FC2ブログ

農村を活性化させる為には?

農も社会的役割分担の1つ

>都会人の、癒しだけを求めて、自らは担わない後ろめたさや、
農村の、古い価値観や序列が幅をきかしている閉鎖性などが
見え隠れし、一見簡単に交われるようで、踏み込めない壁として存在する。いつまでたってもお客さんなのだ。 <

 現状はその通りだと思います。
 農業、農村、都市、その他何でも、統合された社会の中での役割分担という意識にまで至っていないため、それぞれの「立場」という自意識に留まっていて、お互いに後ろめたさや否定視、わかって欲しい欠乏の押し付け合いになっているのが実態でしょう。
 
 考えてみれば、まともな単位集団やそれらを統合した共認(課題共認)が成立していない現状では、表層的な観念で、都市と農村の交流や農業・田舎体験といういいとこ取りの表層充足になってしまうことも無理からぬことです。
 
 しかし、一方で、脱市場、自然志向、仲間収束という本源的な流れがほとんどの人の意識で潜在から顕在化しつつあることも事実です。それを、
目先の充足だけに終わらせるのではなくて、統合課題へ向かわせるネットワークの構築が必要で、るいネットが目指すことの1つだと思います。

 とは言っても、実践的には大上段に構える必要はなくて、社会統合を常に視野において試行錯誤しながら可能性のあるところへ進んで行くのが良いのではないでしょうか。

長谷暢二 
スポンサーサイト





にほんブログ村 企業ブログ 農業へ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://gensenkeijiban4.blog.fc2.com/tb.php/110-f99dcc0c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)