FC2ブログ

農村を活性化させる為には?

対象は人

>とにかく、何が言いたいのかというと、何も農村に「農」で体当たりするのではなく、「農村」の持つ欠乏を、うまく消化してあげるような方向からアプローチしていった方が信認関係作りには有効なのではないか?ということです。

農村に移り住んで日が浅いのですが、私の所にも農に限らず頼まれごとや相談を受けることがよくあります。生え抜きの農業者でない代わりに、その他の分野についての期待も少なからず持たれているようです。平賀さんの言われるとおり、農に限定することなく、広く関係を築いてゆくべきだし、その方が実際の期待にも応えられると思います。

また、先日医師の方がうちの農園の見学に来られました。医食同源もさることながら、より広く社会を見渡した上で、協働できることはないか模索されていました。

>そして、その不安は個人の生存本能を直撃している訳ではなく(生存本能は充足している)、みんなとの関係や社会の体制、そして世の中全体がどうなるのだろうかという頭の中を直撃する不安だとみれます。(25972橋本さん)

これから始める農の対象は「自然」ではなく「人」なのだと思います。
その意味でも、農を母胎として、より広範な期待に応えてゆくこと、その中で広く認識を共にしてゆく事が求められていると思います。認識を共有出来ればこそ、より具体的な協働の課題にも繋がってゆくのではないでしょうか。

馬場真一 
スポンサーサイト





にほんブログ村 企業ブログ 農業へ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://gensenkeijiban4.blog.fc2.com/tb.php/168-89569083
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)