FC2ブログ

農村を活性化させる為には?

農の可能性

>農家は企業に勝てるのでしょうか? 私も本気や熱意だけでは勝てないと思います。

商品市場の枠組みの中では、多角経営企業が勝つ事は当たり前と思います。ただ、逆に云うと企業が専業として経営するのには、限界が有ると思います。要は経営効率が悪く農業だけでは成立しないと言う事ではないでしょうか?多角経営企業は、母体の付加価値を上昇させる為に、自前で農場を保有したり農家を組織化してより効率を求めた生産体制を作り、既存農家を下請け化して窮地に押しやります。その市場環境では、最終的に価格競争になる訳ですから、単独農家の敗北は目に見えます。

農家の活路は、高品質の生産物を生み出す事は当然として、確かな販売力では無いか?と思います。商品市場に対しても輸入生産物に対しても、信認関係による販売網を作り出せは勝算は有ると思います。更に、馬場さんも指摘されているように農業を基軸にした派生産業での販売力では無いかと思います。 この販売網・販売力保有は、単独農家では非常に負担であって殆ど不可能だと思います。やはり必然的に農業従事者が集まって、組織体を形成してその組織力が不可欠だと思うんですね。ある地域でも良いし、農家のネットワークでも良いと思うのですが、統合された農家集団が出来れば、その組織力により市場経済関係を超えてしまえると思うのですね。

商品市場を越えた信認関係での販売網と農家集団の組織力(資本力・人材力・企画力等)で多角経営企業に対峙出来る事は可能な様に思います。農家の活路の一案とも思います。


松本幸二 
スポンサーサイト





にほんブログ村 企業ブログ 農業へ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://gensenkeijiban4.blog.fc2.com/tb.php/109-f9a038df
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)