FC2ブログ

農村を活性化させる為には?

『GRAND THEORY Vol.9』なんでやネットワーク著

<タイトル>
農から始まる日本の再生

発行 2010年7月4日
サイズ A4 74頁
定価 2000円

<内容紹介>
~農への関心が高まっているのは、なぜか?~

近年、農への関心が高まっている。2008年頃からビジネスマン向けの経済誌や、ライフスタイルを提案する雑誌などで次々と特集が組まれ、農に取り組む著名人が紙面を賑わせてきた。家庭菜園や市民農園で野菜などの栽培に取り組む人が増え、就農を希望する若者も増えている。新たなビジネスチャンスとして、あるいは自然と触れ合う生き方として注目を浴びる農だが、人々の関心が高まっている背景には、どのような意識の変化があるのだろうか?

ここ数年の農や食に関する事象に目を向けると、2006年度に食料自給率が39%に低下し、報道で大きく取り上げられて以降、2007年に牛肉偽装事件、2008年には中国製冷凍ギョウザ薬物中毒事件、汚染米の不正転売・横流し事件等が発生している。
また、同年小売店から乳製品が消える、小麦価格が高騰するなど、国際情勢が食に及ぼす影響も意識され始めた。こうした状況を受け、農や食への危機感は強まる一方である。

他方、趣味の一環として農業体験に参加する人、家庭菜園や市民農園で実際に栽培に取り組む人、就農を希望する人は年々増え続けており、人々は農に魅力や面白みを感じ、農作業を通じた充実感なども求め始めている。また、企業の農業参入が増えるなど、改めて可能性のある産業として注目される他、教育に農業を取り入れる動きも目に付くようになり、教育の場としても関心が高まっている。こうした動きから、農への期待感が高まっている事が伺える。

つまり、農に対する関心の高まりの背後には、人々の農に対する「危機感の強まり」と「期待感の高まり」という2つの意識が存在していることが分かる。
今回のGRAND THEORY vol.9『農から始まる日本の再生』では、農への危機感の背後にある社会構造を解き明かし、その突破口を探るとともに、農への期待感を高めている意識潮流の変化を解き明かし、農の持つ新たな可能性の実現基盤を発掘する。


※詳しい内容はこちらをご覧ください(リンク)

◆販売情報・購入先
 なんで屋露店 出店予定表 関西(リンク)・関東(リンク)
 るいネット販売 GRAND THEORYトップページ(リンク)


るいネット事務局
スポンサーサイト





にほんブログ村 企業ブログ 農業へ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://gensenkeijiban4.blog.fc2.com/tb.php/428-802ea3e8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)