FC2ブログ

農村を活性化させる為には?

現在の不安は頭を直撃したもの

日本の食物について、感じる漠然とした不安。これは、一言で現すなら「何か大きく変わりつつあるということ」を潜在感覚で気づいているからではないかと思っています。

政治にしても、行政にしても、農業にしても、何か今までの体制が持っていた膿が少しづつ吹き出てきているように思われるのです。

そして、その不安は個人の生存本能を直撃している訳ではなく(生存本能は充足している)、みんなとの関係や社会の体制、そして世の中全体がどうなるのだろうかという頭の中を直撃する不安だとみれます。
だから漠然とした不安となるのです。

でも、ここで止まっていたら、不安は消えないし益々拡大することになると思えます。不安の一つ一つをこの会議室で見つめてゆくことで、頭の中の霧に穴を明けてゆきたいものです。

その一つの穴がコミュニティーの再生に見られるように思います。私の田舎でも市民市場が再生し、農業を営んでいる母親の生きがいにもなっているようです。


橋本正雄
スポンサーサイト





にほんブログ村 企業ブログ 農業へ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://gensenkeijiban4.blog.fc2.com/tb.php/160-edc32099
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)