FC2ブログ

農村を活性化させる為には?

動けるところから動く

私の住まいは大阪市ですが、最近淡路島から車で販売にくる魚屋さんが大人気です。

もともと、私の近くに住む母が、友人に紹介してもらってから贔屓になったようです。今では母が我が家の魚も一緒に買っておいてくれたり、さらに友人に紹介したりと、さながら営業マンのような活躍ぶりです。

この魚屋さん、父親と息子さん(だと思います)の2人でいらっしゃって、家の前で車を止め、各家庭からお水を借りて、買ってもらった魚をさばいてくれます。
スーパーや近所の魚屋さんと比べてもやや高めのお値段ですが、おいしいこともあっていつも売切れると聞いています。また、なじみのお客さんに最近何を買ってもらったかを覚えていて、同じ魚が続かないようにいろんな魚を見繕って持ってきてくれるそうです。

小さなお商売ですが、贔屓にしてくれる家庭を車で回って、確実にお客さんをつかんでいるように思います。

この話を聞いていたので、松本さんが仰る、
>販売網・販売力保有は、単独農家では非常に負担であって殆ど不可能だと思います。
というのは、ちょっと疑問です。
確かに「組織体を形成してその組織力を生かして市場経済関係を超えてしまう」といった方法もあるのでしょうが、まず組織が無ければ市場から脱却できないということでもないと思うのですが。

「魚がいつも売切れるほど人気があるのなら、魚屋さんも、お仲間と一緒に売りにくればよいのに。」
「こうして魚を買う人達がこんなにいるんだったら、お野菜も売りに来て欲しいのに。」

可能性は無限にあり、その実現可能性を次から次へとつないでゆくのが、ネットワークの魅力だと思います。この魚屋さんを中心にした小さなネットワークも、何かのきっかけさえつかめれば、もっと沢山の人のつながりに広がりそうな気さえします。

>実践的には大上段に構える必要はなくて、社会統合を常に視野において試行錯誤しながら可能性のあるところへ進んで行くのが良いのではないでしょうか。(20420 長谷さん)

というスタンスで、行動できるものから行動するのが、実現の近道だと思いました。

小西康雄
スポンサーサイト





にほんブログ村 企業ブログ 農業へ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://gensenkeijiban4.blog.fc2.com/tb.php/111-79696716
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)