FC2ブログ

農村を活性化させる為には?

日本の農業に活力はあるのでしょうか?

生産者が減り、対して生産高が上がると言うことは、確かに効率化、高度化している側面もあるでしょう。しかし、減った生産者はその分他産業人口へ流出し、農業生産物を消費する側に廻り、その結果としての食糧の大量消費→輸入食糧の増加にもなっていると思います。

食料自給率も、あたかも食糧危機があるかのように捉えがちですが、問題は商品化された食糧を大量輸入させることによる食糧生産の背後にいる大資本家の意図にあると思いますし、そうした資本家の手の内から人々のものへと食糧生産と消費を取り戻す運動だとしたら、あながち間違いでは無い様に思います。

仰る様に日本の農林水産業の生産力は決して悪くないと思います。しかし、これが戦後一貫して穀物メジャーや、加工食品の製造業、流通業、外食産業などに市場を奪われ続け、衰退している=疲弊していることも又事実です。例えば生産効率も農薬や品種改良、種苗改良や機械化、そしてバイオ技術など様々な効率化技術のお陰かもしれません。その結果、日本の農業は、欧米化(或いは近代化)はするけれど、本当に安全で栄養のある、又はやりがいの有るものになっていないのかも知れません。

安易な現状追認ではなく、本当に日本の農業に活力があるのか、もし無いとしたら活力を取り戻すのにどうしたら良いのか?を考えてみたいと思いますが、如何でしょうか?



K.G
スポンサーサイト





にほんブログ村 企業ブログ 農業へ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://gensenkeijiban4.blog.fc2.com/tb.php/386-5e1d644f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)