FC2ブログ

農村を活性化させる為には?

若者の収束先

>若い世代の意識を敏感に感じ取り、「農村」に出来る事は、やはり受け入れ態勢を整える事ではないでしょうか。既存のどちらかというと閉鎖的な「農村」には、彼らは反応してこないと思う。彼らが反応するのは、あくまでも、可能性を模索している人達が作り上げている「農」ではないだろうか?

私も同様に思います。
今、農業就業人口の総数が減少する中で、新規学卒、離職を含めた新規就農者は増加しています。就農ガイドセンターへの就農相談件数も大幅に増え、農への関心も目に見えて高まってきました。
それに比べて農村の受け入れ態勢は、実態上まだまだと言わざるを得ません。個々の農家が、生活と田圃の維持で手一杯というのがほとんどだと思います。

そんな中で、徐々にですが地域活性化や新規参入者受け入れに向けての取り組みも見られるようになりました。その核となっているのは、農家よりも他業種の経験者が中心である事が多いようです。元々自足的な暮らしを続けてきた農村では、その共同体的な地域を越えて広い視野と方法論を持ち合わせることが難しかったのでしょう。また、自ら販売といった、外向きに発信、交信する機会がなかったことも原因だと思います。

自治体の対応もまちまちで、積極的に力を入れている所と、まだまだ保守的、消極的な所とがあるようです。法人や傑出した個人が核になるなど、いくつかのケースが考えられますが、いずれにしろ、農への機運の高まりを敏感に感じ取り、その先を切り拓いてゆく活力のあるところに、若者は集まってくるのではないでしょうか。

馬場真一 
スポンサーサイト





にほんブログ村 企業ブログ 農業へ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://gensenkeijiban4.blog.fc2.com/tb.php/142-057d251d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)