FC2ブログ

農村を活性化させる為には?

農業を雇用の受け皿に、(有)トップリバーの研修事業

有限会社トップリバー 嶋崎秀樹氏

テレビ東京:カンブリア宮殿より

以下、転載
------------------------------------------------------------------
「若者よ 農家をめざせ」

トップリバーは農業を志す都会の若者たちを社員に採用して急成長を遂げる農業の会社。社員たちは皆、Iターンの転職者たち。社長の嶋崎秀樹も元製菓メーカーの営業マン。生産物はレタス、白菜など。嶋崎社長は一切農作業をせず、営業に専心する。

若者たちは朝4時には出社、5時から畑で農作業開始。
朝食は畑で済ませ、昼の2時間の休憩を挟んで、夕方5時まで働く。
農作業を終えると夜は事務所で作物の生育状況、これからの作付け計画、収穫の適期などを話し合う。

そんな厳しい労働だが、皆、生き生きと働いている。
それを支えているのは農家として自立したいという夢だ。

嶋崎は日本の農業が怠ってきた人材育成に力を入れているのだ。それは社員たちを必ず一人前の農家に育てるという情熱。一人前になるには10年はかかると言われる農業だが、5年で独立させる。
高齢化と後継者不足に悩む日本の農業に新しい風を吹き込んでいると注目を集めている。

もうひとつ、トップリバーの特徴は、マネージメント農業。
今までの農業は作物を作るだけで、相場で価格が変動する市場頼りで、売る努力をしてこなかったため、満足な収入が得られなかった。
しかし嶋崎は直接、スーパー、コンビニ、外食、生協50社と年間契約し、確実な収入を得ている。
これからの農業は作るだけでなくマネージメント、すなわち営業努力もしければ未来はないというのが嶋崎の農業哲学。しかし契約栽培ではたとえ天候不順で不作となっても契約量は必ず守らなければならないという厳しい現実。それを実行する嶋崎は得意先の信頼を得、売り上げは設立当初の27倍の10億円に増えた。

嶋崎は「儲かる農業」が持論。そのノウハウを嶋崎の下で6年間学んだ社員のひとり、松田が来年1月から農家として独立することになった。

特にトップリバーにおいては新規就農者の育成を第一の目標に掲げている。

これからは、農業をやりたいと思う若者が農業に就けるように、新規就農者を育成することこそが、農業の活性化のために必要であると思うからである。そして、既存の考え方ではなく大規模農業を行い、マネジメントを考え、若者が「自分達で考え」「自分達で計画を立て」「実践しながら研修」というやり方を進め、より実践に近い形で研修を行っています。特にここ数年は、農業技術だけではなく経営感覚を身につけるために営業部門との連携も充実しております。
------------------------------------------------------------------

どのような経営形態をとるかは、その土地柄によって特性があると思うが、注目すべきは、研修事業と社員の実労を一体化させて、その他の仕事(営業など)に注力する余力を作り出しているという点だと思う。かつ、研修生にとってはより実践的で、就農する上での自信にもなっている。

農業を雇用の受け皿にという社会的期待もあるように、今後増加していくと思われる就農希望者をどう受け入れていくか?、担い手をどう育てていくか?といった課題の参考になればと思う。



芝田琢也
スポンサーサイト





にほんブログ村 企業ブログ 農業へ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://gensenkeijiban4.blog.fc2.com/tb.php/315-6a15124b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)