FC2ブログ

農村を活性化させる為には?

農業の時代

私は、お米を作っている農業法人の社長です。今年で、41歳になりますが、就農したのが、24歳ですから、今まで18回お米を作ったことになります。あと、何回、作ることが出来るでしょうか。工業製品のように、毎日作れるものでないので、長生きしても、100回は、お米は作れない。ですから、未だに、米作りは素人です。

 そんな、私ですが、農業は、経営無くして、存続はありえないと考え、法人税を払える会社を目指し、ここ3期ほどは、ようやく税金を納めるまでになりました。この利益が上がるのと、農薬の量は、反比例するところが、面白いのですが、案外、皆、利益を上げよう、沢山とろうとして、結局、農薬代、肥料代、機械代で、利益を失っているんでしょうね。 

 ただ、それでも、自分自身、今の農業に、不安を持つこともありました。しかし、5年ほど前に、ある方に、「今の世の中は、命が危うい時代、すなわち、命に第一次的に、関わる農業の時代、やってくる」と言われ、ハッとしました。

 人が、沢山集まった場所で、「10年前に、携帯電話を持っていた人は、手を挙げて」と言うと、ほとんどいません。じゃあ、「今、持っている人」と言うと、ほとんど挙げます。「では、10年前、それを予想した人」と聞くと、やはり、ほとんどいません。

 私は、「近いうちに、日本に農業の時代が来る」と断言します。それは、例え希望的な気持ちであっても、今、それを思わねば、10年後はありません。ただし、私の性格上、お笑い系百姓として、楽しくやっています。


こーよー
スポンサーサイト





にほんブログ村 企業ブログ 農業へ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://gensenkeijiban4.blog.fc2.com/tb.php/149-502f7265
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)