FC2ブログ

農村を活性化させる為には?

生産者と消費者の分断を越える「社会の当事者」の立場

>社会を構成する当事者として現実を見つめる中で、このことに気づき、その考えを広げていくことが本当の環境配慮の第一歩だと思います。

この投稿を読み、環境問題のような社会不全に対して「社会の当事者」という立場が大変重要であると理解しました。

この会議室では、農業が市場に組みこまれ「生産者」と「消費者」が分断されている事により、農業が本来もつ統合感、充足感が失われている問題や、食ベ物としての安全性が失われている問題が指摘されています。 また消費者という立場については、「消費の自由」の名の元に必ずしも必要でない物が大量に消費されており、この過剰消費が環境破壊の直接的な原因である事が指摘されています。 環境をめぐる様々な運動や技術開発もこの分断を引きずり、それぞれの立場を抜け出ることができません。

消費者は生産にかかわらない立場に立ち、自らの過剰消費の問題を棚上げした上で企業に対しては、生産時に発生するエネルギー消費や有害物質の発生についての批判だけの立場です。
一方の生産者は市場で生き抜く事を命題としている以上、消費者からの環境破壊批判をかわす為に「地球に優しい企業」である事をでっち上げてでも示す事情があると思います。 

しかし、このままでは生産者と消費者のそれぞれの事情があるだけで、社会不全は解消されません。 「地球にやさしいという欺瞞」(36564)を、生産者と消費者が共に喜んで受け入れる理由はこのあたりにありそうです。

私達には、生産者の立場か、消費者の立場しかないのでしょうか?

ここで、「社会の当事者」という立場が決定的に重要である事がわかります。 
気が付けば当たり前の事かもしれませんが、私達はまず「社会の当事者」であって、この立場で問題を発掘し、考え合い、振るまう事が原点で、その一部として「モノづくり」と「消費」があるのではないでしょうか? 

私達がこれまで社会の当事者の立場で考えなかったのは、「社会というものは一部の人が運営すれば足りる」と思い込んでいたからに過ぎません。しかし、実際は環境問題ひとつとっても一部の運営者でコントロールできるものではなかった。 
替わって、ここに誰もが社会認識を形成できる実現論と場があり、万人に社会の当事者としての立場が拓かれました。 ここでは消費者と生産者を越えた社会そのものを対象として認識形成が可能なのです。
そして、社会の当事者にとっては社会を直視する事が全てで、ここでは「欺瞞」は全く必要ない事がわかります。

田村正道
スポンサーサイト





にほんブログ村 企業ブログ 農業へ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://gensenkeijiban4.blog.fc2.com/tb.php/197-c16d06f9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)