FC2ブログ

農村を活性化させる為には?

植物(野菜)を支配する日本人

西欧の遊牧民は動物を去勢して牧畜
    ↓
自然を支配することに違和感がない
    ↓
支配思考による結果主義で、原因追求をしない西欧科学


という構造で西欧科学の異常さを説明できる。
その轍を日本人も踏む勢いだ。


大量の規格外野菜が処分されてしまう現代において
規格品を大量に通年で収穫することは農業を経営していく上で必要課題。

しかし、その規格品をつくるために、一世代分しか使えないF1タネを用い、さらには雄性不稔を施しているという。

日本人の品質に対するこだわりは理解できるものの、その背景で規格品に対する厳しい規制から自然を支配する思考になってしまっていることを残念に思う。


以下引用リンク

いま世界の農家で使われているほとんどのタネが「F1」と呼ばれる一世代限りしか使えないタネ。そしてF1の中でもオシベがない「雄性不稔」と呼ばれる、生物学的には異常なタネが増えていると言います。

食糧生産の効率化のために増え続けるF1のタネ、その一方で私たちの食の安心や安全への意識は高まっています。このジレンマをどのように解決すればよいのか。著書や講演でF1種子の危険性を訴え、在来のタネを守る活動を広めている「野口のタネ」店主、野口勲さんにお話をお聞きました。

現代の農業では、おなじ規格のものを大量に作ることが農家に求められています。そして、規格通りの野菜を作るためには「F1」のタネを使わなければならない。「F1(雑種第一世代)」のタネから育った野菜は、みんな同じ成育のしかたをし、型にはまったようなかたちになり、そして同じ時期に収穫できます。つまり、出荷しやすく、売りやすいということです。

一方で「在来種」や「固定種」と呼ばれる、昔から使われているタネは一粒一粒に特徴があり、多様性があり、早く育つものもあれば遅く育つものもある。葉の形を見たり、成育の状況を見ながら、大きくなったものから収穫します。一度タネをまけば長い間収穫できますが、需要に合わせてまとまった量を定期的に出荷することができないから、お金にするのは難しい。でも味も昔の野菜そのままで美味しいので家庭菜園に向いています。そして、いくら無農薬や有機肥料で育てても、味を決める8割はタネ、本当に昔ながらの美味しい野菜を食べたいなら在来種を自分で育てるしかありません。

だから私は家庭菜園のタネの店として在来種や固定種を売っていて、買う人もほとんど個人の方です。あくまでもタネを売る店で、育てるのはお客さんなんですね。講演会をやると7割以上の人が30代〜40代の女性ですが、質疑応答の時間になって必ず最初に受ける質問は「そんな野菜はどこで買えるんですか?」と。だから私は毎回「買えません、自分で育ててください。」と言うんです。実際、固定種の栽培は都内でやるほうが向いています。

なぜかというと日本の野菜はアブラナ科のものが多くて、かぶ、なっぱ、大根など交雑しやすいんですね。自家採種、自分でタネ取りするためには混ざりやすい野菜から隔絶した場所でやらなければならない。都内は畑がないから種採りするのがラクなんですよ、そばに同じような野菜がないから。そもそも、最近のF1野菜は花粉ができないから交雑しない、種を汚染しないのですが。タネ取りを都内の庭や畑でやるのはオススメできます。

ただ、F1野菜はいまの社会に必要なんですよ。昔は日本の8割の人がなんらかの農業をやっていました。お侍だって自分の畑を耕して野菜を育てていました。それがどんどん工業化が進み、高度成長期になると農村部に残って食べ物を育てる人が少なくなった。いまの日本では、215万軒(H27時点、農水省統計)の農家が1億2000万人の食べ物を作っているわけです。だから効率が良くないといけないし、周年栽培(1年中栽培すること)して供給しなければならない、だから社会全体の食の需要を賄うにはF1のタネが必要なんです。

植物は人間に食べられるためじゃなくて、自分の子孫を残すために生きてるんだから、ほっとけばみんなタネになるんです。



匿名希望

にほんブログ村 企業ブログ 農業へ
スポンサーサイト



いま、国内外で「木造建築」の物件が注目されている理由

木造住宅は地震が来ると壊れるというイメージがある人も多いと思うが、大地震のたびに新しい耐震基準が出来たり、木質系材料(CLT)や木造住宅用の制振装置が開発されていたりと技術的には良くなっている。
問題なのは設計者の方で、しっかりとした設計・施工がなされれば木材はこれからの建築物として適した材料だと思う。


いま、国内外で「木造建築」の物件が注目されている理由
リンク

_________________________________________________________


国が「木造建築」を幅広く推進する背景とは?

私たちナイスグループは、木材・建築資材の販売を中心に、住宅の供給、木造建築物の建設などを手掛ける企業グループです。
もともとは江戸時代から続く木材商でしたが、1950年に現在の前身となる市売木材株式会社を設立し、木材市場の運営を開始。その後、住宅をはじめ、木造建築関連に幅広く事業分野を広げ、現在は国内外で数十社を抱える企業グループとなりました。

ところで、皆さんは「木造建築」と聞くと、どのようなイメージを思い浮かべるでしょうか? 多くの方は、木材の心地よい温もりや香り、日本の伝統といった「古き良き建築」のイメージを持たれるかもしれません。
もちろん正しいのですが、真価はそれだけではありません。実はいま、木造建築は、これからの時代に推進すべき最先端の建築として、国内のみならず世界的にも注目を浴びているのです。

たとえば国内では、弊社が創業した1950年代には、古いタイプの木造建築が主流であったため、防火や防災の面から一戸建て以外木造建築は禁止される流れができていきました。また、なるべく木は伐採しないほうがいいという誤った森林保護の観点もありました。

ところが、2010年に「公共建築物等木材利用促進法」が制定され、低層の公共建築物は原則としてすべて木造にすること、また、民間住宅についても木造利用を促進することが定められました。それまでの流れとは正反対に、国として木造建築を幅広く推進していく方向となったのです。

これには、木造建築技術の向上や素材開発の進歩により、耐震性や防災性が高い木造住宅がつくれるようになったこと、また、森林は適度に伐採をしたほうが、森が若返り、環境に良いことがわかってきたことなどが理由として挙げられます。

国内だけではなく、持続可能な世界を実現するためにSDGs(持続可能な開発目標)が国際的な目標とされる中で、再生可能で二酸化炭素排出が少ない特性を持つ木材の利用は、世界的にも注目されています。

年月を経ても価値ある「木造住宅」とは?

「木の家は素材の温もりがあり、環境に優しいのはわかるが、耐久性や耐震性は大丈夫か」「木造住宅は断熱性が低く、光熱費がかかるのでは」といった心配をされる方もいらっしゃいます。おそらくそれは、昔の「安かろう、悪かろう」という時代の木造住宅のイメージがあるからだと思われます。実際、日本では木造住宅の寿命は約30年だといわれて久しくなっています。

しかし、しっかりとした設計と施工で建設し、きちんとしたメンテナンスを実施すれば、RC造にも勝る長期間使用できる木造住宅をつくることは、実は難しいことではありません。世界最古の木造建築である法隆寺が、1400年の歴史を持つことからもそれはわかります。また、非住宅の公共建築物に木造を利用する方向になったのも、耐久性や安全性の面で、木造建築でもRC造に劣らない性能が出せることが知られてきたためです。

堅牢な住宅をつくり、長く使用することは、環境保全や国民の資産形成にとっても望ましいことです。そのため、国も「長期優良住宅の普及の促進に関する法律」を制定し、長期間にわたり良好な状態で使用できる優良な住宅を、いわゆる「長期優良住宅」として認定しています。

また、その前提として、住宅の性能について、国が定めた一定の基準を満たしているかどうかを専門機関が評価する「住宅性能評価」制度が導入され、設計および建設の両面で客観的な評価を受けることができる制度が設けられています。

このような客観的な制度により、一定の基準を満たしていると評価・認定を受けた木造住宅は、適切なメンテナンスをしていれば、100年間の使用にも耐える躯体の耐久性や高度な耐震性を備えています。

以下省略。



匿名希望

にほんブログ村 企業ブログ 農業へ

宮崎県からオーガニック農業が無くなる。

一見、林業の現状救済と生産性を高めるために必要な対策に見えますが、将来の林業と環境に対する政策としてあまりに安易なお役所仕事に対して、適切な指摘と考察をしている。

**************

リンク

簡単に説明すると、
①宮崎県では林業従事者(山師)が減っています。→②木を植えても手入れ(下草刈り作業)する人がいません。→③手入れしないと木が育ちません。手入れ不足の山になります。→④きつい労働の林業は人出がどうしても増えません。→⑤手入れ不足を解消する為にもう無人ヘリで山に農薬撒いて下草を枯らせます。→⑥人手が足りなくても、これで手入れができます。これで解決。

と言う訳なんです。
とりあえず宮崎県が所有する山林で実験して、「大丈夫そうなら2020年(来年)から始めますよ」と。

いやいやいや、これは駄目でしょ!!!!!

もうこの記事読んでから、ずーーーーーーーーーーーっと言いたかった!!ずっとブログに書きたかった!意見も結構求められていたんですが、すいません、ようやく書きます。

ご存じの通り、私山師をしています。
現場でもバリバリ作業しています。親方もしています。従業員も雇用しています。
そして林業の未来を考え、これまでいろんな情報発信も行って来ました。活動も行って来ました。
とうとう山と街を繋ぐべく、宮崎市内若草HUTTEというお店まで作りました。
山側の目線、街側の目線どちらの目線も大事にし、宮崎の未来の為に林業がどうあるべきなのかを常に考えています。

そんな私が今言える事は一言。
これは完全に「愚策」です。

県の担当者の方達も林業の現状と未来を一生懸命に考えたのだとは思いますが、完全に目的と手段が混同し大きな指針を見失っています。
これをやってしまうと、宮崎県はいくら杉の木を生産しようが日本で一番の、いや世界で一番の林業後進県に成り下がるでしょう。後進県というか、もう付ける薬も見当たらない最低最悪の県になります。もう誰も宮崎の木材なんか買わないし、だれも宮崎になんか住みたがらない。

**************

日本の将来のために何が必要か、何をすべきかという視点でものを考えられない役人、このような地道な活動をしている人々に取って代わられた方が良いとつくづく思う。



じゃがじゃーが

にほんブログ村 企業ブログ 農業へ