FC2ブログ

農村を活性化させる為には?

必要なのは集団間ネットワーク


21407立石裕美さん、21471松本幸二さん、21741小山瑠璃さんの投稿を読んで、「農」を集団課題から社会課題に高めなければならないと思い込んでいた、考えを改めました。

立石さん
>農が社会課題か?どっちでもいいかも。

バッサリと斬られました。確かに、集団課題と社会課題の壁を自分でこしらえて、悩んでいたようです。特に、立石さんの<みんなが生き生きしてたらいいじゃない?>には、「何を悩んでいたんだ俺は…」と思わせる力強さを感じました。また何かあったら、バッサリと斬ってください。トホホ…

松本さん
>農の展望は、集団課題としての捉えて考えた方が、展望が開けるように思われて成りません。

非常に納得できる内容でした。 集権国家のエゴが「農」を社会課題にしてしまった事、そして社会課題として捉えたとたん、展望も見えず、現状の価値体系からも抜け出せないという事。なるほどと感じました。現在「信任関係」を基軸とした、市場を越える「農」のあり方をみなさん議論している中、「農」を社会課題ととらえることは、流れに逆行しているような気がしました。また、松本さんの言う<「農」だけが中心でない集団間のネットワーク化>には、大いに可能性を感じました。これからは、その視点でちょっと「農」を考えてみたいと思います。

小山さん
>「社会」っていう捉え方をした場合、自分の事としてはなかなか考えられなくって、どこか無責任になる傾向もあると思います。

そうですね。「社会」と捉える発想は、もう古いのかな~と感じました。それぞれが責任を持って「農」に携わり、しかし集団内だけの自己満足に終わらないよう、ネットワーク化していけば、「集団課題」のままそれぞれが責任を持って、様々な問題に立ち向かっていけるような気がします。

やはり必要なのは、信任関係に基づくネットワークか…
そのネットワークの輪をどれだけ大きく出来るか。そこに鍵があるような気がします。

ゲン
スポンサーサイト





にほんブログ村 企業ブログ 農業へ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://gensenkeijiban4.blog.fc2.com/tb.php/126-52f21ab7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)