FC2ブログ

農村を活性化させる為には?

中身がない、社会運動。

親父の体験。
「まちづくり」ということでなんとなく人は集まる。
実際、僕の故郷は過疎化が進んでいることもあって、危機感をもった人達が54名があつまった。いろんな夢が出てくる。

なにをするにしても、軍資金がいるということで
親父がけっこうな額の補助金の獲得に成功した。

結果はどうだったか。
誰も、その補助金の使い方がわからない。することがない。
膨らんでいたのは夢だけで、それは無責任な幻想だった。
夢を達成するために親父が勝ち取ってきた軍資金。
夢の実現に入ったとたん、みんな足を洗い、やめていった。
残ったのはたった4人。
夢を語ることはできても、その実現段階に入るや否やみな反転。

まちづくりにせよ、どんな運動にせよ
中身がないことが一番の問題だと、本当にそう思う。
「まず人ありき」「集落営農・地産地消が地域活性化を促す」
とにかく全部嘘なんだと、幻想なんだと頭の中で大きく×印をつけてから事に取り組む。親父は熱く語ってくれました。

佐々木健二
スポンサーサイト





にほんブログ村 企業ブログ 農業へ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://gensenkeijiban4.blog.fc2.com/tb.php/200-ede9631d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)