FC2ブログ

農村を活性化させる為には?

こだわりのない人こそ本物

>自省的、反動的な農への回帰を超えて、一歩踏み出す元気印の人達にエールを送りたいです。

結果、現在の市場でも勝負もできるし、さらには普通の人に農のすばらしさを実体験を通じた生きた言葉で伝えられ、新たな方向性を指し示すこともできる人材は少なからずということだと思います。<

 同感です。

反市場であるとか、現状の私権的、消費的である自分を否定して、農的生活であるべき姿を目指そうとか、何が何でも無農薬栽培、有機農法…、などなど、何かに対するアンチや自分自身の有り様に潔癖であったり、目的より手法にこだわって自分を縛ってしまう人には、農業に限らず可能性を感じられません。
 そんなこんなにこだわらずに、これは行けそうだ、可能性がありそうだと思えるものにすっと向かって行けて、しかも、その途中で、方向や手法を柔軟に修正できる人こそが本物という実感があります。そんな人とは話をしていても良い刺激になるし、活力が湧きます。
 農業もそんな人材に核になって活性化してもらう必要があると思います。


長谷暢二
スポンサーサイト





にほんブログ村 企業ブログ 農業へ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://gensenkeijiban4.blog.fc2.com/tb.php/106-011542ed
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)