FC2ブログ

農村を活性化させる為には?

新農(業?村?民?)共同体の創造と生産基盤の共有

>今まで、人や暮らしに関する研究や対策を日本の農学・農政はしてこなかった。専ら農産物を生産効率よく作ることなどが農学・農政であるという生産性を重視する偏ったイデオロギーの中で、日本の食と農は立ち往生している。
>これからは、「農」と食・住・遊・教育・地域などが融合した、新しい生産方法を考えていかなければならない。

>活力源が、私権から「人の役に立ちたい」「役に立つのが嬉しい」に転換した今、みんながみんなの為に働く共同体社会実現の為の仕組みが、求められているように思われる。

私自身も農業に従事しながら、具体的な農業生産行為自体が、みんなの役に立っている、社会の役に立っているという実感は少ない。
実際は、食糧を生産している訳だし、環境負荷低減という観点で農薬・化学肥料を減らす工夫をし、地元の遊休農地を使っているので、農地保全に繋がっているし、又、周囲の皆さんに何らかの活力や刺激を与えている、だから、少しは役に立っているとは思う。
しかし、これらが本質的な”解答”や”展望・可能性”あるいは”みんな期待に応える事”には繋がっていない事も明白であると思う。
(同じように若いインターンシップ生や研修生、就農希望者達にも農業の現実と展望そして、実際の農作業体験を指導しているが、本質的な解答を与えられずにいる・・・。)

では、農業生産の現場からできる本当に人の役に立つ、社会の役に立つような新しい方法は何なのか?
それは、統合板で議論されているように、企業の共同体化が潜在的なみんな期待であるように、農業や農村自体を共同体に変えていく事が潜在的なみんな期待の中身であるように思う。
又、「国の借金700兆~」の議論の中で出てきたように、現代のサラリーマン(労働者)は生産基盤を持たない根無し草であって、だから、年金が必要になる、しかし、農民は、老人になっても生産基盤があって、周りの期待に応えられる・・・という農業の持っている特徴もある。

その為には、企業が経営者の私有物でなく、成員みんなの物であるのと同様に、農地や山林、農村全体を共同体、或いは社会全体の共有物にしなくてはならないし、又、同時に、これらを守り、育てていく共同体の成員を募らなければならない。

今、考えられる、農業に対するみんな期待の中身はこのような事だと思う。

丸一浩
スポンサーサイト





にほんブログ村 企業ブログ 農業へ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://gensenkeijiban4.blog.fc2.com/tb.php/239-6247d3b5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)