FC2ブログ

農村を活性化させる為には?

社会と繋がれる農業だったらいい。

>幻想期待と当事者意識の関係がどうなっているのか、もう少し掘り下げてみてゆく必要を感じます。

先日、農業をされている方と話す機会があり、インターンシップの学生について伺うことが出来ました。その中でとても意外に感じたのは、研修終了後に再び訪れてくれる学生がいないという実態があることでした。確かに学生の期待と、農業従事者との間に何かズレがあるのかもしれません。

>農業の現場に来ても、農業技術のことが最も知りたいことではなく、みんな何を考えて、これから、どういう方向へ進もうとしているのかに興味がある。しかも、農業という1つの分野の中での話ではなく、社会の中での位置付けとして。
農業インターンシップを経験にする学生も、答え探索の一端として農業体験をするのだと思います。農業インターンシップを体験した学生の感想の中で、それを示すものがいくつもありました。

>社会勉強の一環として参加
>農業の知識は大学の講義とテレビや本などで得たものしかなく、実際どうなのか知りたい
>色々な人と出会い、仕事や日常・人生の話をしているうちに、狭かった私の世界が大きく広がっていくのが実感でき、本当に毎日感動してばかりでした。本当によい社会勉強になりました
>人間が人間らしく生きていく上で必要不可欠なものを農業は兼ね備えている
>今回のインターンシップで更に勉強の意欲が増しました

答え探索の潮流においては、「みんなどうなの?」「事実・実態はどうなってるの?」「本来はどうあるべきなの?」という意識が溢れていると思います。だから、農業を通して社会がわかる社会と繋がれる、そんな人と社会を繋ぐ媒体でなければ意味が無いんだと思います。これが学生の期待では?
そして、現状その農家にはその機能が充分に果たせていないから、再び訪れてくれる学生も少ないんだと思います。これがズレなのかしら?

>単一の農家の枠を超えた地域,知域の広がり感は媒体に欠かせないということなのだろうか。

まさに、これが社会とつながっているということなんだと思います。
農業が媒体であるならば、より社会と繋がれる、そんな可能性を示していかなければならないんだと思います。

山崎許子 
スポンサーサイト





にほんブログ村 企業ブログ 農業へ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://gensenkeijiban4.blog.fc2.com/tb.php/249-d499b951
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)