FC2ブログ

農村を活性化させる為には?

今、地域や土地を越えた社会統合が求められている。

>たとえば環境問題に関して、私はどうしても傍観的にしか考えることができなかった。自分の身近なところに存在しているとは思えないのである。なぜか?それは私が「土地に根ざしていない」からではないかと考えるようになった。 <

>私権統合によって生じる諸問題を考えるとき、「土地に根ざした」という発想が必要になるのではないだろうか。<

 環境問題に限らず、現在の社会的な問題(不全)は、感覚機能だけでは本質を感知できないもので、観念による事実共認が不可欠の対象です。
 ところが、その観念が私権時代につくり上げられた旧観念であるために現実を打開する力に全くなって来なかったのがこれまでです。

 従って、事実共認にもとづく新しい社会統合システムをつくることが、先決です。

 傍観的になる原因は、私権時代には社会統合過程に素人(みんな)が参加できるシステムになっていなかったことです。その旧い意識から脱却する必要があります。

 ところが、そのことを見落として、「土地に根ざす」ことで問題を身近なものとして感じとれるにしようとするのは、一見良さそうで、実は、問題の本質を見えなくしてしまうことになります。
 問題解決とは逆ベクトルで、旧私権システムに絡め取られ、その延命に手を貸すことにしかならないのではないでしょうか。


 今や、地域や土地、単位集団の有りように拘るより、まずは、新しい社会統合を実現することが先決で、そこから地域や集団の有りようが規定されて行くと思います。

 「土地に根ざす」必要などないと思います。それは、本源風の価値観念に過ぎないのではないでしょうか。

長谷暢二
スポンサーサイト





にほんブログ村 企業ブログ 農業へ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://gensenkeijiban4.blog.fc2.com/tb.php/226-feff03fd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)