FC2ブログ

農村を活性化させる為には?

やってほしい事を発信する、必要性。

>統合欠乏から生ずる皆の声を積み重ねて行く事が最も重要47757

常々、農業で何か面白い事ができないかと考えています。
農業への絶対視⇒タコツボ化や、問題意識発の発想ではなく、農業を上手く利用して何かできないかと思っています。(40488、37409)
モデルとなりそうな発想で思いついたのが、地域サロン。(43387)

---地域サロンとは…-----------------------------------------
認識充足が得られる社会空間への欠乏が高まっていますが、大半の喫茶店は明確な欠乏としてキャッチしていません。
そこで、認識営業の必要性に気付いた層(≒るいネット読者)が、喫茶店にその欠乏を伝え、それに応えてくれた喫茶店を地域サロンとする。読者も店も、双方共にプラスを与える事になります。
------------------------------------------------------------

何か面白い事をするには、共認域を広げる事が必要。だから、

1:農家(or農業)のファンになる。
 地域サロンと同様に、農家にやってほしい事を発信し、それを実現してくれた農家のファンになれば両者ともに嬉しい。またそうなれば、生産者vs.消費者という構造から、(真の意味で)脱せると思う。

2:ファンを増やす。
 やって欲しい事を発信し、それが『社会不全⇒みんな期待』にマッチした要望だったら、それは農業無関心層の心にも響くはず。47559
そうすれば、消費者要求への迎合orパイ(安全に価値を置いている人)の奪い合いに終止している現状から脱せると思う。

地域サロンの場合と同じく、農業者にやって欲しい事を積極的に発信していく事が、農家へのなによりの応援になると思います。
その意味で、地域サロンの農業版(47168)も面白いと思いました。
その他、地域サロン的な発想を、考えれば考えた分だけ、農業という分野は面白くなっていくのではないでしょうか。

佐々木健二
スポンサーサイト





にほんブログ村 企業ブログ 農業へ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://gensenkeijiban4.blog.fc2.com/tb.php/221-9dc55f9c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)