FC2ブログ

農村を活性化させる為には?

みんなの農!みんなの情報!

独立農家とコミュニティー、独立農家と気軽な農というのは自分の中では相反するものではなくむしろ独立農家だからこそコミュニティーが必要だし、農の楽しさを伝えていけると思っています。

私も気軽な「農」は大切だと思います。というかその為に農家をやっているようなものです。ただ「農業」とするならば気軽に独立できる農業スタイルがこれから必要かなとも思います。

自分の理想とする農家はそれぞれが独立して(規模の大小は問わず)対等な立場でお付き合いする関係です。対等だからこそ良い関係が成り立っていくと思います。

そして真の生活力の観点から見た独立農家は自分の中では小さい農家です。(国の補助での新規就農者への対応は大型化を前提にしているよう思います。)小さいからこそやりたい農が出来たり、本当の意味で顔の見える関係が作れるよう思います。そんな農家が沢山いて、普段はそれぞれ生計を立てていていざとなれば団結する。私自身独立してから本当に人の輪も広がったし、地域の大切さも知りました。

農産物の値段も難しいですが、農業法人で働く、雇うのサラリーの関係ももっと難しいかな、とも思います。そういった意味でも23世紀型経営をしているこーよーさんのようなところはすごいなと思っています。

そして私の未来の理想は誰もかれもが農にたずさわってくれる事です。皆、家庭菜園や屋上菜園などで自然からの贈り物を享受する。そして交換する。それが広がり専業としての農家が成り立たたなくなってくれればと思います。(国内、国外問わず)きっとその時は貨幣経済の終焉だと思うからです。

農と市場経済は相容れないとするならば、農がすすめばすすむほど経済市場主義が弱化していくと思います。そしてコミュニティーが復活していくようにも思います。

そんな観点からも現在の農家は情報や楽しさをもっともっと知らせるべきだと思います。


西田栄喜
スポンサーサイト





にほんブログ村 企業ブログ 農業へ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://gensenkeijiban4.blog.fc2.com/tb.php/161-75bdde03
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)