FC2ブログ

農村を活性化させる為には?

一見足枷に見えることが、実は最強の土台となる

一見足枷のように見えることが、実は最強の土台となっていく、これは大きな気付きでした。

農園の経営を考える時、農産物の販売においては直売が有利であることは明らかですが、宅配やネット販売などでは、高いリピート率の維持と口コミによる拡大が課題になります。そのためには、商品の内容や品質はもちろんですが、「買ってよかった」「また買いたい」と思って頂けるような、心のこもった対応やこまめな(例えば季節の手紙を書くような)発信が必要です。

ただ、それにはかなりのエネルギーを必要としますし、であるが故にそれが足枷のように感じられ、なかなか踏み出すことが出来ませんでした。しかしこの投稿を読んで、農産物の販売も共認運動の拡大も、ポイントは同じであることに気が付きました。

現在は、人々の軸足がものの豊かさから心の豊かさへと移行し、誰もが周りとの共認充足を求める時代です。農業でも、単に農作物を生産・販売するだけでなく、いかに共認充足を提供していくか、という視点が不可欠です。

であるならば、宅配やネット販売はその最良の場or手段であり、こまめな発信や手間を惜しまず、ストレートにそこに注力していけばいいのです。そのことがまさに最強の土台となって、経営を支えてくれることになるのだと感じています。


小松由布樹
スポンサーサイト





にほんブログ村 企業ブログ 農業へ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://gensenkeijiban4.blog.fc2.com/tb.php/424-31947804
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)