FC2ブログ

農村を活性化させる為には?

「市場を超える」とはどういうことか?

「市場を超える」「脱市場」などのキーワードが以前から使われてきたが、皆さんの投稿を読んでいても、様々な意味合いで使われているように感じた。中でも、市場とは別の空間に評価の場が作られるべしというニュアンスの意見には、違和感を覚えた。

端的に言って、現時点で「市場を超える」とは、「市場で勝ち抜いていく」ことに他ならないと思う。市場は縮小過程に入った、或いは市場に対する不信感が強くなっているとは言え、現在も私たちは市場競争の真っ只中にいるのは事実であり、市場の評価指標(=お金)に基づく評価を獲得する以外に、評価獲得の道は無い。(参照35273「新しい『場』は、古い評価指標の洗礼を受けて、はじめて顕在化する」)

問題は、市場で勝ち抜いてくために何が求められているのか、ということなのではないだろうか。それは、何の根拠も無い、気まぐれな「市場の声」(参照42673)に耳を傾けることではなく、その背後にある人々の意識や期待に応えていくことなのだと思う。そして、人々のより普遍的な期待に応えるものが勝ち抜いていくことによって、次第に「市場の声」はかき消され、市場は、純粋に期待と応望による取引の場に替わっていくのだと思う。これが「市場を超える」ということではないだろうか。

そして、市場の背後から「必要か否か」という基底的な判断の土俵が姿を現し、今やあらゆるものがその上に載せられるようになった。農作物も同様であろう。その判断の土俵上においては、人々がそこにお金を使うかどうかが、それが必要とされているかどうかを計るモノサシになる(参照33821)。であるならば、馬場さんの仰るように(45253)、必要性を軸に考えることに可能性を感じる。

小松由布樹
スポンサーサイト





にほんブログ村 企業ブログ 農業へ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://gensenkeijiban4.blog.fc2.com/tb.php/217-62fb4d22
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)