FC2ブログ

農村を活性化させる為には?

活力のある場(人)に、みんなは集まる。

>農村=農業という固定観念を一旦取り払って、活力ある人を結集できる可能性のある場の1つとして捉えると、大きな展望が開けます。

農村というものを考えてみたとき、その自然の豊かさや、あるいは人とのつながりなどの点で、農村の持つ潜在的な可能性というものは、かなり大きいのではないかと考えています。そのために、昨今、都市で充足しきれない、あるいは新たな可能性を求めて農村へ向かうといった現象が徐々に顕在化しているのだと考えています。人々の潜在思念下で農村は明らかに可能性のある場として映っている。

しかし現状では、「農村」は魅力的な場になりきれてない現実もある。それはなぜか?そこに暮らす人たちの旧態依然とした態度にその原因があるとも思えるし、何より人が出て行ってしまっている(幻想を追い求めて)為、必然的に場としての活力は衰退していく。

言ってみたら、先端意識と、旧態意識が混濁しているのが、現在の農村の状況であると考える。過渡期なんだなと思う。そこで、やはり必要になってくるのは、旧態意識を包括し、そして先端意識と統合するための軸であると思う。この統合軸がしっかりとし、農村という場を新たなパラダイムで形成することが可能になれば、きっと農村は、魅力ある場になる。そして活力ある人たちが自然と集まってくる。そう考える。
スポンサーサイト





にほんブログ村 企業ブログ 農業へ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://gensenkeijiban4.blog.fc2.com/tb.php/171-03192ea7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)