FC2ブログ

農村を活性化させる為には?

「農」も認識形成への入り口の1つに過ぎない。

>また、地域の生産者とネットワークを形成する、或いは、消費者とネットワークを形成する、にしても、まず、「認識や答えの提示」とそれらに対する意見交換⇒共認形成・認識形成が最初の課題なのだと思います。


 現在、若者の「農」への収束が、本源的な潮流を表す具体的事象として、この会議室でもプラス評価を伴ってとり上げられています。

 それは、新しい時代の可能性の萌芽であることは、確かでしょう。しかし、丸一さんが仰るように、根本問題である社会不全に対する「認識や答えの提示」がないままに、「農」的なものに収束することや、産消間のネットワークを形成することは、問題を矮小化し、せっかくの可能性の萌芽を代償充足という檻に閉じ込めてしまうことになると思います。

 そうならないためには、「農」も認識形成への入り口の1つに過ぎないこと、そして、新しい認識=社会不全に対する答え の無い活動、営みは、ニセモノであるという明確な共認形成が必要です。

 そして、現在、頭の先っぽの観念ではなく、潜在思念レベルで「農」に可能性を感じて、興味を持ったり、実際にやってみようとする人達は、実は、本人達は顕在意識化していないでしょうが、答え欠乏が大きい人達であり、「認識形成」に近い層の1つではないでしょうか。

長谷暢二
スポンサーサイト





にほんブログ村 企業ブログ 農業へ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://gensenkeijiban4.blog.fc2.com/tb.php/199-44c62663
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)