FC2ブログ

農村を活性化させる為には?

実家周辺の雰囲気から

>従って、もっとも大きな期待は、借地料を高く設定することや、従来の熱心な農家並に非常に行き届いた管理を徹底することでもなく、それほど充足感の得られない親和にだらだらとつき合うことでもない。<

私の実家は、大きい町でもなく、かといって、村落共同体の色が残っているほど、人口が少なくて、小さい「村」でもありません。でも、昔から、年に何回かは地域のお祭りがあり、大人も子どもも参加します。今でもそれを継続していますし、お正月の元旦も、早朝から地域の「組合」で新年会を行い、挨拶を交わします。男の人たちは、「無尽」(相互扶助の金融システム?)を続けて、毎月飲み会を開いています。地域の交流が、まだ続いているのです。 でも、誰も、本当にそこから充足を得ているようには見えていません。「参加しないといけないから・・・」「ずっと続いていることだから・・・」「協力しないと村八分になるから・・・」そんな後ろ向きの理由からの参加がほとんどだと思っていました。

でもそうなってしまったのは、みんな共有できる課題がなくなっていたんですね。
昔は、10軒あるうちの「組合」も、私の家以外はみんな農家でした。
子どもの頃、おじさんたちが楽しそうに集まっては飲んでいたのを憶えています。
でも、最近では1軒以外みな、田んぼや畑をアパートや駐車場にしてしまい、農業はやっていないようです。

お金が定期的に入る地主になったおじさんたちが、最近元気をなくしたと思ったのは、歳のせいだと今まで思っていたんですが、やっぱり、「課題」、特に、「みんなで共有できる課題」を失った、というのが一番大きかったのかも知れません。

今、みんなで寄り合っても、そう充足が得られるわけでもない。でも、みんな集ってお酒を飲みたがっている。これからどう進んでいったらいいか分からずに、だらだらと昔ながらの関係を続けている、といった感じです。

>何か協働できる課題が欲しい、みんなで面白いことをしたいという意識が顕在、潜在は人によってちがうにしろ確実にあります。 <

そうですね、今でもみんなで集うのは、やっぱり地域の仲間で協働できる課題が欲しいという思いが潜在的にあるのでしょう。

>協働できる課題を出して、企画立案し、先頭に立って旗を振って実現していくこと、さらに進んでいけば、今までの歴史の積み重ねの上に新たなコミュニティー、規範をつくり上げていくことだと思います。 <

この言葉に、大きな期待を抱きました。若い人は(私もその一人ですが)家から出て行ってしまいつつある今、地元以外の人であっても、リーダーシップをとる人に反感を買う人はもう少ないのかも知れません。ひと昔前は、「よそ者」による企画立案の実現なんて不可能って感じもしましたが、今はそんな気をさせません。新たなコミュニティー、新たな規範が共認されてゆけばいいんですね。

そこへ連れていってくれそうなのは、やはり「農」が可能性大きいなあと思います。



田中道世
スポンサーサイト





にほんブログ村 企業ブログ 農業へ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://gensenkeijiban4.blog.fc2.com/tb.php/166-3b2101da
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)