FC2ブログ

農村を活性化させる為には?

信頼をキーワードとした農業の、たくさんの可能性。

 大学の講義内の学生の研究発表で、「地域住民参加型農業」について発表している学生がいました。引き出しの少ない私はそんな農業があることをそのとき初めて知って、「なんて新しくて可能性を秘めている農業なんだろう!」と思ったので、少しそれについて私も紹介したいと思います。

「地域住民参加型農業」とは、できた農産物に対して消費者がお金を払うのではなく、先に地域の住民が資金を寄付し、そのお金で農家が作物を作り、収穫したらそれを寄付してくれた住民に配るという形をとる農業だそうです。現在はアメリカで導入している地域があるそうです。

この農業の利点として素晴らしいなあと感じたことを以下にあげます。

・消費者と生産者の間の関係を今までよりぐっと近いものにできる。
            
             具体的に言うと↓   

・消費者が寄付する段階で、生産する人の顔が見れるので、消費者がより安心できる。

・農家の人は、信頼関係がないと寄付をもらえないことになるから、よ り地域住民の声に耳を傾け、反応を見て、より住民の期待に応えられるような作物を作るように、より努力するようになる。(例えば無農薬野菜か大量生産か、どちらにウェイトを置くか、など。)

・農家の人が地域の人の期待にに応えられたとき、反応が直であると考えられるので、周辺地域の人々との信頼関係も強くなるとともに、「頼られてる!」といった仕事に対する誇りと、活力を生むことができる。

・地域住民も寄付した分、農家の人がたくさん収穫できるように、周辺 環境により注意するようになり、生産者に協力的になる。
(天候悪化が原因は仕方がないが、人が改善できると思われる原因に、地域で対処しようという気持ちが高まる。例えば、周辺工場の流出物などによる土壌の富栄養化など)
 また、少しでも自然の天候による外圧に対抗しようとし、温暖化による気候の変異などをより意識し、行動するようになる。今まで行われてきた、「いわゆる環境保全運動」を、漠然とした形ではなく、今までより身につまされた形で実行するようになる。

・人員不足だったら、消費者が進んで手伝うようになるかもしれないし、例えばその役割が忙しい大人にかわって、消費者の学校帰りの子供たちになったら、教育の面でも最近取り上げられている問題の大きな改善策につながる。

・いままで一番お金を払われるべき価値のある働きをしているのにかかわらず、収入が少ない農家の人が、天候悪化などが原因の不作などで貧乏になる恐れがない。

・もし天候悪化で消費者が損失を受けても、本当に天候悪化で損失を受けたか否か、その地域にすんでいる消費者全てが証人であるし、今までその損失を全部ひとつひとつの農家が背負っていたことを思えば消費者は文句は言えない。(それだけ食物をつくる難しさ、食物のありがたさを実感できる。本当に価値のあるものは何なのかが実感できる。)
・(というか天候悪化で損失があるだろうことを考えて投資をすることにこそ、信頼関係に重きをおいたこの農業形態において意味のあることであり、農家の活力、地域の活力を高めるのに重要である。)

 以上、聞いた話に私の理想もまぜて、つらつら述べてみました。私自身その農業のことを少し聞いただけで、体験してみたわけではなく、現実には問題点が多々あると思いますが、以上の利点だけでも今の社会のしくみを見直し、社会における農の価値を、本来の重さに転換するためのヒントがたくさん含まれているような気がします。
--------------------------------
>日本ではいま欲しいものを探すことが難しいほど飽和しています。全てのものの評価が下がって底無しのデフレです。だからこそ、「市場原理ぬき」で実質価値が問われるように転換できる可能性がある<

>実質価値とは、これまでも会議室で話されたように、栄養価だけでなく信用や感謝といった心の充足を伴う農あるいは食といったものであろうと思います。<           
--------------------------------
 そう思います。本当にお金を払うべきなのは、実質価値があるのにも関わらず、今まで安い値段をつけられていた農作物、それを作るために費やした農家の方の労力なのだろうと思います。「不作になるかもしれない食べ物にそんなにお金をかけるなんて・・。」というのではなく、「気候が悪化したからってなんだ、食物にはそれでもお金をかける価値がある!」と、皆が認識転換できるほど、農に重きをおいた社会構造を構築できたら、なんだかいろんな意味で素敵な社会になるかも、と思いました。 

武田瑞紀
スポンサーサイト





にほんブログ村 企業ブログ 農業へ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://gensenkeijiban4.blog.fc2.com/tb.php/229-f5c5fe0e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)