FC2ブログ

農村を活性化させる為には?

「産直」に対する評価

現在の産直は何を評価されているのでしょうか?

中間流通過程の効率化による価格競争力の優位性、収穫から消費者の手に届くまでの時間短縮による新鮮な農産物の提供等もその要因としてあるでしょう。
現在、「らでぃっしゅぼーや」「ポラン広場」「自然王国」等、多くの産直ネットワークがありますが、有機栽培や無農薬を売り物にしており、参加している人々の中心的な評価はこの点にあるのではないかと思います。
単に市場ではこの様な食料品が少なく手に入り難いために人々がネットワークに参加しているのではないかということです。



にほんブログ村 企業ブログ 農業へ

安全な食品に対する要求は誰もが持っている基本的な欠乏だと考えます。(無論、店頭でそれらの商品を購入するか否かはコストバランスにもよりますが。)それ故に、市場がそのニーズを吸上げ、商品を揃えれば、消費者の要求は満たされ、ネットワークに参加する動機がなくなってしまいます。
このような関係では、「産直」という新たな流れも、市場における一評価軸に過ぎず、市場取引からの脱却とは呼べないのではないかと考えています。

安全な食品に対する人々の志向は今後高まると思いますが、それが一般化した後の信任関係とはどのようなものなのか?
それを考えることが、信任取引へ移行するために必要だと感じます。

小西康雄
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://gensenkeijiban4.blog.fc2.com/tb.php/14-3ec1955c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)