FC2ブログ

農村を活性化させる為には?

情報というゴミも減らしたい。

私もごみの量の多さにはうんざりです。そしてふと思ったのですが、新聞広告も馬鹿になりません。私などほとんど見ないので、ごみが挟まってきているようなものです。

これは、100人に1人とか1000人に1人の購買者に情報を伝えるために、無駄な紙やインクを大量に使っている市場社会の宣伝手法の典型例です。こう考えると、新聞広告に限らず、およそ情報の大部分は、日の目を見ることなく闇に葬られているわけです。しかし、そのために膨大なエネルギーが消費されているのです。

それに比べ、口コミネットワークなどは、ある程度ターゲットが絞れて、効率が良いし、必要な情報しか伝えずしかも、人の信用で結ばれている。

これからは、こういう情報伝達のあり方が重要だななどと思った次第です。

星埜洋 
スポンサーサイト





にほんブログ村 企業ブログ 農業へ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://gensenkeijiban4.blog.fc2.com/tb.php/103-9db113a3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)