FC2ブログ

農村を活性化させる為には?

地域と社会統合のネットワーク的編成



にほんブログ村 企業ブログ 農業へ

農村の課題共有にネットを利用する考えに賛成です。

私達はいつもテレビや新聞などの記事で、農業の情報を受け取っています。昨日の新聞でも、3年前に神奈川に畑を借りて就農してナス、ピーマンの栽培を始めた24歳の若者の記事が出ていましたが、記事は短くて「もう一歩知りたい。」と思うところで、別の、就農準備校の話しになって、編集されていました。 もう少し知りたいけれど、電話をしてまで聞くのはちょっと勇気がいります。
こういうところは、マスコミとは全く違う、ネットの共認構造を活かしたいところです。

>特定の地域を対象にしたところから出発し、試行過程を組み込みながら、より本質的な追求に向かっていければ、・・・

という提起ですが、地域課題と普遍的課題の関係は、まさにこの会議室のような「ネットワーク的編成」がピッタリくるのではないでしょうか?

「地域版」「水系別版」「農法別版」などが、「中央版」「全国版」と平行して作られていくような構成です。水系版なら水不足状況、地域版なら微気象レベルの細かい天気予報もできるかもしれません。有機農法の共通した話題を投稿するとか・・・
地域は既存の行政区域に限らなくてもいいと思います。むしろその方が新しい共認域が形成できる可能性があります。
意外と農村は、ネット生活、ネット社会が適した場かもしれない。

田村正道
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://gensenkeijiban4.blog.fc2.com/tb.php/173-6d101084
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)