FC2ブログ

農村を活性化させる為には?

人・半農半業・脱市場、そして新しいNW社会へ

事業の必要条件として「人の魅力」が挙げられています。
そして、そのような人が行き交うネットワークと、活力を感じ共認充足を得られる場が必要ということなのでしょう。

また、生産様式として「半農半業」があります。
それは、それだけでは食っていけない農業の経営安定のための視点であるだけでなく、その半業として農業生産と緊密な関係のある業を行なうとするならば、異業種ネットワークに発展する可能性がありそうです。

そして、市場化から離脱したところに商圏(←言葉としてふさわしくありませんが…)をつくっていくべきことも指摘されています。その社会で人と人とをつなぐのは信頼関係・共認関係であり、そこでは共認価値として地域通貨が流通する可能性が十分あるとイメージできます。



にほんブログ村 企業ブログ 農業へ

それは、新しいネットワーク社会とも、上中町計画が向かうべき方向とも、重なっていく視点だと思います。
そこで、

①魅力ある人がどこにいるのか、誰が新しいネットワーク社会の住人になりそうか

②農業生産と緊密な関係にある異業種群とは具体的には何なのか、

③市場から離脱したところの商圏をいかにつくっていけそうか

といったあたりを考えてみたいと思います。それが農村事業計画の第一歩のヒントになりそうな気がしています。



前上英二 
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://gensenkeijiban4.blog.fc2.com/tb.php/37-834acb10
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)