FC2ブログ

農村を活性化させる為には?

認証はブランド化しない、信用と安全と公開の意思表示で充分。

認証マークは、単なる信用価値・安全価値を越えて、ブランド化(幻想価値化)することがある。認証が生産者自らのものではなく、認証団体という生産者から切り離された主体であれば、生産者の主体性が失われることもある。

 市場経済を前提とするから、ブランド化(幻想価値化)が重要な戦略となる。しかし、今問題とされているのは、生産者と消費者の分断である。その分断を解消する信認ネットワークの構築(関係性の強化)が大きな課題である。これが総意となれば、認証は大きな問題とはならないはずである。最終的には必要ないかもしれない。

> 根本的には、やっぱ農作物の認証は農家にやってほしいから。
> そこで、農作物の認証は、農家が自分達の手でやる。そうすれば、認証料金を出した所で、自分達の集団から出て行かない。

(第三者がやらなければ認証にはならない・・・。しかし、第三者に任せても、その認証がまた問題になる・・・消費者自らが認証できる形に・・・)

 生産者と消費者を直接繋ぐことに寄与するような表示、例えば、生産地や生産者氏名・顔写真を添えれば「信用性」は確保できる。また、有機か減農薬かというような差異がはっきり分からなくても、生産方針をホームページ等に明記していれば、「安全性」は確保できる。もちろん、これらの明記だけでは不充分で、それらをご自分で現地で確認してもいいですよという「公開性」があれば、第三者の認証に値する信認の裏付けとなる。

 認証は、農産物が市場という暗闇を経由し、匿名化するから必要となる。有機農産物の認証も、市場を経由する限り、ブランド化(幻想価値化)に過ぎない。(以前、新しい統合NW板で議論された匿名性の問題が参考になる)

福田尚正
スポンサーサイト





にほんブログ村 企業ブログ 農業へ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://gensenkeijiban4.blog.fc2.com/tb.php/137-0e8320b9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)