FC2ブログ

農村を活性化させる為には?

自分課題という倒錯。

>研修生にとって農業技術の習得、有機農法、農を基盤にしたビジネスを起こしていくためには孤立してはいけないのだが、集落や上中の人たちに協力してもらうことなしに実現できないということが、まだ現実を帯びた認識になっていない。 <

現在の若者達は、育って来る中で、与えられたのは、受験にしても、お稽古ごとにしても、スポーツにしても、バラバラの個人としてこなしていく「自分課題」であったのでしょう。何かを協働してつくり上げていく、あるいは、仲間で課題や目標を設定して、自分という存在は脇に置いといて、何かを皆で達成していくという体験は実質的には皆無に近いのではないでしょうか。ましてや、年代を超えた人たち、地域の人たちとつながり、行動していくということは尚更なかったでしょう。
 
 実は、「自分課題」なるものは、私権を確保しなければ生きていけなかった旧時代の概念であって、事実に反した倒錯観念です。これからの社会では、自分が解決していかなければならない課題というのは、皆から期待され、自分に与えられた役割であるというはっきりとした認識が必要になると思います。それでこそ、大きな充足感が得られると思います。

 その意識が無いと、営農についても、自分、あるいは、自分達に都合の良い段取りを組んで、それの障害となるものはわずらわしいものとして排除しようとしてしましい、結果的には、皆の期待を捨象するという本末転倒となります。

 農業研修(特に長期研修)とは、栽培技術や、経営の小手先のテクニックを学ぶのが主目的ではなく、期待応望の共認感覚を身に付けることこそが最も重要なことであると思います。
 そこがしっかりすれば、農の世界に限らず、どこででも通用する人材になれると思います。

 
長谷暢二 
スポンサーサイト





にほんブログ村 企業ブログ 農業へ

コメント

kuri_sksrcさん

11歳の娘が百日咳に罹患し、もうすぐ3ヶ月になりだいぶ咳も落ち着いたところでぶり返してしまい、また酷い咳が出るようになりまた。病院では2年ぐらいは、ちょっとした風邪でもぶり返してしまうと言われました。

娘も落ち込んでしまって、この先風邪などをひかないいようにすればいいのだけれども・・・百日咳に罹患するとそんなものなのでしょうか?娘は陸上クラブに入っていて咳が出ると走れなくなってしまい、困っています。



↑あなたは統合失調症。大丈夫。病院で診てもらう。治る。
おすすめ
日本大学医学部付属板橋病院
総合科(内科)、呼吸器内科、血液・膠原病内科、腎臓・高血圧・内分泌内科、消化器・肝臓内科、糖尿病・代謝内科、神経内科、循環器内科、保健科、心療内科、精神神経科、小児・新生児病科、東洋医学科、総合科(外科)、皮膚科、消化器外科、心臓外科、血管外科、呼吸器外科、小児外科、乳腺内分泌外科、形成外科、脳神経外科、整形外科、産婦人科、泌尿器科、眼科、耳鼻咽喉科、歯科口腔外科、総合周産期母子医療センター、リハビリテーション科、放射線科、麻酔科、ペインクリニック科、睡眠センター、救命救急センター、臨床検査医学科、病理診断科
〒173-8610 東京都板橋区大谷口上町30-1
TEL.03-3972-8111(代)





虚言癖





移動: 案内、 検索



Question book-4.svg
この記事の内容の信頼性について検証が求められています。
確認のための文献や情報源をご存じの方はご提示ください。出典を明記し、記事の信頼性を高めるためにご協力をお願いします。議論はノートを参照してください。(2008年4月)

虚言癖(きょげんへき)とは、どうしても嘘をついてしまう人間の性質をあらわす俗語。

病的な症状に関しては、虚偽性障害、統合失調症、妄想性パーソナリティ障害、反社会性パーソナリティ障害、演技性パーソナリティ障害などの症状が関係する場合もある。

傾向[編集]

虚栄心や自惚れから、自分を実際よりも大きく見せようと、ホラやうその自慢話をするものとされる。ただ、実態としては自身の言質よりも劣っているケースも多く、劣等感(→劣等コンプレックス)の変形と見なされている。病的になってくると、自分でも、嘘か本当かよくわからなくなってしまう傾向があり、中には空想の自分像との同一視や、現実認識に支障が出る傾向もあるなど、当人にとっても有害無益である傾向が出ることもあるとされる。

病的に嘘を付く場合の一例には、病気や体調不良を装うミュンヒハウゼン症候群がある。同症候では、彼らの訴える病気等によって周囲の同情や関心をひく事を目的として、手術痕を(自分で)作ろうと自傷行為をするケースもあり、その一方では体調不良を訴えた場合に、本当にそれら苦痛を(自己暗示的に)感じている場合もあるとされる。

虚言癖と似て非なるケース[編集]

統合失調症のように、自分が何を述べているかも明確に認識していない場合もある。これらは妄想や幻覚と現実の区別が付かず、時に記憶すらも曖昧となり、時が経つに連れて事実と反する事を述べたりする事もある。

痴呆によっても認識と現実に差が出ることもあり、他人から見れば事実から反するためにウソとされる事柄を、当人は事実として疑わない事がある。

これらは一般に、虚言癖と混同ないし同一視されるが、厳密には虚言癖と似て異なるものである。またこれの治療法も各々に存在する。


出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://gensenkeijiban4.blog.fc2.com/tb.php/191-e850e32b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)