FC2ブログ

農村を活性化させる為には?

食(農業)を通じて安全・環境を考える②


しかし最近このサイトの参加者の方々の建設的な投稿から力を得ている自分を発見した。

食の問題は人間の生存の根幹に関わる物であり絶対に蔑ろに出来ないもの、自分達で再び蘇生させるんだという熱意に溢れる投稿に触れる度、自分の中の弱さを恥じた。そうだ自分に出来る事を捜すことが先決だと頭を切り替えた。

 例えば「自給率が下がれば自分達で作ればいいじゃないか」という意見を読ましていただいて同じノリで「安全と思える農作物を自分達で作ればいいじゃないか」と思うようになった。この「作る」という言葉には、この農作業に従事している農家の人々と交流し消費者として購入したり宣伝(口コミ・ネット)したり販路拡張に協力したりする事も含めれば今日から自分も生産者の一員になれる。最初は価格が割高かも知れないが、生産のコストと思えば納得、なにしろより安全な物に対する投資なのだから。(有機農法に関して)

 又直接生命に危険を及ぼす狂牛病の問題や輸入穀物飼料も問題はまず自分の目で頭で問題の核心を精査する、決して役人のロボット的対応しか出来ない政府やマスコミに踊らされない姿勢で、付け加えると一度そういう姿勢を体得できれば今後どんな問題にも臨機応変に対処出来ると思える⇒逆に言えば今まで人任せ過ぎた自分を反省する好機、そして自分で皆で行動すれば良いのだ。

 そして農薬・化学肥料の水資源の汚染問題や家畜のし尿問題については徒に箱物や道路を造るために費やされていた公共事業の予算を振り向けたり納得いく形での話合いを設け当事者やその自治体(当然付近住民の代表としての)で費用・労力の拠出で解決して行く。まずは取り組むのだ。

 どんな問題(状況が最悪なもの)でも現実を直視し、否定せず、逃げず、考え、行動する姿勢さえあれば、明日はきっと様々な環境・農業問題の「それ」を、「そこ」を突破出来る。サイトに参加することにより自分の中に新たな自分を見つけ出せた今日この頃である。サイトの皆の意見は私を前進させる力なのだ。

田中令三 
スポンサーサイト





にほんブログ村 企業ブログ 農業へ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://gensenkeijiban4.blog.fc2.com/tb.php/127-241e463c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)