FC2ブログ

農村を活性化させる為には?

就農定住の研修生募集をどうするか?

>必要意識⇒課題意識には、不全発と可能性発の二通りある!

定年帰農など中高年で「農」を志向する人のほとんどは、脱・都会や脱・人間関係といった不全発の必要意識⇒課題意識からであり、農業をすること自体がゴールとなっていたため、就農した途端その先の展望が描けず、失敗に終わることが多い。

一方、20歳後半あたりで研修や農業に従事している層の多くは、本源収束(自然収束・仲間収束)に導かれてはいるものの、底流は不全発なので、真っ当な仲間圧力が弱まればすぐに自分課題が頭をもたげ、実に不安定に見える。

ところが、これから募集しようとする若者は、より本源収束し、可能性発の必要意識⇒課題意識に転換している層。
そのような先端の層をターゲットにする就農定住の研修生募集では、

●確かな仲間収束の場があること

●就農は決してゴールではなく、その先にある様々な展望(可能性収束先)を具体的に提示すること

●さらには、認識欠乏を充足させる追求の場があること

を提示していくことで、他にない良質な引力をもたせることができるのではないかと考えている。

前上英二
スポンサーサイト





にほんブログ村 企業ブログ 農業へ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://gensenkeijiban4.blog.fc2.com/tb.php/268-ecd8d519
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)