FC2ブログ

農村を活性化させる為には?

日本の食料自給率はなぜ低迷してしまったのか?①

そもそもなぜ日本は、米から麦の消費にシフトしていったのか?。
自給率の低迷(混迷)の原因をつくりあげた政策の実態を紹介したい。


以下引用スタート
____________________________
「何が食料自給率を低下させるのか」
2004年7月25日号 『週刊農林』に掲載
山下 一仁氏
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
『1.食料自給率の低下』
我が国の食料自給率は1960年の79%から2002年には40%まで低下し,穀物の自給率は82%から28%にまで低下した。

その要因は急速な洋風化による食生活の変化であると説明される。
1人1年当たりの米消費量はピーク時の1962年118kgから63kgに減少した。他方、この間、小麦の消費は26kgから32kgへと増加している。この結果、米について約1400万トンの潜在生産力がある中で約450万トンに相当する生産調整を実施する一方、米の生産調整量を上回る約600万トンにも及ぶ小麦を毎年輸入している。
また、畜産物や油脂の消費が増加したが、これらを生産するための飼料穀物や大豆は輸入に依存した。1960年の国民1人1日当たり供給熱量2291キロカロリーの内訳は、米1106、畜産物85、油脂105、小麦251、砂糖157であった。しかし、2002年の同熱量2758キロカロリーの内訳は米612、畜産物400、油脂379、小麦321、砂糖210となっている。
米の一人負けの状態である。


『2.なぜ食料自給率は低下するのか。』
しかし、いかなる産業分野でも消費が変化しないものはなく、それぞれに対応してきている。なぜ我が国農業は対応できなかったのか、農政に対策はなかったのだろうか。

これに答えるためには、農業基本法とその運命についての説明が必要である。1961年制定された農業基本法は経済が著しい成長を遂げる中で、農業部門からの労働力流出により農業経営規模は拡大し、我が国農業の零細性という構造問題を解決できると期待するとともに、消費面では、所得が高まるにつれ消費が拡大すると見込まれた畜産、果樹等に農業生産をシフトさせ、食生活の変化に我が国農業を対応させようとするねらいを持って策定された。農業基本法は農業の構造改革による規模拡大、コスト・ダウン、これを前提として、需要の伸びが期待される農産物にシフトするという選択的拡大、あくまでもこれらを補完する安定政策としての価格政策、これらを通じた農工間の所得格差の是正を目的とした。食生活変化への対策はあったのである。


しかし、実際の農政は農家所得の向上のためのコスト・ダウンではなく米価を上げる道を選んだ。米の消費は減り、生産は増え、30年以上も生産調整を実施している。米価が重点的に引上げられたため、米と麦等他作物の収益格差は拡大し、農業資源は収益の高い米から他の作物に向かわなかった。
選択的拡大のためには本来なら消費の減少する米の価格は抑制し、消費の増加している麦等の価格を引上げるべきであったが、逆に米の生産を増加させ、麦の生産を減少させる価格政策を採ったのである。
これは麦の安楽死政策と呼ばれた。食管法廃止後も生産調整によって米価は維持されている。さらに、兼業化が進み二毛作から米の単作化に移行したことも耕地利用率を下げ、食料自給率を低下させた。選択的拡大をしたのは輸入食料だった。1960年から73年まで、小麦生産は150万トンから20万トンへ、大豆生産は42万トンから12万トンへ減少した。その後穀物危機を契機として国産麦の生産振興にも努めたが、いったん品質の違う外麦に移った需要は戻らなかった。今や讃岐うどんの原料はオーストラリア産のASWという品種である。高度成長期以降の農政は消費者から離れていった。これを端的に示すのが食料自給率の低下に他ならない。自給率の低下は我が国農業生産が食料消費からかい離し、消費の変化に対応できなくなった歴史を示している。国内農業が対応できなかった消費の空白を輸入食料が埋めていった。選択的拡大をしたのは輸入食料だった。

農産物一単位のコストは面積当たりのコストを単収で割ったものだから、品種改良等による単収の向上は農産物のコストを低下させる。しかし、米過剰のもとでは生産調整の強化につながる単収の向上は抑制された。農地の集積も規模の経済を発揮させコストを下げる。しかし、高米価のもとではコストの高い農家も米を買うより作るほうが安上がりとなるため、零細農家が滞留し農地は担い手に集積しなかった。1つの問題にはそれを直接解決する政策を採ることが経済政策の基本なのに、農家所得を直接向上させる政策ではなく価格支持という間接的な政策を採ったため、食料自給率や国際競争力の低下等大きな副作用が生じてしまった。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
<②へ続く>

リンゴヨーグルト
スポンサーサイト





にほんブログ村 企業ブログ 農業へ

コメント

いい返事をもらうことができました。

お願いですから少し時間をください。
今までずっとお金がなくて、不幸の人生を歩いてきました。
お金が欲しいってずっと思っていたら、ある人に出会いました。
本当に困っていれば、なんでも助けてくれる人です。
借金を一括で全額返済できます。
冷やかしじゃない人だけにすごいことを教えます。
知りたい人はemi_himitu@yahoo.co.jpまでメールください。
すぐに教えますから。

  • 2014/07/22(火) 20:44:47 |
  • URL |
  • reimi #27Yb112I
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://gensenkeijiban4.blog.fc2.com/tb.php/277-34e54066
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)