FC2ブログ

農村を活性化させる為には?

私の知っている地域リーダー

>元々、日本の共同体的組織、集団のリーダーは、最初から「俺が、俺が」とか、「俺について来い」と言うような、最初にリーダーありき的なタイプではなく、皆で活動していく中で自然と期待が集まって、収束していく人(リーダー)が決まるということだったのだと思います。

 その通りです!私が学生の頃出入りしていた集落でもそうでした。ジャイアンのような「俺について来い」的な人(ジャイアンといっても40代ですが)は、若者には人気がありましたが、集落全体から信頼を集めていたの人は、もっと控えめでまさに人徳があるという感じの人でした。リーダーとして集落の共認の基に「選ばれた」って人でした。実際頼りになったし、仕事(バラ作り)そっちのけで私の研究に付き合ってくれました。
 でもこういう存在はまれだと思います。その集落は特に他の市町村の同様な農村集落に比べても、とりわけ仲の良い(共認形成されている)集落でした。他では少なくとも世代の断絶があったり、共同体制(青年団や消防団の消滅などなど)の崩壊が見られました。

> これからの地域のリーダーは、地域の課題期待に応える、皆が共認する存在として生まれて来る必要がありますが、地域ネットでの議論や活動の中から新たに生まれて来る可能性は大いにあると感じますし、地元出身者に限らないと思います。

 これにも共感。私の秋田出身の友人は、郷里で就職をしたかったけれど思うような職がなく、大阪で働いているのですが、出身地域のまちづくりに携わりたいという夢が捨てられず、ネットを駆使して地元の意見交換サイトを発見し、地域のまちづくりについて日々議論しているそうです。地域づくりは地域に生活しているものがするのが望ましいと思っていますが、やむをえない事情の人もいるわけで、そういう場合ネットって有効に活用できますよね。
 それから地域外の人がリーダーになるような可能性もすごく高いと思います。山形県の寒河江というところで、役所主催の地域づくり会議に出席していたときも、有閑主婦がサークルを作ってまちづくりに取り組んでいましたが、他県から嫁いで来た人が参加して、活発に活動していて驚きました。わざわざ外部から来て生活はじめる人のほうが、地域に対する情熱が強いし、地域に対して客観的な評価ができるから、リーダーにむいてるかもしれないですね。

山崎許子
スポンサーサイト





にほんブログ村 企業ブログ 農業へ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://gensenkeijiban4.blog.fc2.com/tb.php/176-4e82cf55
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)