FC2ブログ

農村を活性化させる為には?

医農連携の実例

北里大学が提唱している「医農連携」という言葉があります。医食農同源の考え方の、一つの実践例として紹介します。
「農と環境と医療 38号」(北里大学学長室通信)
より抜粋引用します。
--------------------------------------------------------
■自然農法大学校とMOA健康科学センターの連携

 岡田茂吉氏(1882~1955)が提唱した自然農法の研究,教育,普及および実践などに役立つ人材を育成するために設置された「自然農法大学校(微生物応用技術研究所の人材育成機関)」では,現在の一般的な農業が,化学肥料と農薬によって汚染され,健康によい安全な食料を生産する場でないと認識し,それに代わる生態系と調和した農業の育成に励んでいる。

この大学校の教育に関する基本方針は,自然農法による健全な土壌で育まれる安全で健康な食料の生産と,自然生態系と調和した心身の平安にある。そのため,自然農法の原理や技術に基づいた環境保全型農業について,同じ敷地にある農場で実践的な教育を行い,安全な農産物を生産している。

 一方,この農場の敷地に隣接して「大仁病院」が設置され,熱海市にあるMOA健康センターと連携しながら代替医療をはじめとする統合医療の研究に取り組んでいる。ここでは農場のもつ「自然」との交わりが与えてくれる「癒し」の効果を取り入れ,そこで生産される食事を摂りながら,人間が持っている自然治癒力を最大限に生かしていく「自然順応型の健康法」が行われている。

「自然順応型の健康法」では,リズムエクササイズから自然散策,ガーデニング・家庭菜園で土に触れ,生け花・茶の湯・陶芸などを体験し,健康増進セミナーや食セミナー,さらには自然治癒力の活性化を促す療法が行われている。まさに農医連携の貴重な実例の一つであろう。

 今後,この種の環境を媒介とした農と健康の在り方を追求するシステムが間違いなく必要になる。ここに示した自然農法大学校とMOA健康科学センターの連携は,わが国の将来の農医連携の在り方の一つの例として示唆に富むものであろう。
-----------------------------------------------------------
(引用おわり)
【参考】
自然農法大学校
MOA健康科学センター自然順応型健康法




橋口健一
スポンサーサイト





にほんブログ村 企業ブログ 農業へ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://gensenkeijiban4.blog.fc2.com/tb.php/326-7037c407
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)