FC2ブログ

農村を活性化させる為には?

企業の農業参入、(株)コロナの例

企業の農業参入について、実際どのように参入しているかを検討する為にご報告します。

【企業名】コロナ
【業種】製造業
【業態】株式上場
【専業】冷暖房機器
【副業】新潟工科大学経営
【所在地】新潟県三条市

【農業】
(農地所在地)三条市(旧下田村・しただむら)

(事業主体)コロナの子会社栃尾(とちお)コロナ。

(規模)2.9ha借り受けた農地に1.9haの水田、今秋100俵(6トン)収穫目標、現在乾燥作業中。

(作業)農業事業部執行幹部(1名)が中心。
田植えと除草は社員、近隣農家、シルバー人材センター。

(農法)無農薬、無肥料など三つの農法を試す。

(目標)当面は社員食堂用米の自給自足が目標(1日60㎏、年間14トン)。
面積増加や管理技術と地質の向上で、来年度には自給自足を達成したい。
将来は販売も。

(採算)今年は赤字を見込む。
「農業で利益を出すのは難しいが、企業経営のノウハウを取り入れ、来年度に生かしたい。」としている。

(近隣)県内上場企業系列で初。新潟県内参入企業・団体計32法人。建設会社が多く製造業ではコロナが初めて。

(目的)「農地の荒廃は国家的問題。地域貢献にもなる。」

(その他の主体的副業活動)
新潟工科大(柏崎市、中越沖地震に被災しながら=災害支援)を経営。
街灯のほかにさらに明るい街灯を設置する「明るくする会」主催。
公立高校に空調システムなどの設備贈与。
太陽光発電設備を三洋、パナソニックと提携。ほか。


農業の企業参入は農家に勇気を与えてくれる。素人もやる気が出る。農業を広めるためにも心強い。と思いました。


佐藤英幸
スポンサーサイト





にほんブログ村 企業ブログ 農業へ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://gensenkeijiban4.blog.fc2.com/tb.php/402-35b6f59b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)