FC2ブログ

農村を活性化させる為には?

「農業」の持つ可能性は脱私権の可能性

>そして、農業のように生活と生産が密接に絡み合っている場こそ、……

 私もふと疑問に感じたのですが、「農業」は生活と生産が密接に絡み合っている場なのでしょうか。今日の農業は、他の職業と同じように、モノを生産し流通させている、そういう仕事のひとつにすぎないように感じています。
 生活と生産が絡み合う場ということは、つまり闘争課題と生殖課題を包摂する集団を形成しているということだと思うのですが、今日の「農業」(農家)がそれを具現化しているとは言い切れないと思っています。

>“闘争の場(職場)と生殖の場(家庭)が分断されてしまった”事が問題ならば、それらを包摂した集団を自分達の手で作る動きが出て来ても良いように思える。
しかし、時代潮流は岡田氏がで洞察されているように、集団の本源化には向かわず、私権集団から離脱→社会収束に向かっている。

 さらに、言われているように、人々の意識は実は本源集団の再生に直接向かっていないとしたら、農業が特別な可能性を持っているということは、幻想なのかもしれません。ただ、農業という仕事は、人にとって欠くことのできない食物を生産する仕事なわけで、仮に市場が完全に崩壊したとしても、確実に生き残る可能性があります。そういう、脱私権の可能性こそ、他の産業にはなく「農業」が唯一持っている可能性ではないでしょうか。

山崎許子
スポンサーサイト





にほんブログ村 企業ブログ 農業へ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://gensenkeijiban4.blog.fc2.com/tb.php/208-3f90a435
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)