FC2ブログ

農村を活性化させる為には?

食べる側の権利

このところ「安ければ、それでいいのか!?」(コモンズ出版)「あぶない野菜」(めこん出版)をたて続きに読みました。どちらもグローバル化、とりわけ輸入食糧について書いてあるのですが、現代の怪談話だな~と恐ろしくなりました。そしてまた同時に今、自分のしている「農」に対して自信が持ててきました。

「安全」「環境」「関わり」がこれから不可欠になってくるのではないでしょうか?これは「安全」=無農薬、「環境」=化石エネルギーを使わない、「関わり」=直売と、直結的なこれ以外許しませんというものではありません。しかしこの3点を目指すか目指さないかによって大きく違ってくると思います。

農業が工業や衣料と違うのは人が直接口に入れるものを育てているということです。そして先進国と呼ばれている国で日本ほど食べる側の人権が蹂躙されている国もないと思います。

農業が「業」である以上、食べてくれる人がいないことには成り立ちません。そして前述した通り、直接口に入れるものである以上、農家だけの考え方では成り立っていかないよう思います。

人は基本的に保守的だと思います。とりわけ農業がそうだと思います。同じ農業仲間が「安全」「環境」「関わり」を話してもなかなか変わりません。なぜならそれを受け入れる事は今までのやり方が間違っていたと認める事だからです。

しかし生き残りをかけている今だからこそ、食べている側の意見を受け入れる必要は出てきたよう思います。もちろんその方法は双方向である必要はあると思います。

そう考えるとこの会議室で話されている事は非常に有効だと思います。「机上の空論」などと卑下する必要もないと思います。これまで農業というと「食」そのものを介在して成り立っているという考え方でした。

しかしこの会議室で「屋上農園」「観交農園」など農業の新しい可能性を気付かせてもらいました。

ある人が「買い物は投票である」と言ってました。この言葉には色々な意味もあると思いますが、農家だけでなく買う人、食べる人もその意識が必要かと思います。またそこには正しい情報が不可欠かとも思います。


西田栄喜
スポンサーサイト





にほんブログ村 企業ブログ 農業へ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://gensenkeijiban4.blog.fc2.com/tb.php/146-38eda0cc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)