FC2ブログ

農村を活性化させる為には?

ヤクルトレディという販売戦略

>「信認関係に基づいた取引」のつくり方を話そう。
>の言い出しっぺとしていくつか提案したいと思います。

私もちょっと考えてみました。
ヤクルトの訪問販売ってありますよね。自動販売機とかスーパーでも売ってるけど、実際社内に売りに来てると買う気になるって人、多くないですか?

あれって、仕事中とはいえ、ちょっと息抜きタイムみたいで和んじゃったり、そこで交わす何気ない会話がお互いの距離を縮めたり、元気な売り子さんが場を明るくしてくれたり、高いものでもなく押し売りみたいにしつこくもないから、企業側もあんまり警戒心ないですよね~。

>「おはようございます。ヤクルトです。」朝のあいさつと笑顔と共に、手から手へとお届けしているヤクルトの乳製品。皆さまにおなじみのヤクルトスタッフによる宅配は、予防医学の普及を目的として生まれたヤクルト独自の販売方法です。ヤクルト商品は、生きた菌の働きでおなかを守る、健腸長寿のための食品です。この科学性に裏付けられたヤクルト商品の良さをお客さまに十分にお伝えするために、宅配方式が採用されました。また、ひとりひとりのお客さまや地域とのふれあいを通 して健康をお届けするため、ヤクルト独自のヤクルトスタッフによる宅配システムが生まれたのです。ヤクルトスタッフのシステムが誕生したのは、昭和38年。女性の社会進出の先駆けでした。(ヤクルト本社HPより)
リンク

今から約40年も前から続く、この販売法。
ヤクルトすご~い!!

だから、野菜の行商といえば路上って感じだけど、企業に行商に行くのって意外といいような気がする。これなら今すぐ実行できるし。(屋上農園にもつながる…かナ?)
もしかして、私が聞いたことないだけで、けっこうあります?(知ってる人いたら教えて下さい)

それに、ヤクルトより野菜の方が需要は高いかも。
まず働いてる女の人にとっては、素直に有り難い。
でもそれより、「買って帰ってあげたら奥さん喜びますよ♪」なんて言ったら男の人でもけっこう買ってくれそうだと思って。スーパー行くのは抵抗あるだろうし、突然サービスするのも照れくさいかもしれないけど、“社内販売”で“有機野菜”売ってたっていうシチュエーションは、手土産の口実になるんじゃないかな~。

西知子
スポンサーサイト





にほんブログ村 企業ブログ 農業へ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://gensenkeijiban4.blog.fc2.com/tb.php/132-510ac19d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)