筋で200年を迎える「中道農園」。
園長である中道唯幸さんは「ケミカルに頼らない農業」を模索し、独自の方法を確立した有機栽培界の立役者です。
そんな彼が次に目指すのは、次世代の農業を背負って立つ人材を育てること。
「何もなかった自分でも、先輩たちの教えに支えられてここまでやってこられた。次の世代に思いをつなげることが、恩返しだと思っています」。
そう語る中道さんから、有機栽培の可能性や農業の未来についてお話を伺いました。


■安全でおいしいお米を作りたい。試行錯誤し見つけた有機栽培の可能性。
滋賀県野洲市で米農家を営む中道さんが、有機栽培に取り組み始めたきっかけは、先代園長である父親の「農薬中毒」でした。
長年の農薬散布作業で体を壊し、それに代わり中道さんが散布係を買って出たものの、彼もまた数年で体調に異変を感じるように。
自分のために、家族のために、そしてこのような健康被害に悩む人を増やさないためにも、食べる人にも育てる人にも優しい「農薬に頼らない農業」を目指すことになります。

「父が倒れた1970年代当時、高校を卒業したばかりの私に無農薬での米作りの知識など無いに等しく、私が農薬散布を行い始めた1980年頃でもまだ『減農薬』という言葉すら存在しませんでした。農業は、農薬を使うことが当たり前。そんな考えに疑問を持つようになり、さまざまな研究機関や大学にお世話になったり、研修に参加したり、先進農家を訪問したりと猛勉強をはじめました。初めは何年もお米は採れず採算も取れず、経済的にも苦しい時代が続きましたが、ようやく技術を確立することができ今では有機農業だけで農園の経済性を充分に保てるようになりました。」

中道農園では有機栽培はもちろん、有機肥料やたい肥も使用しない、土と水の力だけで育てる自然栽培にも取り組んでいます。
「安心・安全な食物を作る」という強い信念のもとに収穫されるお米にはファンが多数。
公式サイトにはたくさんの口コミが寄せられ、小さなお子さんのいるご家庭、アトピーをはじめとするアレルギー系の疾患を抱える方など、たくさんの人に支持されていることが伺えます。

自身の体験から、「現代人の体の不調の多くは化学物質の過剰摂取に関係しているのではないか」と考える中道さんは、今後有機栽培がもっと必要とされる時代になると予測しています。
実際に消費者が中道農園のサイトにアクセスする際、そのほとんどが「白米 健康」「玄米 アレルギー」など、お米と健康にまつわる検索ワードでヒットしており、食の安全に不安を抱えて中道農園のお米を買い求める人が一定数存在することが分かっています。
また、インターネットや流通の発達により、買い物における選択肢が大幅に広がったこの時代だからこそ、「口に入れる物にはこだわって選びたい」そんな層に確実にリーチできる方法論を確立できれば、有機栽培の可能性は劇的に拡大していくことでしょう。

■自分で考え行動する。マニュアルに頼らない働き方で自主性が身につく。
中道農園の革新的な取り組みは、有機栽培だけではありません。注目すべきはその教育体制です。
一見ルーティンワークに思われがちな農作業ですが、実際にはその日の天候や土の状態によって判断を変えたり、収穫までのスケジュールを長期的な視点で考えたりと担当者の裁量と経験が問われる仕事です。そこで中道農園では「指示ゼロ」と呼ばれる教育制度を導入しています。
園長のトップダウンにより全ての田んぼを管理するのではなく、各区画の担当者に一切の判断をゆだね、課題の因果関係や分析、ゴールまでの道のりを自主的に考えてもらうという取り組みです。

スタッフが自主的に働くための研修を導入し、職場の雰囲気は少しずつ変わっていきました。
「2018年の秋は悪天候や災害が頻発し本当に大変でした。しかし、スタッフそれぞれが『遅れを出さないためにはどうすればいいか』と頭を使って考えてくれ、私が指示する前に自分の行動計画を示してくれたので大助かりでした。成長が垣間見られてとても嬉しい瞬間でしたね」、と中道さん。
自然災害の猛威に見舞われ、イレギュラーな判断が必要なときでも冷静に対処したスタッフのおかげで、例年に後れを取ることなく収穫・出荷が無事に完了したそうです。
一人ひとりが自立し、経験に基づいた技術を身につけることができるという点においても、中道農園は農業に将来を見出す人にとって良い環境なのでしょう。




根木貴大

にほんブログ村 企業ブログ 農業へ