FC2ブログ

農村を活性化させる為には?

「農業をどうするか」を具体的に考えていく

農政を始めとする農業問題についての批判は数多く目にする。何が問題なのかもハッキリしなかった頃に比べれば、かなり風通しは良くなったのだろう。
ただ、批判で終わっては意味がない。「じゃあどうすれば良いのか?」を考え提示することこそが、今求められていることだと思われる。
ということで、本日農業関係者数名で話し合った「これから農業をどうすれば良いか?」について書いてみる。

1.土地制度の転用規制
 農業を営まないのに農地を所有している世帯が多いのが現状。その主な理由は、「建物や道路などに土地を転用すると大きな利益を得られるから」だと言われている。おかげで本当に農業をやりたい者に農地が集積しない。
 かと言って無理やり土地を奪うと反発が起きるのは間違いない。まず都市・農村計画の段階で「農地として確保するスペース」を確定し、「転用禁止」という規制をかけることが有効ではないかと思われる。そうすれば、農地を所持していてもメリットの無くなった層が農地を誰か(行政含む)に売る(or貸す)ことになり、結果的に適正な農業者に農地を集めることができる。

2.減反にかける予算を「支援金」に回す
 減反政策では「米を作らない代わりに補償金を出す」となっている。その費用は年間何千億円と言われており、払うことで生産意欲が下がるという破綻した制度となっている。
 そういう予算を、例えば「高齢農業者による農業指導に対する報酬」などに回してはどうだろうか?教える側は、蓄積してきた経験を次の世代に伝えるという役割を得て活力が増す上に、収入にもなる。知恵の継承という面から見ても、かなり有効だと思われる。政府からお金を出すなら、活力の上がる「支援金」でなければならない。

3.ミニマムアクセス米の停止
 この経費だけで年間70億もの財政支出になっている。現在、アメリカや中国の米の国際価格は1万円前後と言われており、日本国内の米価格は約1万4000円である。この程度の差なら788%もの関税は必要ない。関税をとっぱらってミニマムアクセス米を止める代わりに、浮いた予算を農家に直接支払いでもする方が合理的。


他にも色々と案が出た。当然、意見程度なので未熟なところが多々あるが、こうやって一般人(政治家や官僚との対比的な意味で)が「農業をどうする?」を考え、声をあげていくことが重要なのだと思う。



小西良明
スポンサーサイト





にほんブログ村 企業ブログ 農業へ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://gensenkeijiban4.blog.fc2.com/tb.php/393-8cc76ea7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)